入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
トップページへ戻ります

 

No.460  2009年 11月 OR学会だより  目次 
1 日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い
2 第63回シンポジウム
3 平成22年春季研究発表会
4 関西支部シンポジウム
5 関西支部産学官交流会
6 平成21年度第2回ORサロンのご案内
7 研究部会・グループ開催案内
8 会合案内
9 他学協会案内
10 新年会開催案内


1日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い

本学会では,文献賞,文献賞奨励賞,実施賞,普及賞,事例研究賞,業績賞,学生論文賞を設定し,それぞれの分野で顕著な成果・業績を挙げられた個人や企業を毎年下記のように表彰しております.つきましては,今年度の受賞候補者の積極的なご推薦を募ります.締切は学生論文賞を除き,平成22年1月5日といたします.推薦は原則として学会所定の様式に従ってください.様式は,ホームページhttp://www.orsj.or.jp/aboutUs/award7.htmからダウンロードしてご利用ください.推薦に関する詳細につきましては同じく学会のホームページをご覧くださるようお願いします.なお,各賞の概要は次のとおりです.過去の受賞一覧は,http://www.orsj.or.jp/aboutUs/award.htmに記載しています.

〔文献賞〕 昭和43年(1968年)に創設された大西記念文献賞を継承して,昭和47年(1972年)に設けられた本会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす論文の著者をご推薦ください.
1. 論文は独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与するものであること.
2. 論文はOR学会発行の論文誌またはこれに相当する権威ある雑誌,論文集に概ね過去2年以内に掲載された論文であること.なお,同一の主著者による複数の論文セットでも構いません.
3. 著者(論文の著者が複数のときは主著者)は学会員であること.
 対象論文の著者(主著者)を文献賞の被推薦者とします.論文の著者が複数のときは,被推薦者が文献の主著者であることに他の著者が同意することを示す文書を添付してください.毎年1名程度を表彰する予定です.
〔文献賞奨励賞〕 若手研究者を対象とする賞です.条件は上の文献賞の条件に加えて被推薦者の年齢に関して次の制限があります.
4. 被推薦者は,原則として平成22年1月1日に満35歳以下であること.
 ただし,OR研究歴が短い方などは,この年齢制限を超えていても構いません.毎年3名程度を表彰する予定です.
〔実施賞〕 ORの実施を強力に推進してきた個人,グループまたは企業等に贈られます.毎年1件程度を表彰する予定です.
〔普及賞〕 ORの普及に大きな貢献をした個人,グループまたは企業等に贈られます.
 毎年1件程度を表彰する予定です.
〔事例研究賞〕 学会員の行ったすぐれた事例研究に対して贈られます.学会員個人に限らず,学会員を含むグループも対象になります.毎年3件程度を表彰する予定です.
〔業績賞〕 ORの研究・教育・実施等に関わる活動に顕著な業績を挙げた個人に対して贈られます.ただし被推薦者は,原則として満40歳以上,満60歳以下の学会員であることが必要です.毎年1名程度を表彰する予定です.
〔学生論文賞〕 学生によるORに関するすぐれた研究に対して贈られるものです.対象は,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文とします.毎年数名程度を表彰する予定です.応募締切は平成22年3月31日といたしますが,詳しい募集要項は,OR誌2月号に掲載します.
                                                           (表彰委員会)

 


2第63回シンポジウム

日 程: 平成22年3月3日(木) 午後

場 所: 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(秋葉原ダイビル12F)
     JR 「秋葉原」駅下車徒歩1分

実行委員長: 室町幸雄(首都大学東京)

テーマ: 「世界金融危機からの復活」

 


3平成22年春季研究発表会

日 程: 平成22年3月4日(木)〜5日(金)

場 所: 首都大学東京 南大沢キャンパス
     (京王相模原線 「南大沢」駅下車徒歩5分)

実行委員長: 中塚利直(首都大学東京)

特別テーマ: 「ネクスト・ソサエティ−変革の時代の知の創造−」

アブストラクト受付期間:11月16日(月)〜12月18日(金)

懇親会: 平成22年3月4日(木)

 

 


4関西支部シンポジウム

テーマ: 「ORによらない新しい解法の試み」

主 催: 日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部

日 時: 11月27日(金) 13:30〜16:00

場 所: 兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 大講義室
 〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3−3
 神戸ハーバーランドセンタービル23F
 Tel.078(367)8616 Fax.078(362)0651
 http://www.ai.u-hyogo.ac.jp/

参加費: 学会員・学生無料、一般1,000円
会費は当日会場受付にて頂戴致します.予約は必要ございません.

