入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
トップページへ戻ります

 

No.458  2009年 9月 OR学会だより  目次 
1 第62回シンポジウム
2 平成21年秋季研究発表会
3 第24回企業事例交流会
4 第63回シンポジウム
5 平成22年春季研究発表会
6 平成21年度第1回ORサロンのご案内
7 第21回RAMPシンポジウム
8 研究部会・グループ開催案内
9 会合案内
10 助成案内
11 他学協会案内
12 公募案内


1第62回シンポジウム

日 時: 9月8日(火) 13:00〜17:30 

場 所: 長崎大学 文教キャンパス(総合教育研究棟多目的ホール)

実行委員長: 廣瀬英雄(九州工業大学)

特別テーマ: 「(地球環境を守る)大規模シミュレーション」

プログラム:

13:00〜13:10 「ORにおける大規模シミュレーション 」 廣瀬英雄(九州工業大学)

13:10〜14:10 「宇宙環境の数値シミュレーション 」 草野完也(海洋研究開発機構)

14:10〜15:10「気候変動の数値シミュレーション 」 木本昌秀 (東京大学気候システム研究センター)

15:25〜16:25 「感染症流行シミュレーション 」 大日康史(国立感染症研究所)

16:25〜17:25 「高速SVDアルゴリズムと
その応用 」 岩崎雅史(京都府立大学)、中村佳正(京大)

17:25〜17:30 閉会挨拶

当日申込参加費: 正・賛助会員4,000円,学生会員1,000円,非会員5,000円
 (但し、学生の方は,学生証提示で1,000円)

参加費関連問合せ先: OR学会事務局 Fax.03(3815)3352 E-mail:jimukyoku@orsj.or.jp

シンポジウム関連問合せ先: E-mail:hirose@ces.kyutech.ac.jp

*詳しくは,http://www.orsj.or.jp/nc2009f/sympo.htmlをご覧下さい.

 


2平成21年秋季研究発表会

日 程: 9月9日(水)〜10日(木) 

場 所: 長崎大学 文教キャンパス(総合教育研究棟、工学部1号館、中部講堂)

実行委員長: 丸山幸宏(長崎大学)

特別テーマ: 「環境とOR」

特別講演(参加無料):

・ 吉田博久 (長崎県産業振興財団技術統括)
 「長崎でやれる温暖化防止とOR手法」
・ 河野直哉 (ハウステンボス(株)執行役員パーク事業本部長)
  「ハウステンボス ボタニカルリゾート構想」

当日申込参加費: 正・賛助会員7,000円、学生会員2,000円、非会員10,000円
 (但し、学生の方は、学生証提示で2,000円/件)

登壇料: 非会員のみ、参加費と別途2,000円/件(本学会の許可が必要)

懇親会: 9月9日(水)
  会場: ホテル長崎 http://www.hotel-nagasaki.co.jp/index.html
  会費: 当日申込6,000円
    (発表会場より無料送迎バスがでます)

問合せ先: 秋季研究発表会実行委員会
       E-mail: nc2009f@orsj.or.jp

*詳しくは,http://www.orsj.or.jp/nc2009f/をご覧下さい.尚,今回は見学会を実施いたしませんので
ご了解願います.

 


3第24回企業事例交流会

趣 旨:OR学会企業事例交流会とは,企業のOR実務担当者にOR実施例(問題の発生からさまざまな苦労を経て解決に至る苦労話など)を新規研究の発表という形式ではなく,ORの適用事例という形式で発表していただき,学識者の方,他企業の方と意見交換をしていただく場です.

日 時: 9月9日(水) 15:15〜16:55

場 所: 長崎大学 文教キャンパス


プログラム:
(1)「3時間先電力需要予測手法」 小松秀徳((財)電力中央研究所)

(2)「サービスパーツの需要予測」  武田勝徳(キヤノンITソリューションズ梶j

(3)「ICカードnimocaについて」  飯田浩之(西日本鉄道蟹Cカード事業部)

参加方法:研究発表会のセッションの一部として行ないますので,研究発表会参加の手続きをして下さい.

