社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > メーリングリスト  > トラブルと対策
トラブルと対策 更新 04/14/2006
目次
1.登録
1-1
登録メールを送ったのに、何もメールが届かない。
1-2
正しく送信されたことを示すメールは届いたが、登録完了のメールが届かない。
1-3
エラーを表すメールが届いた。
1-4
メールソフトが長い行を自動的に改行してしまい、何度やっても同じエラーになる。
2.利用
2-1
MLのアドレスにメールを送ったのに、正しく配信されていない。
2-2
MLのアドレスにメールを送ると、エラーが返ってくる。
2-3
メールの転送に関するトラブル
2-4
MLから送られたメールへの返信に関するトラブル
1.登録
1-1. 登録メールを送ったのに、何もメールが届かない。
実在する(誤った)メールアドレス宛に登録メールを送ってしまった可能性が考えられます。
登録するためには
request@iijnet.or.jp
宛にメールを送ります。宛先が正しく指定されているか、確認してください。
また、メールソフトで受信拒否などの設定をしていないかどうか、確認してください。
1-2. 正しく送信されたことを示すメールは届いたが、登録完了のメールが届かない。
正しく送信されたことを示すメールは「そのメールの送信者のアドレス」に返されますが、登録完了のメールは「登録希望アドレス」宛に返されます。登録希望アドレスに誤りがある場合、登録完了のメールは正しく送信されないので注意してください。またこの場合、MLを利用することもできませんので、確認の上再度登録を行ってください。
また、登録情報にその他の誤りがある場合(登録者情報が未記入である、など)管理者側では登録ができませんので、この場合も必要事項がすべて記入されているかを確認の上、再度登録を行ってください。
1-3. エラーを表すメールが届いた。
エラーのほとんどは、subscribeで始まる行が途中で終わってしまっているために起こる“invalid address”であると思われます。これについては、 次の1-4を参照してください。
また、subscribeというコマンドのスペル間違い、orsj-mlを書いていない、 endを書き忘れた、など、登録メールの様式 のどこかに誤りがあると、 エラーメールが返されることがあります。本文を確認の上、再度登録を行ってください。
1-4. メールソフトが長い行を自動的に改行してしまい、何度やっても同じエラーになる。
メールソフトによっては、本文中の各行をある長さで勝手に改行してしまうものがあります。この場合、メールソフトの自動改行機能を一時的に止めるか、改行幅を長く設定することでこのエラーを解消できます。 会社等の組織で利用しているメールソフトでは、こうした設定変更がうまくいかない場合も考えられます。
このようなときは、自宅で契約しているプロバイダのアドレスやフリーメールなどを利用して登録を行ってみてください。(登録作業を行うメールアドレスと、登録希望メールアドレスとは、異なってもかまいません)。

例:MozillaまたはNetscapeでの設定変更

メニューバーの「編集」から「設定」を選び、Mail & Newsgroups の中にある「メッセージの作成」欄を見てください。
テキストメッセージを[ ]文字で改行するというような項目があると思われますが、ここが標準では72文字になっています。一時的にここを100~150文字程度にして、再度送信してみてください。

例:Outlook(Outlook Express)での設定変更/p>

メニューバーの「ツール」から「オプション」を選び、メール形式の中にある「インターネット メール形式」欄を見てく ださい。ここに改行幅の設定項目がありますので、やはり100~150文字程度にして送信してみてください。
ただし、Outlookでの設定変更が反映されない環境があるようです(Exchnge Server と組み合わせた場合にこうしたことが起きるとの報告があります)。この場合、組織の管理担当者と相談して問題の解決を図ってください。

2.利用
2-1. MLのアドレスにメールを送ったのに、正しく配信されていない。
投稿用のメールアドレスは
orsj-ml@orsj.or.jp
です。正しく設定されているでしょうか。登録希望メールを送るアドレスと、実際にMLに対して送信するときのアドレスとは異なっているので、確認してください。
2-2. MLのアドレスにメールを送ると、エラーが返ってくる。
事例1.
お使いのメールアドレスに関する登録が完了していない場合が考えられます。
登録希望メールが 正しく送信されたことを示すメールの後に、登録が完了した(Welcome)メールが届いているかどうか、確認してください。
事例2.
送信に用いているアドレスがMLに登録されたアドレスと異なっている場合にも、エラーとなります。
たとえば、前に所属していた組織のアドレスをMLに登録していて(メール転送によってMLからのメールは読めている)、現在の組織のアドレスから会合案内のメールを出そうとした、といったケースが考えられます。現在のアドレスを登録して、再度送信してください。
事例3.
宛先として多くのアドレスを指定している場合などに、エラーになるケースがあります。
宛先欄の長さが1,000文字超えるような場合にこうしたエラーが起きますが、特にアドレスに日本語での氏名が書き添えられている場合には(送信情報における日本語の符号化方法が冗長であるために)20~30程度のアドレスを列挙するとこの上限に達してしまいます。MLに送るメールでは 、宛先はMLのもの含めて数個程度にしてください。
2-3. メールの転送に関するトラブル
事例1.
登録してあるメールアドレスに届いたメールを、他のメールアドレスに転送するように設定している方も多いと思われます。しかし、何ステップもの転送を経た場合、メールサーバーによっては受信を拒否するものもあります(フリーメールサービスのひとつである hotmail でこの現象が確認されています)。転送はできる限りお控えください。
事例2.
登録してあるメールアドレスにメールが溜まりすぎてメールサーバーの制限を超えている場合、正しく受信できません。
なお、正しく受信できていないと判断される登録アドレスに関しては、利用規定に基づいて予告無く登録抹消を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。
2-4. MLから送られたメールへの返信に関するトラブル
本MLでは、返信先が必ずMLになるように設定されています。したがって、MLに流されたメールに対して「差出人に返信」 する場合、メールソフトの返信機能ではうまくいかない場合がありますので、ご注意ください。
また、 いわゆるバケーション機能(出張等でしばらくメールを読めない旨を送信者に対して自動的に返信する機能)を使うと、MLに対して不要なメールが氾濫する元になります。バケーション機能を使用する場合は、MLからのメールに対しては返信をしないよう、設定してください。
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
イベントカレンダー
2017年度第1回ORセミナー
日程:
2017年5月13日(土)
場所:
(株)構造計画研究所

2017年度第2回ORセミナー
日程:
2017年6月17日(土)
場所:
(株)構造計画研究所
シンポジウム
2017年秋季シンポジウム
日程:
2017年9月13日(水)
場所:
関西大学
研究発表会
2017年秋季研究発表会
日程:
2017年9月14日(木)-15日(金)
場所:
関西大学