社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 学会だより
学会だより
No.478 2011年 5月 OR学会だより 目次
  1. 第66回シンポジウム
  2. 平成23年秋季研究発表会
  3. 平成23年度研究部会・グループの新設・継続について
  4. 新設研究部会紹介
  5. 研究部会・グループ開催案内
  6. 会合案内
  7. 他学協会案内
  8. 公募案内
1. .第66回シンポジウム
日 時 平成23年9月14日(水)
場 所 甲南大学 岡本キャンパス
実行委員長 中山弘隆 (甲南大学)
テーマ 「モノづくりに活かされる知能化・最適化」
問合せ先

E-mail:or-2011f◎konan-u.ac.jp
*詳しくは,http://www.orsj.or.jp/nc2011f/symposium.html  をご覧下さい.

    ページトップへ戻る
2.平成23年秋季研究発表会
日 程 平成23年9月15日(木)~16日(金)
場 所 甲南大学 岡本キャンパス
実行委員長 岳 五一(甲南大学)
特別テーマ 「情報社会とOR」
発表申込受付期間 6月1日(水)~7月1日(金)
問合せ先

E-mail:or-2011f◎konan-u.ac.jp
*詳しくは、http://www.orsj.or.jp/nc2011f/index.html をご覧下さい.

    ページトップへ戻る
3.平成23年度研究部会・グループの新設・継続申請の審査について

先に募集を行いました平成23年度研究部会・グループの新設および,継続に関しまして,今回も多数の申請書が提出されました.研究活動の公開性,実績等に照らして審査を行いました結果,以下の研究部会・研究グループを設定致しました.(☆印は新設)
 参加ご希望の方は,各部会・グループの主査または幹事までご連絡下さい.
メールアドレス◎を@に置き換えて下さい.

平成23年度 常設研究部会


常設部会名 主 査 幹 事
1 待ち行列 高橋  豊(京都大学)
takahashi◎i.kyoto-u.ac.jp
増山 博之(京都大学)
masuyama◎sys.i.kyoto-u.ac.jp
2 数理計画(RAMP)
加藤直樹  (京都大学) 
naoki◎archi.kyoto-u.ac.jp
藤澤 克樹(中央大学) 
fujisawa◎indsys.chuo-u.ac.jp
3 評価のOR 上田  徹 (成蹊大学)
ueda◎st.seikei.ac.jp
廣津 信義 (順天堂大学) 
n_hirotsu◎sakura.juntendo.ac.jp

4

意思決定法 大屋  隆生 (国士舘大学)
takaoyha◎kokushikan.ac.jp
佐藤 祐司(三重中京大学)
ysatoh◎mie-chukyo-u.ac.jp
5

サプライチェーン戦略 高井 英造 (㈱フレームワークス)
eizo.takai◎frame-wx.com
草刈 君子 (㈱サイテック・ジャパン)
kimiko.kusakari◎nifty.com
平成23年度 研究部会

部 会 名 主 査 幹 事
1
計算と最適化の新展開 藤澤 克樹(中央大学) 
fujisawa◎indsys.chuo-u.ac.jp
後藤 順哉(中央大学)
jgoto◎indsys.chuo-u.ac.jp
2 数理モデルとその応用 桑野 裕昭(金沢学院大学)
kuwano◎kanazawa-gu.ac.jp
杉原 一臣(福井工業大学)
sugihara◎fukui-ut.ac.jp
3 OR横断若手の会 林 俊介(京都大学)
shunhaya◎amp.i.kyoto-u.ac.jp
福永 拓郎(京都大学)
takuro◎amp.i.kyoto-u.ac.jp
4 持続可能社会のためのインフラストラクチャー戦略 三浦 英俊(南山大学)
hmiura◎meikai.ac.jp
高嶋 隆太(千葉工業大学)
takashima◎sun.it-chiba.ac.jp
5 政治と社会と行政のOR 大山  達雄(政策研究大学院大学)
oyamat◎grips.ac.jp
田中 健一(電気通信大学)
ken1tnk◎se.uec.ac.jp
6 防衛と安全 片山 隆仁(ボーイング・ジャパン)
takahito.katayamat◎boeing.com
小宮 享(防衛大学校)
komiya◎nda.ac.jp