問合せ先:九州大学 藤田敏之  E-mail: tfujita@en.kyushu-u.ac.jp

 

 


4第63回シンポジウム

日 程: 平成22年3月3日(木) 午後

場 所: 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(秋葉原ダイビル12F)
     (JR 「秋葉原」駅下車徒歩1分)

実行委員長: 室町幸雄(首都大学東京)

テーマ: 「世界金融危機からの復活」

 


5平成22年春季研究発表会

日 程: 平成22年3月4日(木)〜5日(金)

場 所: 首都大学東京 南大沢キャンパス
     (京王相模原線 「南大沢」駅下車徒歩5分)

実行委員長: 中塚利直(首都大学東京)

特別テーマ: 「Next Society−変革の時代の知の創造−」

懇親会: 平成22年3月4日(木)

 


6平成21年度第1回ORサロンのご案内
「レクチャー・シリーズ:サービス・イノベーション」

日 時: 10月8日(木) 午後6:00〜8:50

場 所: スター研究センター3F“Earth”
     千代田区神田駿河台3−7 

講 師: フューチャーアーキテクト 副社長 碓井 誠 氏

コーディネータ: 潟tレームワークス 高井 英造

参加費:
賛助会員: 1名のみ無料、2人目以降は1,000円
個人会員: 1,000円
非会員: 1,000円+事前入会手続
   
参加費は当日会場にてお支払い下さい.
参加人数: 30名程度で締切.ホームページ等でお伝えいたします.

申込み先: (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局
       E-mail:salon@orsj.or.jp Tel.03(3815)3351 Fax.03(3815)3352

* 9月28日(月)までにお申込下さい。(本号に綴込みがあります).

必要事項: @ORサロンの開催日,Aお名前, B所属 組織・部署名,C会員種別(個人正会員、学生会員、
賛助会員、非会員)D連絡先住所 ETELまたはFAX番号

 

 


7第21回RAMPシンポジウム

日 程: 9月24日(木),25日(金)

場 所: くにびきメッセ(島根県松江市)

実行委員長: 黒岩大史(島根大学)

プログラム(*は講演者):
9月24日(木)
9:30〜12:30
セッション:「連続最適化の最近の話題」
オーガナイザー:福島雅夫(京都大学)
 Jie Sun(National University of Singapore)
 山田 功(東京工業大学)
 巽 啓司(大阪大学)
 山下信雄(京都大学)

14:00〜17:00
セッション:「凸解析と最適化理論」
オーガナイザー:高橋 渉(慶應義塾大学)
 高橋 渉(慶應義塾大学)
 小宮英敏(慶應義塾大学)
 飯塚秀明(九州工業大学)
 Jen-Chih Yao(National Sun Yat-sen University)

9月25日(金)
9:30〜12:30
セッション:「伝統を受け継ぐ新世代の組合せ最適化」
オーガナイザー:岡本吉央(東京工業大学)
 福永拓郎(京都大学)
 神山直之(中央大学)
 永野清仁(東京工業大学)

14:00〜17:00
セッション:「研究者による最適化の実際問題の解決」
オーガナイザー:久保幹雄(東京海洋大学)
 杉原厚吉(明治大学)
 Sang Hwa Song(University of Incheon)
 橋本英樹(中央大学)

 

 


8研究部会・グループ開催案内

〔統合オペレーション〕
・第2回

日 時: 9月28日(月) 18:00〜20:00

場 所: 学士会館本館(神田) 303号室

テーマと講師:
「地球温暖化とエネルギー(仮題)」 前田忠昭(東京ガス椛纒\取締役・副社長執行役員)

問合せ先: 轄\造計画研究所 中野一夫
       E-mail:knakano@kke.co.jp Tel.03(5342)1024


〔防衛と安全〕
・第17回

日 時: 9月29日(火) 12:45〜14:15

場 所: 防衛大学校 図書館AVホール

テーマと講師:
「グラフ上の探索問題とその周辺」 菊田健作(兵庫県立大学)

研究会終了後,海上自衛隊横須賀基地にて艦艇見学会(15:00〜17:00)も開催します.

