社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 学会だより
学会だより
No.495 2012年 10月 OR学会だより 目次
  1. 学会賞ご推薦のお願い
  2. 第69回シンポジウム
  3. 2013年春季研究発表会
  4. 第70回シンポジウム
  5. 2013年秋季研究発表会
  6. 関西支部 研究実践者交流会
  7. 関西支部 研究講演会
  8. 研究部会・グループ開催案内
  9. 新宿OR研究会
  10. 第2回サイエンス・インカレ
  11. 公募案内
  12. メーリングリスト登録のご案内
  13. 平成24年度年会費納入のお願い
1. 日本OR学会各賞の候補ご推薦のお願い

本学会では,研究賞,研究賞奨励賞,論文賞,実施賞,普及賞,事例研究賞,業績賞,学生論文賞を設定し,それぞれの分野で顕著な成果・業績を挙げられた個人や企業を毎年表彰しております.
つきましては,今年度の受賞候補者の積極的なご推薦を募ります.
なお,論文賞につきましては,本学会論文誌に掲載された論文のみが授賞対象になりますので,特に推薦は募りません.

 

各賞の推薦締切は以下の通りです
1. 実施賞,普及賞,業績賞:平成25年1月5日
2. 研究賞,研究賞奨励賞,事例研究賞:平成25年1月31日
3. 学生論文賞:平成25年3月31日

 

様式は,ホームページ, http://www.orsj.or.jp/whatisor/award7.html からダウンロードしてご利用ください.
推薦に関する詳細につきましては同じく学会のホームページをご覧くださるようお願いします.

なお,各賞の概要は次のとおりです.過去の受賞一覧は,http://www.orsj.or.jp/whatisor/award.html に記載しています. (表彰委員会)

研究賞 昭和43年(1968年)に創設された大西記念文献賞,及びそれを継承した文献賞を受け継ぎ,昨年度から設けられた本学会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす個人に贈られます.
1.本学会員であること.
2.独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与する研究業績をあげていること.
授賞対象とする研究業績は過去5年以内のものとし,毎年1名程度を表彰する予定です.
研究賞奨励賞

若手研究者個人を対象とする賞です.上の研究賞の条件に加えて被推薦者の年齢に関して次の条件があります.
被推薦者は,原則として平成25年1月1日に満35歳以下であること.
ただし,OR研究歴が短い方などは,この年齢制限を超えていても構いません.
授賞対象とする研究業績は過去3年以内のものとし,毎年3名程度を表彰する予定です.

論文賞 昨年度より設けられた新しい賞です.過去1年間に本学会論文誌に掲載された論文のうち,特に優れたもの1編に贈られます.
授賞論文の著者すべて(非会員が含まれる場合も全員)を表彰します.
なお,論文賞の推薦は募りません.
実施賞 ORの強力な実施・推進に対して贈られます.毎年1件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。
普及賞 ORの普及に大きな貢献に対して贈られます.毎年1件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。
事例研究賞

ORの優れた事例研究に対して贈られます.
毎年3件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。

業績賞 ORの研究・教育・実施等に関わる活動に顕著な業績を挙げた個人に対して贈られます.
ただし被推薦者は,原則として満40歳以上,満60歳以下の学会員であることが必要です.
毎年1名程度を表彰する予定です.

学生論文賞
学生によるORに関する優れた研究に対して贈られるものです.
対象は,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文とします.
毎年5編程度を表彰する予定です.学生・指導教員がともに本学会員であることが必要です.
詳しい募集要項は,OR誌2月号に掲載します.
    ページトップへ戻る
2. 第69回シンポジウム
日 程 2013年3月4日(月)
場 所 政策研究大学院大学
実行委員長 土谷 隆 (政策研究大学院大学)
ページトップへ戻る
3. 2013年春季研究発表会
日 程

2013年3月5日(火)、6日(水)

場 所 東京大学 (本郷キャンパス)
実行委員長 室田一雄 (東京大学)
ページトップへ戻る
4. 第70回シンポジウム
日 程 2013年9月10日(火)
場 所 徳島大学常三島キャンパス
http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/josanjima/
ページトップへ戻る
5. 2013年秋季研究発表会
日 程

2013年9月11日(水)、12日(木)

場 所 徳島大学常三島キャンパス
http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/josanjima/
ページトップへ戻る