プログラム:
13:30〜14:00
「自己駆動粒子が明かす渋滞学」
西成活裕(東京大学 先端科学技術研究センター)
14:00〜14:20 質疑応答
14:20〜14:30 休憩
14:30〜15:00
「粘菌の経路探索と多目的最適化」
 中垣俊之(北海道大学 創成科学共同研究機構 流動研究部門・未踏系)
15:00〜15:20 質疑応答
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:00
「個体最適化のためのアユのなわばり形成と崩壊」
 中桐斉之 (兵庫県立大学 環境人間学部)

問合せ先: 兵庫県立大学 環境人間学部 米山寛二
 〒670-0092 姫路市新在家本町1-1-12
 Tel/Fax.079(292)9362
 E-mail:yoneyama@shse.u-hyogo.ac.jp

 

 


5関西支部産学官交流会

「ビジネススクールにおけるORとOMの研究教育」

開催趣旨: 企業と社会で求められているORが何であるのかを見直し,ビジネスクールにおいて, ORがさらに広く研究教育され,実践されるようになるためには,何が必要であるかを議論する.

日 時: 12月12日(土) 13:30〜17:30
場 所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階1004教室 
(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー内)
Tel.06(6485)5611
  URL: http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/ 
                      
主 催: 日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部

オーガナイザー:松尾博文(神戸大学大学院経営学研究科)

プログラム:
13:30〜13:50
「MBAプログラムにおけるORとOMの研究教育」
松尾博文(神戸大学大学院経営学研究科)

13:50〜14:10
「地域マネジメント研究科とオペレーションズ・リサーチ」
宍戸栄徳(香川大学地域マネジメント研究科)

14:10〜14:30
「オペレーションズ・マネジメントとものづくり」
田畑吉雄(南山大学ビジネス研究科)

14:30〜14:50
「インターネット社会の進展とビジネス・イノベーション」
岡本吉晴(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科)

休憩 20分

15:10〜15:30
「シグナリングによる価値向上のメカニズム分析」
竹谷信夫 (パナソニック(株))

15:30〜15:50
「データマイニングビジネスでの最適化の活用事例」
矢島安敏 (潟uレインパッド)

15:50〜16:10
「手本無き時代にビジネス教育は可能か」
住田 潮 (筑波大学大学院システム情報工学研究科)

休憩 20分

16:30〜17:30 パネルディスカッション 
発表者全員

17:30      終了

講演会参加費: 無料

懇親会: 講演会終了後に開催予定.会場と懇親会費については,オペレーションズ・リサーチ学会メールマガジンで詳細(11月頃を予定)をお知らせします.
 
定 員: 50名 定員に達し次第,参加受付を締切

事前登録申込及び問合せ先:
大阪府立大学 経済学部 森田裕之
E-mail: or_kansai@googlegroups.com
「OR学会関西支部産学官交流会」という件名で,メールにて申込の際、懇親会への参加希望についても
お知らせ下さい.
Tel.050(5539)6549 

 

 


6平成21年度第2回ORサロンのご案内
「レクチャー・シリーズ:サービス・イノベーション」

日 時: 11月26日(木) 午後6:00〜8:50

場 所: スター研究センター 3F “Earth”
 千代田区神田駿河台3-7

テーマと講師:
 「サービスサイエンスによる企業改革の実践」
 ワクコンサルティング 常務執行役員 諏訪良武氏
 (元オムロンフィールドエンジニアリング常務取締役)

コーディネータ:潟tレームワークス 高井英造

第2回サロン参加費:
 賛助会員:1名のみ無料,2人目以降は1,000円
 個人会員:1,000円
 非会員:1,000円+事前入会手続

 参加費は当日会場にてお支払い下さい.

 非会員の方は,別途事前に入会手続が必要です.
 正会員(個人)入会金1,500円 年会費14,400円
 学生会員(個人)入会金600円 年会費5,000円
 学会ホームページから入会手続をお願いします.
 なお学生会員入会には,確認の為指導教員の氏名とメールアドレスの記入が必須です.
 (http://www.orsj.or.jp/whatisOR/admission.htm)

参加人数:30名程度で締切.ホームページ等でお伝えいたします.

申込み先:
 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局
 E-mail: salon@orsj.or.jp
 Tel.03(3815)3351 Fax.03(3815)3352
11月13日(金)までにお申込下さい.

