社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2018年度 研究部会・グループ 開催案内 (2018年3月~2019年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 離散アルゴリズムの応用と理論
2. ORによる大規模インフラストラクチャー分析
3. 確率モデルとその応用
4 .不確実性環境下の意思決定モデリング
5. エネルギーミックスの諸問題とOR
6. オリンピック,パラリンピックとOR
7. システム信頼性 
8. データサイエンスとマーケティング分析
9. 危機管理と防衛のOR
10. 最適化とその応用
11. 食とその周辺

研究グループ

1. 地域課題解決のOR
2. 数理的発想とその実践

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔待ち行列〕 

第277回

日 時

平成30年7月28日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室

テーマ
講 師
概 要

(1)Externalities, optimization and regulation in queues
Moshe Haviv (The Hebrew University of Jerusalem)

 

(2)Getting more out of generating functions than just mean values
Joris Walraevens (Ghent University)

第276回

日 時

平成30年6月16日 14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室

テーマ
講 師
概 要

(1)「配送拠点の立地を考慮した農産物産直流通モデル分析」
蓮池 隆(早稲田大学)

 

(2)「いろいろなサービス規律を含む待ち行列ネットワークの安定性について」
小沢 利久(駒澤大学)

問合せ先 幹事 フンドック トゥアン (筑波大学)
tuan◎sk.tsukuba.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔評価のOR〕 

          

第79回 学生発表会

日 時

2018年5月19日(土)10:30~15:00

場 所

筑波大学 東京キャンパス 5階 557室
東京都文京区大塚3丁目29-1
http://www.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/about/access.html

テーマ
講 師
概 要

10:30~10:40 開会の挨拶


10:40~11:55 午前のセッション
(1)「M社の健康ヨーグルトの購買実態に基づいた購買意向の分析」
山田 紗弥(東海大学 大学院情報通信学研究科)

 

(2)「ファッションチェーン店におけるプロパー期のニーズに即した顧客分布と特徴分析」
斉藤 慎太郎(中央大学)

 

(3)「A Branch and Bound Approach for the Least Distance Problem in DEA」
王 緒(早稲田大学 大学院創造理工学研究科)


11:55~13:15 お昼休み


13:15~14:55 午後のセッション
(4) 「概算による回収率モデルの評価―中南米におけるオートローンを対象として-」
鈴木 友季也(東海大学 大学院情報通信学研究科)

 

(5) 「比率型データに対する確率的ノンパラメトリックアプローチによる生産性の計測」
趙 宇(大阪大学 大学院情報科学研究科)

 

                       

(6) 「過小申告の動機を与えないプログラムコンテスト敢闘賞決定法」
高木 祥多(静岡大学 大学院総合科学技術研究科)

 

(7) 「利用資源量のバランスを考慮する最適化問題」
糸井 雅貴(成蹊大学 大学院理工学研究科)

 

14:55~15:10 表彰,閉会の挨拶

参加費用 無料
事前申込 不要
参加資格 学生さんも初めての方も気軽にご参加ください
問合せ先 後藤美香(東京工業大学)
goto.m.af◎m.titech.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔サプライチェーン戦略研究部会(略称SCSR)〕 

第42回

日 時

2018年5月22日(火) 18:30~20:30

場 所

青山学院大学 総研ビル8階10会議室

テーマ
講 師
概 要

「企業研修におけるSCMゲームの実施と効果」
高井英造((株)フレームワークス)、河合亜矢子(学習院大学)、大江秋津(日本大学)
講演要旨、参加申込方法、会場へのアクセスを下記サイトに記載しています。 http://scsr.jp/

問合せ先 幹事 草刈君子
kimiko.kusakari◎nifty.com
ページトップへ戻る

 〔離散アルゴリズムの応用と理論〕 

第11回

日 時

2018年6月11日(月)14:00〜17:00

場 所

京都大学 数理解析研究所 1階110号室
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/access-01.html