6. 関西支部 研究実践者交流会 「データ解析技術とその活用」

開催趣旨 あふれかえっている多様なデータを有効に活用するために,OR手法の重要性はますます高まってきている.本交流会では,幅広い分野の研究者が集い,いくつかの研究成果を題材にして議論を深める.
主 催 日本OR学会関西支部
日 程 2012年11月10日(土)12:20~18:00
場 所 関西学院大学大阪梅田キャンパス
(大阪市北区茶屋町19?19 アプローズタワー14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
プログラム (1) 12:20~12:30 「開会のあいさつ」
塩出省吾 (神戸学院大学),森田 浩?(大阪大学)
(2) 12:30~13:20 「ホームメディカルケアへの取り組みについて」
中嶋 宏 (オムロン(株)技術本部)
(3) 13:20~14:10 「再生可能エネルギー大量導入に向けた関西電力の取り組み」
牛尾 剛 (関西電力(株)電力流通事業本部系統制御グループ)

 

休憩15分

 

(4) 14:25~15:15 「罰則付回帰とデータ解析環境R」
荒木孝治 (関西大学商学部)
(5) 15:15~16:05 「機械学習における組合せ最適化に関する最近の話題」
河原吉伸 (大阪大学産業科学研究所)

 

休憩15分

 

(6) 16:20~17:10 「スマートフォンベースユーザ参加型主観データ分析システム」
市村 匠 (県立広島大学経営情報学部)
(7) 17:10~18:00
「極性付き評価表現ネットワークからのクラスタ抽出と株価収益率の予測」
羽室行信 (関西学院大学大学院経営戦略研究科)

参加費 無料
懇親会 講演会終了後に開催予定.会場と懇親会費については,メーリングリストにてお知らせいたします.
事前登録申込及び問合先

森田 浩(大阪大学大学院情報科学研究科)
E-mail: morita◎ist.osaka-u.ac.jp
「OR学会関西支部産学官交流会」という件名で,メール申込の際,懇親会への参加希望についてもお知らせください.

URL

http://www.orsj.or.jp/kansai/seminar.html

ページトップへ戻る

7. 関西支部 研究講演会 「続・娯楽のOR」

主 催 日本OR学会関西支部
日 時 2012年11月15日(木)13:00~17:00
場 所 大阪府立大学中百舌鳥キャンパスA12棟サイエンスホール
〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号
http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/nakamozu_zoom.html
プログラム
(1) 「不完全情報多人数ゲームへのモンテカルロ木探索の適用―コンピュータ大貧民の最強プログラムの実現手法」
西野哲朗 (電気通信大学大学院情報理工学研究科教授)
(2 ) 「うそはうそであると見抜けるアルゴリズム」
岡本吉央 (電気通信大学大学院情報理工学研究科准教授)
(3) 「イマジナリーキューブ・パズル」
立木秀樹 (京都大学大学院人間・環境学研究科教授)
(4) 「OR学会への挑戦状・伝承遊戯を解いてみろ」
高橋浩徳 (大阪商業大学アミューズメント産業研究所研究員)
(5) 「メタ羨望なしケーキ分割プロトコル」
真鍋義文 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所主幹研究員)
オーガナイザー 伊藤大雄 (電気通信大学大学院情報理工学研究科教授)
宇野裕之(大阪府立大学大学院理学研究科准教授)
参加費 無料
問合せ先 伊藤大雄(電気通信大学)
〒182-8585 調布市調布ヶ丘1-5-1
TEL 042-443-5332 E-mail: itohiro◎uec.ac.jp
URL http://www.orsj.or.jp/kansai/seminar.html
ページトップへ戻る
8. 研究部会・グループ開催案内
*問合せ先の◎は@に置き換えてご利用ください。
 〔待ち行列〕 
第235回 
日 時 2012年10月20日(土) 14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師

(1) 「ハチが作る待ち行列の秘密」
豊泉 洋 (早稲田大学)
(2) 「背後過程のある多次元反射型ランダムウォークの再帰性について」
小沢利久 (駒沢大学)

問合せ先 東京理科大学 小林 正弘 E-mail: m_kobayashi◎is.noda.tus.ac.jp
部会URL http://www.orsj.or.jp/queue/
ページトップへ戻る
 〔サービスサイエンス〕 
第17回
日 時 2012年10月19日(金)13:30~16:30
場 所 北陸先端科学技術大学院大学東京サテライト
東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA棟19階
テーマと講師

(1) 「実践的な医療サービスサイエンス人材育成プログラム」
池田満 (満北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科)

(2) 「質問応答システムWatsonとその応用」
武田浩一 (日本IBM東京基礎研究所)

(3) 「被験者実験による資産市場の分析」
秋山英三 (筑波大学システム情報系)

問合せ先 筑波大学システム情報系 高木英明
Tel: 029(853)5414 E-Mail:takagi◎sk.tsukuba.ac.jp
ページトップへ戻る
 〔評価のOR〕 
第49回
日 時 2012年10月20日(土) 13:30-17:30
場 所 北海道大学 工学部 1FA101教室
http://www.eng.hokudai.ac.jp/location/#access
http://www.eng.hokudai.ac.jp/building
テーマと講師