必要事項:
@ORサロンの開催日,Aお名前,B所属 組織・部署名,C会員種別(個人正会員,学生会員,賛助会員,非会員)D連絡先住所 ETELまたはFAX番号

 


7研究部会・グループ開催案内

〔意思決定法、サービスサイエンス〕(合同)

 
日 時: 11月12日(木) 18:00〜20:00

場 所: 名城大学 名城大学名駅サテライト
     〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-26-8 名古屋駅前SIAビル13階
     http://www.meijo-u.ac.jp/campus/shisetsu/sate.html

テーマと講師:
(1)「名城大学都市情報学部のサービスサイエンス教育の試み」 大野栄治(名城大学)

(2)「サービス科学のシンセシスと海外投資の経済的評価」 法雲俊栄(愛知産業大学)

問合せ先: 国士舘大学理工学部 大屋 隆生
        Tel.03(5481)3262 E-mail:takaohya◎kokushikan.ac.jp


〔評価のOR〕
・第34回


日 時: 11月21日(土) 13:30〜16:00

場 所: 政策研究大学院大学 1階1A会議室
 (東京都港区六本木7-22-1)
 地図はhttp://www.grips.ac.jpをご覧下さい.

テーマと講師:
(1)「評価基準が2つの場合の公平な配分:「足して二で割る」のDEAゲームによる論考」
 中林 健(防衛省)

(2)「大規模並列計算による野球の戦力評価」 大澤 清(さくらアカデミア(株))


*詳しくはhttp://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/hyoka/をご覧下さい.


〔待ち行列〕
・第216回


日 時: 11月21日(土) 14:00〜17:00

場 所: 東京工業大学 西8号館W809号室

テーマと講師(*は講演者):
(1)「Stochastic Comparisons in Revenue Management Under a Discrete Choice Model of Consumer Behavior」
増田 靖(慶應義塾大学)

(2)「近接作用の原理に基づく自律分散ネットワーク制御の枠組みとその応用」
*会田雅樹(首都大学東京),高野知佐(広島市立大学),村田正幸(大阪大学),今瀬 真(大阪大学)

*詳しくは http://www.orsj.or.jp/queue/をご覧ください.

 
申込及び問合せ先:東京工業大学 加藤憲一
 Tel/Fax.03(5734)3851
 E-mail kkatou@is.titech.ac.jp

 

 


8会合案内

〔第293回新宿OR研究会〕

日 時: 11月17日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「情報化社会における暗号技術の役割」 
神田雅透氏(NTT情報流通プラットホーム研究所)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

〔第294回新宿OR研究会〕

日 時: 平成22年1月19日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「インターネット社会の進展とビジネスイノベーション」
岡本吉晴氏(法政大学 専門職大学院 教授)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 

 


9他学協会案内

他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

・2009年秋季全国研究発表大会(協賛)

主 催: 経営情報学会

日 程: 11月14日(土)〜15日(日)

場 所: 県立広島大学 広島キャンパス
  広島市南区宇品東1-1-71
http://www.pu-hiroshima.ac.jp/05_campus/08_access/index.html

問合せ先: 研究発表大会委員会  E-mail:jasmin2009autumn@gmail.com

*詳しくは、http://www.jasmin.jp/activity/zenkoku_taikai/2009_fall/index.htmlをご覧下さい.


・生産システム部門研究発表講演会2010(協賛)

主 催: (社)日本機械学会

日 程: 平成22年3月15日(月)

場 所: 早稲田大学西早稲田キャンパス(理工キャンパス)
     東京都新宿区大久保3-4-1
     http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html

問合せ先:
 日本機械学会生産システム部門  川島礼二郎
 〒160-0016 東京都新宿区信濃町 35 信濃町煉瓦館5F
 Tel.03(5360)3501 Fax.03(5360)3508
 E-mail:kawashima@jsme.or.jp

 

 

 


10新年会開催案内

会員の皆様お誘いあわせてご参加下さい.皆様の参加をお待ちしております.

日 時: 平成22年1月15日(金)  18:00〜20:00

場 所: アルカディア市ヶ谷
 東京都千代田区九段北4-2-25 Tel.03(3261)9921
 http://www.arcadia-jp.org/

会 費: 6,000円

申 込: 12月18日(金)までにメールにて事務局まで
 E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp

主 催: 日本オペレーションズ・リサーチ学会