テーマ
講 師
概 要

(1)「Spanning trees with edge conflicts」
Magnús Halldórsson (Reykjavik University)
We consider the problem of finding spanning trees that offer good througput communication. Namely, we are given a link graph G=(V,E) as well as a conflict graph H=(E,F) that specifies which links (edges in G) cannot be scheduled together. We seek not only a spanning tree T in G, but also a coloring of the edges of T. The objective is to minimize the number of colors used, which corresponds to finding a short schedule of the edges of the spanning tree. We show that the solvability of this problem is closely related to a parameter of the conflict graph, known as inductive independence. In general, the problem is very hard, but becomes logarithmically-approximable when the parameter is small. We can further generalize this to finding efficient Steiner trees. The motivation comes from wireless networking, where complex interference patterns are the norm. Our results carry over to the so-called physical model of wireless nterference. This is joint work with Guy Kortsarz, Pradipta Mitra, and Tigran Tonoyan.

 

(2)「Degree sequences of highly-connected digraphs」
Kristóf Bérczi (Eötvös Loránd University)
By generalizing a recent result of Hong, Liu, and Lai on characterizing the degree-sequences of simple strongly connected directed graphs, we provide a characterization for degree-sequences of simple k-node-connected digraphs. More generally, we solve the directed node-connectivity augmentation problem when the augmented digraph is degree-speci ed and simple. As for edge-connectivity augmentation, we solve the special case when the edge-connectivity is to be increased by one and the augmenting digraph must be simple.

備考

研究部会終了後に,お二人の講演者とともに離散アルゴリズムの応用と理論について議論しながらの会食を予定しております.
お手数をおかけしますが,会食にも参加される方は以下のフォームよりご登録をお願いします.
(講演の参加は登録不要です)
https://goo.gl/forms/P8oLnqAJYmaJ9M6H3
会費:4,000円(予定)
会食参加申込締切:5月30日(水)

問合せ先 幹事 澄田範奈 (首都大学東京)
sumita◎tmu.ac.jp
ページトップへ戻る

 〔不確実性環境下の意思決定モデリング〕 

第17回

日 時

2018年6月9日(土)14:00~17:00(13:30開場)

場 所

JEC日本研修センター 十三 小会議室A
(大阪市淀川区十三本町1丁目12-15)
http://www.jec.ne.jp/juso/index.html

テーマ
講 師
概 要

(1)「データ・ビジュアライゼーション」のモノづくりマネジメントへの応用」
竹本康彦(近畿大学)
コンピュータによる情報の「見える化」や「可視化」の新しい取組みとして,「データ・ビジュアライゼーション」という言葉を耳にする.
視知覚しづらい情報を,人間が理解できる形に落とし込む方法を探究する取組みをいう.本講演では,「データ・ビジュアライゼーション」について紹介し,モノづくりにおけるマネジメントへの応用について考察する.

 

(2)「ネットワーク価格安定化モデルとその拡張について」
木庭 淳(兵庫県立大学)
ネットワーク価格安定化モデルは、各都市をノードとし、隣接都市にリンクを張ったネットワークにおいて、隣接都市間での商品の売買によって異なる価格が安定化することを表現するモデルである。本講演ではこのモデルにおいて後悔最小関数を用いた場合の影響、および非同期システムを採用した場合の影響について述べる.

懇親会

6月9日(土)17:30
九州 熱中屋 十三 LIVE
大阪府大阪市淀川区十三東2-6-17 1~3F
費 用 6,000円程度(申込締切日:5月26日)

問合せ先 幹事 中西真悟(大阪工業大学)
nakanisi.oit◎gmail.com
ページトップへ戻る

 〔エネルギーミックスの諸問題とOR〕 

第8回

日 時

2018年6月15日(金)16:00~18:00
講演終了後場所を変え懇親会20:30終了予定

場 所

構造計画研究所 中野イノベーションオフィス(前回と同じ会場)
JR 中央線・総武線/東京メトロ 東西線「中野」駅北口より徒歩約7分
http://www.kke.co.jp/corporate/map/nakano.html