7

確率最適化モデルとその応用 穴太 克則 (芝浦工業大学)
k-ano◎shibaura-it.ac.jp
堀口 正之 (神奈川大学)
horiguchi◎kanagawa-u.ac.jp
8
サービスサイエンス 高木  英明 (筑波大学)
takagi◎sk.tsukuba.ac.jp
雑賀  憲彦 (名城大学)
nsaiga◎urban.meijo-u.ac.jp
9
サービス産業における最適化と意思決定 伊藤  健 (東北大学)
t-itoh◎econ.tohoku.ac.jp
蓮池  隆 (大阪大学)
thasuike◎ist.osaka-u.ac.jp
10
食料・農業・環境における意思決定 鹿内  健志 (琉球大学)
tshikana◎agr.u-ryukyu.ac.jp
加島  智子 (近畿大学)
kashima◎hiro.kindai.ac.jp
11
先端マーケティング分析 鈴木  秀男 (慶應義塾大学)
hsuzuki◎ae.keio.ac.jp
横山  暁 (帝京大学)
satoru◎main.teikyo-u.ac.jp
12
不確実性環境下での意思決定科学 三道  弘明 (大阪大学)
sandoh◎econ.osaka-u.ac.jp
小出  武 (甲南大学)
koide◎konan-u.ac.jp
北條仁志(大阪府立大学)
hojo◎mi.s.osakafu-u.ac.jp
平成23年度 研究グループ
1 都市のOR 腰塚 武志(南山大学)
koshizuk◎nanzan-u.ac.jp
大澤 義明(筑波大学)
osawa◎sk.tsukuba.ac.jp
    ページトップへ戻る
4.新設研究部会紹介
1.〔サプライチェーン戦略〕(常設研究部会)
サプライチェーンを中心として経営組織全体と組織間にまたがる諸問題をOR的思考の適用を通して解決するための新しいアプローチを研究するものです.このような分野に関心のある,研究者,コンサルタント,システムベンダー,ユーザー(製造業,物流業,流通業)の方々をメンバーとして,専門,企業,学界,世代を横断するコラボレーションを志すオープンな研究会を目標としたいと考えています.
2.〔確率最適化モデルとその応用〕
研究グループを引継ぎ,理論:確率的動的計画法,最適停止問題,ファジー,マルコフ決定過程,ベイジアン解析,ゲーム理論等と対象:経営,経済,工学,ファイナンス,スポーツ等への応用の研究を行って参ります.
3.〔サービスサイエンス〕
科学的アプローチに基づくサービス産業の生産性向上・イノベーションを目指すサービスサイエンスの基礎及び応用研究において,数理科学とオペレーションズ・リサーチからの実践的貢献を図る.
4.〔サービス産業における最適化と意思決定〕
わが国の中心産業となりつつあるサービス産業でのOR的な取り組みは,必ずしも第2次産業のそれと同じ水準にあるとは言えず,本研究部会では,各種事例について問題点の改善や,新たな意思決定モデルの検討・議論を行う.
5.〔食料・農業・環境における意思決定〕
生物,土,水,人間など多くの要素が構成する複雑なシステムで生じる,食料・農業・環境に関する問題について,ORによる数学的手法を駆使し,これらの問題の解決のための意思決定について議論する.
6.〔先端マーケティング分析〕
最先端の情報技術や測定技術及びWeb環境を考慮したマーケティング分析の研究,分析事例について発表・議論していく.産学の専門家による講演会とデータ解析コンペティションの開催により参加者の交流を図る.
7.〔不確実性環境下での意思決定科学〕
本研究部会では,研究開発,生産,流通,マーケティングの一連の流れを側面からサポートする情報関連分野やファイナンス・金融工学も加えた上で,意思決定科学に関連する新しい話題の情報交換を行う.
    ページトップへ戻る
5. 研究部会・グループ開催案内
〔サービスサイエンス〕
第10回
日 時 平成23年5月13日(金) 13:30~16:30
場 所 筑波大学文科系修士A棟8A109教室
テーマと講師

(1) 「患者の満足とスタッフの適性労働を実現する地域基幹病院の医療サービス科学」
高木英明(筑波大学大学院システム情報工学研究科)
山下慶三(筑波大学附属病院ISO医療業務支援部)
(2) 「訪問介護スケジューリング」 池上敦子(成蹊大学理工学部)
(3) 「病院の待ち時間と患者満足度」 前田 泉(スナッジ・ラボ株式会社)

