社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2017年度 研究部会・グループ 開催案内 (2017年3月~2018年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. アグリサプライチェーンマネジメント
2. 最適化の基盤とフロンティア
3. 数理的発想とその実践
4. 離散アルゴリズムの応用と理論
5. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
6. 確率モデルとその応用
7 .不確実性環境下の意思決定モデリング
8. エネルギーミックスの諸問題とOR
9. オリンピック,パラリンピックとOR
10. システム信頼性 
11. データサイエンスとマーケティング分析
12. 危機管理と防衛のOR

研究グループ

1. 地域課題解決のOR

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕 

第6回

日 時

2018年2月26日(月) 16:00-18:00
講演終了後より場所を変えての懇親会(20:30終了予定)

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線「中野」駅北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html

※第5回と同じ会場となります。
弊社オフィス入口より入って頂き、右手側が研究会会場となります。
※何かございましたら、受付にてオペレーションズ・リサーチ部・宇田川をお呼び出し願います。

講演

①16:00 - 17:00
  東京大学 生産技術研究所 荻本研究室/馬場研究室 特任研究員 今中 政輝 先生
「離島への再生可能エネルギー導入と電力需要制御(仮)」

 

②17:00 - 18:00
一般社団法人 日本風力発電協会 国際・広報部長 上田 悦紀 先生
「未定(決定次第、改めてご連絡を差し上げます)」

 

※質疑応答を含め一人あたり1時間程度

定員 25名程度を予定
会費 懇親会参加者のみ4000円を予定
出欠 下記の必要情報をメールにてご連絡をお願い申し上げます。
※締切:2月19日(月曜日)
参加希望人数によっては、事前に締切ることもございます。
返信フォーム
--------------------------------------------
・所属(貴学、貴社名等) :
・参加者氏名 :
・連絡先(メールアドレス) :
・懇親会の参加の有無 :
--------------------------------------------
問合せ先 幹事 宇田川佑介( (株)構造計画研究所)
yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

 〔離散アルゴリズムの応用と理論〕 

部会URL

http://research.nii.ac.jp/~sumita/or/

第10回

日 時

2018年2月9日(金) 10:30-18:00

場 所

京都大学数理解析研究所1階111室
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/access-01.html

プログラム

10:30-11:15 藤井 海斗(東京大学)
  「劣モジュラ秘書問題のアルゴリズムと拡張について」

 

11:15-12:00 岩政 勇仁(東京大学)
「値付き制約充足問題と離散凸性:2 次値付き制約充足問題のM凸交叉による多項式時間可解なクラス」

 

12:00-13:00 お昼休み

 

13:00-13:45 松岡 達也(東京大学)
「Polymatroid-based capacitated packing of branchings」

 

13:45-14:30 白髪 丈晴(中央大学)
「複数意見を持つ確率的分散投票モデルの合意時間解析」

 

14:30-14:40 休憩

 

14:40-15:25 横井 優(情報学研究所)
「リスト優モジュラ彩色におけるリスト長の削減」

 

15:25-16:10 小宮山 純平(東京大学)
「確率的バンディット問題とその拡張開」

 

16:10-16:20 休憩

 

16:20-17:05 山口 勇太郎(大阪大学)
「クエリ可能な確率的詰め込み問題」

 

17:05-17:50 相馬 輔(東京大学)
「離散凸性による劣モジュラ最大化の近似比保証」

 

各講演の概要は、部会webページをご覧ください.
http://research.nii.ac.jp/~sumita/or/

問合せ先 幹事 澄田範奈(国立情報学研究所)
sumita◎nii.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔評価のOR〕 

第77回

日 時

2017年12月9日(土) 13:30-16:30

場 所

東京理科大学 富士見校舎 F602室
(東京都千代田区富士見1-11-2)
https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
https://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html

テーマと講師題 (1)「マルムキスト指標の基本と応用」
筒井美樹 (電力中央研究所)
DEAの効率値計測において,複数年にわたるデータがある場合,マルムキスト指標を計算し,その時系列的変化に着目する研究が多く見られる.本講演では、主に初学者を対象とし,マルムキスト指標の構造を理解し,関連する諸指標について正しい解釈ができるよう解説を行う.その上で、各DMUの実態をより包括的に捉えられる応用指標についても紹介する.