問合せ先: 防衛大学校 宝崎隆祐,小宮 享
       Tel.046(841)3810 (内線:3621,3783)  Fax.046(844)5911
       E-mail:hozaki@nda.ac.jp , komiya@nda.ac.jp


〔ソフトコンピューティングと最適化、数理モデルとその応用〕(合同)
・第3回

日 時: 10月3日(土) 14:30〜17:30

場 所: 福井工業大学福井キャンパス多目的会議室
     (〒910-8505 福井市学園3-6-1 FUT タワー)

テーマと講師:
(1)「生徒エージェントを用いた人工学級シミュレーション」
前田義信(新潟大学大学院自然科学研究科)

(2)「ロボカップサッカーにおいてロボットの限られた動作でのサッカー戦術」
山西輝也(福井工業大学工学部)

問合せ先: 福井工業大学 杉原 一臣
       Tel.0776(29)2565  E-mail: sugihara@fukui-ut.ac.jp

 


9.会合案内

〔第291回新宿OR研究会〕

日 時: 9月15日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「球面の取り扱い」 柳井 浩氏 (元慶應義塾大学 教授)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

〔第292回新宿OR研究会〕

日 時: 10月20日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「楽しいファシリティマネージメント-これからの施設管理の進め方-」 
成田一郎 氏 (大成建設皆M推進部 チームFMコンサルタント )

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 


10助成案内

・平成22年笹川科学研究助成

〔学術研究部門〕

申請区分と研究対象領域:
〔一般科学研究〕人文・社会科学および自然科学(医学を除く)に関する研究

〔海洋・船舶科学研究〕「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶および船舶関連科学」の研究を特に奨励するもので、その成果が海洋・船舶関係に直結する研究

助成金額: 1研究あたり100万円を限度(単年度のみ)

〔実践研究部門〕
研究対象領域: 実践研究とは現場に所属する者またはグループが、所有する資料の調査研究はもとより、現場で抱える諸問題解決のため、あるいは新たな指導方法導入のための事例研究や開発研究等も含めた成果が現場または広くその分野の活性化・発展に貢献することを目的とする研究

助成金額: 1研究あたり50万円を限度(単年度のみ)

受付期間: 10月1日(木)〜10月15日(木)必着

問合せ先: (財)日本科学協会 笹川科学研究助成係
 〒107-0052港区赤坂1-2-2日本財団ビル5F
 Tel.03(6229)5365 Fax.03(6229)5369  E-mail:ssrg-jss@silver.ocn.ne.jp
*募集の詳細は, http://www.jss.or.jp をご覧下さい.


・平成21年度鹿島学術振興財団研究助成

趣旨: 下記分野における国民生活の向上に寄与する研究に対する助成

対象分野:
(1) 都市・居住環境の整備:
都市並びに居住環境の向上,災害・公害の防止,交通・輸送能力の向上
(2) 国土・資源の有効利用:
国土の有効利用と保全,海洋の利用と保全,水資源の確保と有効利用,エネルギー及び資源の有効利用,輸送,貯蔵,廃棄物の処理と再資源化
(3) 文化的遺産・自然環境の保全:
文化的遺産の保全,自然環境の保全

対象研究者:上記分野での研究者または研究グループ

助成金額と期間:
(1) 総額4,500万円(1ヵ年).1件あたりの助成金は,継続期間の分も含めて合計300万円以内とする.
(2) 助成期間は原則として2ヵ年以内.

使途:研究に必要な設備備品費,消耗品費,謝金,旅費,印刷製本費等

推薦者:OR学会会長
*推薦締切は,11月20日(金)ですので,表彰委員会委員長宛に10月16日(金)までにお送り下さい.詳しい募集要項は学会事務局にありますので,お問合せ下さい.


・ICF(財)国際コミュニケーション基金 平成21年度助成・援助募集

対象分野:
(1) 調査研究―情報通信の普及・発展,グローバル化に寄与する調査,研究

(2) 国際会議開催―情報通信の普及・発展に寄与する国際会議

(3) 社会的・文化的諸活動―情報通信を通じて社会や教育等に貢献する各種の活動

助成金額: 1件あたり100万円までとし、10件程度(対象分野による)

受付期間: 10月1日(木)〜10月20日(火) 必着

問合せ先: 〒113-0021 文京区駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス7階
 財団法人国際コミュニケーション基金
 Tel.03(5978)1051 Fax.03(5978)1050
 E-mail:info@icf.or.jp

*詳しくはhttp://www.icf.or.jpをご覧下さい.