問合せ先 筑波大学 高木英明 Tel. 029(853)5003  Fax. 029(853)5070
E-mail:takagi◎sk.tsukuba.ac.jp
〔数理モデルとその応用〕
第11回
日 時 平成23年5月21日(土) 14:30~17:00
場 所 石川県教育会館 第3会議室 (〒920-0961 金沢市香林坊1-2-40)
テーマと講師

(1)14:30~15:40 「情報科学の問題へのゲーム理論的接近法」
岡本吉央(北陸先端科学技術大学院大学)

(2)15:50~17:00 「ホームセンターの最適棚構成問題について」
鈴木敦夫(南山大学情報理工学部)

問合せ先 桑野裕昭(金沢学院大学) Tel. 076(229)8939
E-mail:kuwano◎kanazawa-gu.ac.jp
〔サプライチェーン戦略〕
第2回
日 時 平成23年5月23日(月) 18:30~20:30
場 所

青山学院大学 総研ビル9階16会議室

テーマと講師 「受注生産状況下における顧客と製造業者の情報共有」
黒田 充(青山学院大学名誉教授)
問合せ先

草刈君子(㈱サイテック・ジャパン) E-mail:info2011@scsr.jp

    ページトップへ戻る
6.会合案内
〔第308回新宿OR研究会〕
日 時 平成23年5月17日(火) 12:00~13:30
場 所 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ

「システムリスクの評価技術と利活用」

講 師 中村孝明氏 (㈱篠塚研究所主席研究員)
参加費 3,000円
問合せ先 日本OR学会事務局
〔第309回新宿OR研究会〕
日 時 平成23年6月21日(火) 12:00~13:30
場 所 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ

「施設サービスへのアクセスを時空間領域で評価する―首都圏鉄道駅を事例として―」

講 師 田中健一氏 (電気通信大学情報理工学部総合情報学科助教)
参加費 3,000円
問合せ先 日本OR学会事務局
    ページトップへ戻る
7.他学協会案内
他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.
・非線形解析学と凸解析学に関する第7回国際会議(協賛)
主 催 経非線形解析学と凸解析学に関する研究活動団体
日 程 7月31日(日)~8月4日(木)
場 所 弘前大学創立50周年記念会館
問合せ先

新潟大学 田中 環 E-mail:tamaki◎math.sc.niigata-u.ac.jp

・第54回自動制御連合講演会(協賛)
主 催 計測自動制御学会
日 程 11月19日(土),20日(日)
場 所 豊橋技術科学大学
問合せ先 E-mail:rengo54◎me.tut.ac.jp
    ページトップへ戻る
8. 公募案内 鳥取大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻
募集人員 准教授1名
専門分野 社会システム工学
応募資格 (1)博士又はPh. D.の学位を有し,大学院博士後期課程を担当できること,
(2)公共的サービスの縮小・途絶などの人口減少地域での社会・生活リスクに関して,理論面ならびに実証面の双方からの研究実績のある方で,フィールド実践的な研究に積極的に取り組む意欲と能力を有すること.
(3)行政,民間,住民組織等との連携プロジェクトなどを積極的に展開できる能力と熱意を有すること.
着任時期 10月1日以降のできるだけ早い時期.
提出書類 (1)履歴書,(2)教育歴,(3)研究歴,(4)その他の活動歴,(5)着任後の抱負,(6)研究業績リスト,(7)所見を伺える方の照会先(2名)または推薦状(2通),(8)主要な査読付き学術論文の別刷(コピー可):5編
応募締切 6月10日(金) 必着
書類送付先及び
問合せ先
鳥取大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻社会経営工学コース長 山田 茂
Tel.0857(31)5303 Fax.0857(31)0882 E-mail:yamada@sse.tottori-u.ac.jp
  *封筒に「教員(社会経営)応募書類在中」と朱書し,簡易書留または宅配便で郵送のこと.
*詳しくは, http://akebia.jim.tottori-u.ac.jp/info/koubo.html をご覧下さい
    ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
第2回
ORセミナー開催予定

日程:2021/01/23(土)
場所:東京ガス本社ビル
2階大会議室(予定)
テーマ:「地理情報システム入門」

=中止=
COVID-19による感染拡大のため

シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
日程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九州大学西新プラザ(予定)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九州大学伊都キャンパス(予定)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。