 

(2) 「公衆衛生対策と DEA―感染症対策を中心として―」
濱口由子(北海道大学)
近年,医療機関を対象とした効率性分析に DEA が導入されるようになって久しいが,公衆衛生における保健衛生政策の評価についての応用例は数少ない.公衆衛生対策では,目標とするアウトカムの達成のためにいかなる要素の組み合わせかが,そのパフォーマンスを構成しているのか,またいかにして地域特性を反映した政策評価を行ったらよいのかなどが課題である.本稿では,公衆衛生の課題の中でも歴史の長い感染症政策を中心に,DEA によるパフォーマンス評価のポテンシャルについて議論していきたい.
問合せ先 廣津信義(順天堂大学)
Tel:0476(98)1001 (ex.352) E-mailnhirotsu◎juntendo.ac.jp
申し込み

参加費無料、事前申込は不要です。
初めての方も気軽にご参加ください。

第78回

日 時

2018年1月20日(土) 13:30-16:30

場 所

東京理科大学 富士見校舎 F602室
(東京都千代田区富士見1-11-2)
https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
https://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html

テーマと講師題 (1)「Technological change and Productivity growth in the Japanese Non-Life Insurance Industry: A Quadratic Spline Function Approach」
中岡孝剛(近畿大学)

 

(2) 「英国のインセンティブ規制における配電事業者の効率性の評価」
澤部まどか (電力中央研究所)
問合せ先 廣津信義(順天堂大学)
Tel:0476(98)1001 (ex.352) E-mailnhirotsu◎juntendo.ac.jp
申し込み

参加費無料、事前申込は不要です。
初めての方も気軽にご参加ください。

ページトップへ戻る

 〔システム信頼性〕 

部会URL

https://sigrel.wordpress.com/

新春特別講演会

日 時

2018年1月20日(土)15:00~16:00

場 所

NATULUCK飯田橋東口店(JR飯田橋駅徒歩2分)
テーマと講師

「粘菌の賢い戦略と数理モデル」
伊藤賢太郎(法政大学生命科学部)
真正粘菌変形体は巨大なアメーバ状の単細胞生物であり、その体全体を使った情報処理についてはここ十年来多くの研究が行われている.本講演では粘菌が生み出す管ネットワークを,輸送網という観点から鉄道網と比較した過去の研究を紹介するとともに,粘菌の餌探索戦略について調べた近年の実験,及びその数理モデルについて紹介する.

参加費 無料
詳細 詳細は後日webサイト(https://sigrel.wordpress.com)にてお知らせ致します.また,資料準備等のため,ご来聴の場合は事前にご一報くださいますようお願い致します.ご連絡先もwebサイトにございます.終了後,会場近隣にて情報交換会を行う計画です.
ページトップへ戻る

 〔危機管理と防衛のOR〕 

第8回

日 時

2018年1月26日(金)15:00-18:00

場 所

政策研究大学院大学 研究会室A
東京都港区六本木7-22-1 Tel:03-6439-6000
http://www.grips.ac.jp/

講師と演題 (1) 石塚泰久(三井住友海上火災保険(株))15:00-16:25
「我が国周辺の国際情勢-最近の北朝鮮、中国の動向―平成29年度防衛白書等から」

 

(2) 村井友秀(東京国際大学・国際戦略研究所)16:35-18:00
「日本に対する脅威とは何か-国際紛争の理論と現実
問合せ先 幹事:片山隆仁
E-mail:katayama◎ksj.biglobe.ne.jp

第9回

日 時

2018年2月6日(火)15:00-18:00

場 所

政策研究大学院大学 研究会室4B
東京都港区六本木7-22-1 Tel:03-6439-6000
http://www.grips.ac.jp/

講師と演題 (1) 宝崎隆祐(防衛大学校)15:00-16:00
「巡回経路選択問題と警備員配置問題に関する幾つかの試み」

 

(2) 岩下洋哲((株)富士通研究所)16:00-17:00
「都市の警備配置問題を高速に解く数理手法」

 

(2) 吉良知文(群馬大学)17:00-18:00
「動的警備計画に対する3つの定式化」
問合せ先 幹事:片山隆仁
E-mail:katayama◎ksj.biglobe.ne.jp
ページトップへ戻る

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

部会URL

http://www.oit.ac.jp/or/

第15回

日 時

2017年12月9日(土)14:00-17:00(13:30開場)

場 所

サムティフェイム新大阪 4階4F-G
大阪市淀川区西中島6-5-3
テーマと講師

(1) 「戦略的消費者に直面した小売店の在庫・価格政策:「見切り販売」制限のゲーム理論的分析」
中山 雄司(大阪府立大学)

 

