社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  開催案内
2016年度 研究部会・グループ 開催案内 (2016年3月~2017年2月)

特設研究部会
オリンピック,パラリンピックとOR

グループ名
1. 危機管理
2. エネルギー
3. スケジューリンク,゙ロジスティクス
4. 施設・交通
5. 人の動きの数理モデル,ビッグデータ

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 安全・安心・強靭な社会とOR
2. 確率モデルとその応用
3. 信頼性
4. ビッグデータとマーケティング分析
5. リーンマネジメントシステム
6. アグリサプライチェーンマネジメント
7. 最適化の基盤とフロンティア
8. 数理的発想とその実践
9. 不確実性環境下の意思決定モデリング
10.離散アルゴリズムの応用と理論
11.ORによる大規模インフラストラクチャー分析

研究グループ

1. 地域課題解決のOR

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

 〔アグリサプライチェーンマネジメント〕 

第9回

日 時

2017年1月28日(土) 15:00~16:00

場 所 合人社ウェンディひと・まちプラザ 広島市まちづくり市民交流プラザ4階会議室C
http://www.cf.city.hiroshima.jp/m-plaza
テーマと講師 「斜面住宅団地に対する日常の買い物交通の改善に関して--広島市佐伯区五日市地区の事例--」
大東延幸 (広島工業大学)
問合せ先 蓮池 隆 thasuike◎waseda.jp
ページトップへ戻る

 〔サプライチェーン戦略〕 

部会URL

http://scsr.jp/

第37回

日 時

2017年2月6日(月)18:30~20:30

場 所 構造計画研究所 本所新館 B1F
テーマと講師 「契約理論ってなんだろう? ー2016年度ノーベル経済学賞を紐解くー」
安田洋祐(大阪大学経済学部 准教授)
問合せ先

草刈君子 (Kimiko.Kusakari@nifty.com)

 

*会場アクセス・講演要旨・参加申込み方法は下記をご参照下さい。
http://scsr.jp/

ページトップへ戻る

 〔安全・安心・強靭な社会とOR〕 

第24回

日 時

2017年1月30日(月)15:00~18:00 

場 所

政策研究大学院大学 会議室4A (港区六本木7-22-1)
テーマと講師

(1) 15:00-15:30
「ミッションコマンドの戦略」
神藤 猛 (内閣官房) 
(2) 15:30-16:30
「客の到着パターンが内生的に決まる待ち行列モデルについて」
佐久間 大 (防衛大学校) 
(3) 16:30-18:00
「サイバー攻撃の現状と取り組み(仮)」
伊東 寛 (経済産業省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官)

問合せ先 主査 神藤 猛(内閣官房)sssp◎xvh.biglobe.ne.jp
幹事 片山隆仁(防衛技術協会) katayama◎ksj.biglobe.ne.jp
ページトップへ戻る

 〔評価のOR〕 

第73回

日 時

2017年1月21日(土)13:30~16:30 

場 所

東京理科大学 森戸記念館
http://www.tus.ac.jp/facility/morito/
テーマと講師

(1) 「観光プラン評価を利用した数理的な観光地魅力度設定法」
蓮池 隆 (早稲田大学)
観光の活性化は地域活性化につながるため,観光科学は重要な研究テーマの1つと考えられている.各観光地に対してどのような魅力を持つかは観光者ごとに異なり,この魅力度を個人に合わせて設定することができれば,観光ルートの提案が可能となるため,適切な観光地魅力度設定法の開発が求められる.本発表では,観光地集合としての観光プランを観光者が一対比較などで評価し,その結果を各観光地の魅力度設定に役立てる数理的手法を紹介する.

 

(2) 「非効率評価の比例モデルと銀行の評価」
Shimian Guan (東京理科大学)
意思決定主体の活動において,生産性や効率性は重要な指標の一つとされている.事業体を評価する時,効率的と考えられる事業体が形成する効率フロンティアを求めることができる.非効率的と評価された事業体は各項目をどれだけ改善すればこの効率フロンティアに到達するかは重要な問題です.本研究では,インプットとアウトプットの改善できる比率の合計を最大化する非効率評価方法を提案した.

問合せ先

廣津信義 (順天堂大学) 
Tel:0476(98)1001 (ex.352) E-mail: nhirotsu◎juntendo.ac.jp

*参加費無料・事前申込は不要です.初めての方も気軽にご参加ください.

ページトップへ戻る

 〔待ち行列〕 

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第33回(2016年度)待ち行列シンポジウム

日 時

2017年1月19日(木)~21日(土)

場 所

東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
HP https://sites.google.com/site/qsymp2016/
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

第266回

日 時

2017年2月18日(土)14:00~17:00

場 所

東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師 (1) 「二分決定グラフを用いたグラフ最適化」
川原 純 (奈良先端科学技術大学院大学)
(2) 「客の離脱を伴う待ち行列ネットワークの安定性条件~複数クラス・フィードフォワード型と一般化ジャクソン型の場合」
勝田敏之 (関西学院大学)
問合せ先

佐久間 大 (防衛大学校) sakuma◎nda.ac.jp

ページトップへ戻る

 〔意思決定法〕 

部会URL

https://sites.google.com/site/decisionorsj/

第40回 (学生大会)

日 時

2017年1月24日(火)16:00~18:00

場 所 日本大学 桜門会館303会議室
〒102-0076東京都千代田区五番町2-6
https://www.nihon-u.ac.jp/access_map/map/oumon/
テーマと講演者

(12月5日現在)
(1) 「従来型AHPと支配型AHPの比較研究」妻島元輝(名城大学 大学院1年生)
(2) 「一対比較行列における入力順序の考察」山影達也(慶應義塾大学 大学院1年生)
(3) 「AHPによる学生野球の評価と分析」岡本健(日本大学 学部4年生)

 

引き続き学生の発表講演者を募集しています.
終了後,懇親会を予定しています.

問合せ先 西澤一友 (日本大学) Tel: 047-474-2664
E-mail: nishizawa.kazutomo◎nihon-u.ac.jp
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
 
シンポジウム
 
研究発表会
2017年春季研究発表会
日程:
2017年3月15日(水)-17日(金)
場所:
沖縄県市町村自治会館