 


11他学協会案内

他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

・第22回秋季信頼性シンポジウム(協賛)

主 催: 日本信頼性学会

日 程: 11月20日(金)

場 所: 財団法人日本科学技術連盟 千駄ヶ谷本部ビル
     東京都渋谷区千駄ヶ谷5-10-11

問合せ先: 日本信頼性学会事務局
       〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
       財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル内  
       Tel.03(5378)9853 Fax. 03(5378)1227 E-mail:reaj@juse.or.jp

*詳しくはhttp://reaj.i-juse.co.jpをご覧下さい.

 


12公募案内

・青山学院大学理工学部経営システム工学科

募集人員: 助手または助教4名

専門分野: 経営工学(@経営管理,AIE・生産管理,B数理統計,C組合せ最適化・ゲーム理論の4分野から各1名)

教育担当: 学部生向け経営システム工学の実験・演習科目,計算機実習,卒業研究・修士研究の指導補佐など

応募資格:
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること.
(2) 助手の場合は博士または修士の学位を有するか取得見込みであること.
(3) 助教の場合は博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること.
(4) キリスト教に理解があること.

.着任時期: 平成22年4月1日

任期: 毎年4月1日に,助手は2回を限度に,助教は4回を限度に更新できる.

提出書類:
(1) 自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
(2) 研究業績リスト(著書,学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),特許,外部資金獲得状況,総説および解説,学術講演・研究発表等に分類)
(3) 代表的な学術雑誌論文3編までを添付(別刷またはコピー)
(4) 応募する専門分野(上記の@〜C)および現在までの研究概要ならびに教育・研究に関する抱負(1500字以内)
(5) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法

応募締切: 9月30日(水)消印有効

書類送付先および連絡先: 〒229-8558 神奈川県相模原市淵野辺5-10-1
                  青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 天坂 格郎
                  Tel.042-759-6305(直通) E-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
*封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.
*詳しくは、学科ホームページ http://www.ise.aoyama.ac.jp をご参照下さい.


・鳥取大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻社会経営工学講座

募集人員: 教授1名

専門分野: 公共システムの工学的計画論

担当科目: 大学院ではシステム計画学特論,学部では公共システム論,ゲーム理論,社会基盤計画,その他本講座の専門科目の基礎となる数学関係の科目

応募資格: (1)博士またはPh.Dの学位を有し,大学院博士後期課程を担当できること,(2)上記の専門分野で十分な研究実績を持ち,人口減少社会における生活交通サービスの設計や地域資源の活用に関する計画論の構築とその技術開発を推進し,定住・生活の観点に基づいた持続的社会システム論という学術領域の創出に積極的に取り組む意欲と能力を有すること,(3)産官との社会連携プロジェクト等を積極的に展開できる能力と熱意を有すること.

着任時期: 平成22年4月1日

提出書類: (1)履歴書,(2)教育歴,(3)研究歴,(4)その他の活動歴,(5)着任後の抱負,(6)研究業績リスト,(7)所見を伺える方の照会先(2名)または推薦状(2通),(8)主要な査読付学術論文の別刷り(コピ−可):5編

※公募の詳細及び提出書類の様式は,必ず以下の鳥取大学ホームページを参照して下さい.
http://akebia.jim.tottori-u.ac.jp/info/koubo.html

応募締切: 10月2日(金)必着

書類送付先及び問合せ先: 〒680-8552 鳥取市湖山町南4丁目101
                  鳥取大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻
                  社会経営工学コース長 福山 敬
                  Tel.0857(31)5312 Fax.0857(31)0882
                  E-mail:fukuyama@sse.tottori-u.ac.jp

*封筒表面に「教員(社会経営)応募書類在中」と朱書し,簡易書留郵便又は宅配便にて送付のこと.