(2)「探索ゲームとその周辺」
菊田 健作(兵庫県立大学)

問合せ先 幹事 中西真悟 (大阪工業大学 )   nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔数理計画研究部会(RAMP)〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/ramp/index.html

第29回

日 時

筑波大学春日講堂

RAMP主査

土谷隆(政策研究大学院大学)
実行委員長 吉瀬章子(筑波大学)
プログラム委員長

佐野良夫(筑波大学)

共催 筑波大学人工知能科学センター https://air.tsukuba.ac.jp/
プログラム 10月12日(木)
受付 9:20— 開会の挨拶 9:50—10:00
1.「機械学習と最適化」 10:00—13:00 オーガナイザー:後藤順哉(中央大学)
竹内一郎(名古屋工業大学)・高野祐一(専修大学)・鈴木大慈(東京大学)
< 昼食 13:00—14:15 >
2.「特別講演1」 14:15-15:15 オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)
Guanghui (George) Lan (Georgia Institue of Technology)
3.「タイムテーブリングと最適化」 15:30-18:30 オーガナイザー:池上敦子(成蹊大学)
野々部宏司(法政大学)・繁野麻衣子(筑波大学)・番原睦則(神戸大学)・菅原孝幸 (菅原システムズ)
< 懇親会 19:00—(予定)>

10月13日(金)
受付 9:00—
4.「連続最適化アルゴリズムの新展開」9:30—12:30 オーガナイザー:福田光浩(東京工業大学)
福田エレン秀美(京都大学)・飯塚秀明(明治大学)・村松正和(電気通信大学)
< 昼食 12:30—13:30 >
5.「特別講演2」 13:30-14:30 オーガナイザー:土谷隆(政策研究大学院大学)
Coralia Cartis (University of Oxford)
6.「離散アルゴリズムとその周辺」14:45—17:45オーガナイザー:小林佑輔(筑波大学)
前原貴憲(理化学研究所),相馬輔(東京大学)山内由紀子(九州大学)
< 閉会の挨拶 17:45— >

会費 シンポジウム参加費 
事前振込(9月30日(土)まで) 正・賛助会員:¥5,000 学生:¥2,000 非会員:¥8,000
当日払い 正・賛助会員:¥7,000 学生:¥3,000 非会員:¥10,000
懇親会参加費 
事前振込・当日払いとも 一般:¥5,000 学生:¥2,000
参加申込 受付は8月21日(月)より開始 下記のRAMP2017ホームページから.
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ramp/index.html
ページトップへ戻る

 〔待ち行列〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第273回

日 時

2018年2月17日 14:00~17:00

場所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師

(1)「利用者の戦略を考慮した待ち行列モデルについて」
佐久間 大(防衛大学校)

 

(2)「確率セルオートマトンモデルによるセルロースの酵素分解ダイナミクスの解明」
江崎 貴裕(JSTさきがけ)

問合せ先 幹事 佐久間大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔意思決定法〕 

部会URL

https://sites.google.com/site/decisionorsj/

第45回

日 時

2018年1月23日(火)16:00-18:00

場 所

日本大学 桜門会館 303会議室
〒102-0076東京都千代田区五番町2-6
https://www.nihon-u.ac.jp/access_map/map/oumon/
テーマと講師

(1)「演色性評価における従来型AHPと支配型AHPの適用事例」
妻島元輝(名城大学 大学院2年生)

 

(2)「一対比較の転置行列を用いた評価順位逆転現象の改善」
金箱大輝(日本大学 学部4年生)

 

(3)「一対比較における過大評価・過小評価の調整」
中村源太(日本大学 学部4年生)

 

(4)「事務事業の施策に対する影響度に関する一考察~男女共同参画事業を例にして~」
小泉涼(諏訪東京理科大学 大学院1年生)

 

※※※ 引き続き学生の発表講演者を募集しています ※※※

問合せ先 西澤一友 (日本大学) Tel: 047-474-2664
E-mail: nishizawa.kazutomo◎nihon-u.ac.jp
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第4回ORセミナー
日程:
2018年1月20日(土)
場所:
南山大学
シンポジウム
2018年春季シンポジウム
日程:
2018年3月14日(水)
場所:
東海大学

2018年秋季シンポジウム
日程:
2018年9月5日(水)
場所:
名古屋市立大学
研究発表会
2018年春季研究発表会
日程:
2018年3月15日(木)-16日(金)
場所:
東海大学

2018年秋季研究発表会
日程:
2018年9月6日(木)-7日(金)
場所:
名古屋市立大学