テーマ
講 師
概 要

(1)「エネルギーレジリエンス性を考慮した災害拠点病院への省エネルギー機器導入量決定手法の検討」16:00-17:00
上道 茜(東京大学 工学系研究科)
本研究グループでは、分散型エネルギー機器の導入量決定を支援するため、エネルギーレジリエンス性およびトータルコストの多目的最適化ツールを構築している。災害発生時の災害医療で重要な役目を担う災害拠点病院を対象とした。今回は、これまでに構築した最適化ツールの概要とケーススタディーをはじめと研究経過をご報告頂く予定。


(2)「再エネ時代の新たなビジネスモデルと競争戦略」17:00-18:00
上田 郁哉(株式会社NTTデータ経営研究所)
再エネコストの低下、デジタルテクノロジーの進化、脱炭素化の波に伴い新たに登場しているビジネスモデルについて概観しつつ、それらが電気事業者の競争戦略に対してどんな影響を与えるのか、について考察をご紹介頂く予定。

定員 25名程度を予定
締切 6月7日(木曜日)
参加希望人数によっては、事前に締切ることもあります
懇親会 会費4,000円を予定
問合せ先 幹事 宇田川佑介(㈱構造計画研究所  オペレーションズ・リサーチ部)
yusuke-udagawa◎kke.co.jp
ページトップへ戻る

 〔システム信頼性〕 

第7回

日 時

2018年6月4日(金)15:35~17:15

場 所

一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル(杉並区高円寺南1-2-1)
地下1階講堂・3階A室

テーマ
講 師
概 要

日本信頼性学会主催の春季信頼性シンポジウムにて,オーガナイズド セッションを企画し,以下の4件の講演を予定しております.みなさまの ご参加をお待ちしております.

 

テーマと発表者

(1)「2状態に分割されるネットワークシステムの最適設計に関する研究」
村島 慶洋(首都大学東京),山本 久志(首都大学東京),肖霄(首都大学東京),
秋葉 知昭(千葉工業大学)

 

(2)「車載ネットワークCANの評価に関する考察」
佐藤諒平(首都大学東京),福本聡(首都大学東京),大原衛(東京都立産業技術研究センター)

 

(3)「Reliability analysis of a correlated shock model by using Hawkes process」
太田修平(法政大学大学院),木村光宏(法政大学)

 

(4)「ソフトウェア信頼性評価の時間スケールについて」
趙 雲路(広島大学大学院),土肥 正(広島大学),岡村 寛之(広島大学)

詳 細

シンポジウムへの参加申込や参加費等の詳細は以下のサイトをご覧ください.
http://www.reaj.jp/modules/eguide/event.php?eid=94#form

ページトップへ戻る

 〔危機管理と防衛のOR〕 

第12回

日 時

2018年6月21日(木)15:00~18:00

場 所

政策研究大学院大学 5階講義室K
(東京都港区六本木7-22-1)
(電話)03-6439-6000
(URL)http://www.grips.ac.jp/

テーマ
講 師
概 要

(1)「複数橋梁の修繕スケジュールに関する数理計画モデルとその解法」
小市 俊悟(南山大学)
橋梁の修繕を象徴的な例として,複数の要修繕箇所に対する修繕スケジュール案を, 修繕に伴う交通規制の影響を最小化するという観点から立案するための数理計画モデルを紹介する. また,その数理計画モデルにおける最適スケジュールを得るための解法について説明する.

 

(2)「地理情報システムと最短路問題を活用した橋梁システムの評価と公共インフラの持続的管理について-愛知県豊田市とみよし市を例として-」
土谷 隆(政策研究大学院大学)
社会の高齢化と人口減少により,利便性を維持しつつ公共インフラを管理していくことが多くの自治体において重要な問題となってくる.本発表では,愛知県豊田市とみよし市を例として,地理情報システムと最短路問題によるネットワーク解析により, 当該領域の全道路ネットワークを考慮した上で,橋梁を廃止した時の社会的影響を定量的に評価することを試みる.
本研究は,荒川俊也(愛知工科大学),杉本淳(愛知県庁),井川博(帝京大学)3氏との共同研究である.