(1) 「金融システミックリスクの評価手法」
鈴木輝好 (北海道大学)

(2) 「DEAを用いた野球最適打順決定法」
上田 徹

(3)「Subsidy allocation and targets setting based on performance: Evidence from offshore ferry transportation in Taiwan」
游 明敏 (國立台灣海洋大學)

問合せ先 施 建明 (室蘭工業大学) shi◎mmm.muroran-it.ac.jp
関谷和之 (静岡大学) sekitani◎sys.eng.shizuoka.ac.jp
部会URL http://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/hyoka/
ページトップへ戻る
 〔不確実性環境下での意思決定科学〕 
第10回
日 時 2012年10月20日(土) 14:00~17:30
場 所 西宮市大学交流センター セミナー室2
テーマと講師

(1) 「不確実性・時刻依存パラメータを含んだ観光経路作成問題」
蓮池 隆 (大阪大学)

(2) 「組み合わせ最適化問題のエントロピーを用いた困難度測定法」
仲川 勇二 (関西大学)

問合せ先 小出武(甲南大学) koide◎konan-u.ac.jp 
部会URL http://koide.ii-konan.jp/or/
ページトップへ戻る
9. 新宿OR研究会案内

〔第322回新宿OR研究会〕

日 時 2012年10月16日(火) 12:00~14:00
場 所 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ 「ビッグデーターにおけるグローバル感度解析について」
講 師 香田正人氏 (東洋学園大非常勤講師、筑波大学名誉教授)
参加費 3,000円 (事前にメールにてお申し込みください.)
問合せ先 日本OR学会事務局 E-mail:jimukyoku@orsj.or.jp
ページトップへ戻る
10. 第2回サイエンス・インカレ
主 催 文部科学省
日 程 2013年3月2日(土),3日(日)
エントリー期間

2012年9月上旬~11月中旬

出場者の決定 2013年1月上旬
会 場 東京近郊
募集分野 自然科学系の全分野(人文・社会科学との融合領域を含む)を対象
応募条件 以下の学生が主体的に取り組んだ未公表の研究
・大学1~4年次 (短期大学1~2年次を含む)の学生
・高等専門学校4~5年次の学生
・高等専門学校および短期大学の専攻科の1~2年次の学生
問合せ先 *詳しくは文部科学省のサイト http://www.science-i.jp/outline/ をご覧ください
ページトップへ戻る
11. 公募案内

電気通信大学

職 種 助教1名
所 属 情報・通信工学専攻情報数理工学コース
任 期 5年(本学の助教はすべてテニュアトラック助教です.本学におけるテニュアトラック制度に関しては下記URL参照.
http://www.uec.ac.jp/about/activity/uec_tenure_track/assistant_prof.html
専門分野 最適化計算(例えば数値的最適化とその応用,オペレーションズ・リサーチ,最適化ソフトウェア,大域的最適化など)
応募締切 2012年11月12日17時
着任時期 2013年4月1日
照会先 電気通信大学情報・通信工学専攻教授
村松正和 E-mail: muramatu@cs.uec.ac.jp
提出書類 *詳しくは,下記URLにある「最適化計算分野」の資料をご覧下さい.
http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/
ページトップへ戻る
12. メーリングリスト登録のご案内
OR学会ではメーリングリストを開設し、本学会ならびに各研究部会の主催する研究発表会・セミナー等の催しに関する広報機能としてご利用いただいています。
未登録の方、新規にOR学会のご入会の方は、ご登録くださいますよう、ご案内申し上げます。
メールアドレスを変更する場合は、新しいメールアドレスで参加登録をしてください。
また、古いアドレスは脱退の手続きをしてください。
下記にあります「会員業務窓口」への変更届とは別途、MLのご変更手続きが必要になりますのでご注意ください。
*メールマガジンは、新規ご入会と同時に配信されますが、 メーリングリストは希望者の登録制となっております。
*詳しくは、学会WEBのメーリングリスト利用の手引きをご覧ください。
http://www.orsj.or.jp/members/mlhowto.html

ページトップへ戻る
13. 平成24年度年会費納入のお願い (事務局)
平成24年度年会費未納の方に請求書を9月に再送いたしました.
お早めにご入金くださいますようお願いいたします.
OR学会の事業年度は3月~翌年2月までです.

預金口座自動振替の方は1月20日(金)に引き落としが終わりました.
預金口座振り替えをご希望の方は、下記までメールにてご連絡ください。(正会員のみ)



ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
第2回
ORセミナー開催予定

日程:2021/01/23(土)
場所:東京ガス本社ビル
2階大会議室(予定)
テーマ:「地理情報システム入門」

=中止=
COVID-19による感染拡大のため

シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
日程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九州大学西新プラザ(予定)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九州大学伊都キャンパス(予定)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。