備考 懇親会(会費:5,000円)開催予定
問合せ先 片山隆仁(一般財団法人防衛技術協会)
katayama◎ksj.biglobe.ne.jp
ページトップへ戻る

 〔最適化とその応用〕 

第2回

日 時

2018 年 5 月 12 日 (土) 13:30~18:00 (開場は 13:00 頃)

場 所

中央大学後楽園キャンパス 3 号館 3 階 3300 号室
交通アクセス: http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/
キャンパスマップ: http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

テーマ
講 師
概 要

(1)「森林資源管理と数理計画法」
吉本敦氏 (統計数理研究所 モデリング研究系)
森林資源管理において, 森林を「いつ, どこから, どのくらい」採取するかを決めることは, 古くから取り組まれてきました主要な課題の一つです. このような意思決定をサポートするツールとして, 資源の採取量あるいはそこから得られる利益の最大化と言った資源管理の目的に対して, 与えられた条件下で最適な採取量・方法の在り方を探索できる最適化モデルが構築されてきました. そして, 地域的な政策や経済的な要求に対応すべく広くその開発・応用がすすめられてきました. 特に, 最適な時空間的配置を考慮した管理の探索ができる整数計画法は, 大規模な資源開発, あるいは土地利用の変化に伴う環境への負荷を評価するアプローチとして注目されています. 例えば, 空間的に隣接し合う土地の利用を同時期に行うことができないという条件を加えることで, 利用が空間的に分散され, 大規模な利用の創出を避けることができます. また, 老齢林を取り囲む林地の集約化により生態系保護も達成しながら, 資源の管理を展開することができます. 本発表では, これまでに開発されて来ました最適化モデルを紹介するとともに, 最近の研究成果を報告いたします.

 

(2)「樹木園種別構成問題に現れる錐最適化問題への効率的な解法の構築」
山下真氏 (東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系)
樹木園の設計段階では, 複数の遺伝子候補の中からどのように遺伝子を選抜するか, という種別構成問題が重要な最適化問題として需要があります. 特に, 遺伝子の多様性を表す制約式には, 錐最適化問題と密接な関係があることが分かってきました. 本発表では, 種別構成問題についての基本的な数学的性質について触れた後, 数理最適化アプローチに基づいた効率的な解法を紹介していきます. 本発表は, Tim Mullin 氏, Sena Safarina 氏らとの共同研究の内容を含みます.

参加費用 無料
参加資格 自由 (会員/非会員不問)
事前申込 不要
問合せ先 幹事 田中未来 (統計数理研究所)
mirai◎ism.ac.jp
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2018年度第1回ORセミナー
『Python 言語によるビジネスアナリティクス』
日時:
2018 年7月28日(土)10:00~17:00
場所:
(株)構造計画研究所 本所新館

本部 SSOR 2018
-創立60周年記念事業-

特別講演:
大宮元会長、大山前会長
日程:
2018年8月29日(水)~31日(金)
場所:
水上温泉 源泉湯の宿 松乃井(群馬県)

中国・四国地区SSOR
日程:
2018年9月13日(木)
場所:
白兎(はくと)会館(鳥取市)
シンポジウム
2018年秋季シンポジウム
日程:
2018年9月5日(水)
場所:
名古屋市立大学
川澄キャンパス病院ホール

2019年春季シンポジウム
日程:
2019年3月13日(水)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス
研究発表会
2018年秋季研究発表会
日程:
2018年9月6日(木)-7日(金)
場所:
名古屋市立大学
山の畑キャンパス

2019年春季研究発表会
日程:
2019年3月14日(木)-15日(金)
場所:
千葉工業大学
津田沼キャンパス