社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
タイトルイメージ
HOME  > 研究活動案内 >  研究部会
2014年度 研究部会・グループ 一覧  (2014年3月~2015年2月)

※問合せ先メールアドレスの◎は半角@に置き換えてください

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 最適化の理論と応用
2. 数理的手法の展開と応用
3. サービス・イノベーションへの数理的アプローチ
4. 大規模インフラストラクチャーのOR 
5. 食べものとOR

6. 不確実性システムにおける意思決定 
7. 複雑系とOR
8. ORにおけるゲーム理論
9. OR普及のためのモティベーション教育
10. 安全・安心・強靭な社会とOR

11. 確率モデルとその応用
12. 公共的社会システムとOR
13. 信頼性
14. ビッグデータとマーケティング分析
15. リーンマネジメントシステム

研究グループ

1. 都市と地域のOR

常設研究部会

待ち行列  http://www.orsj.or.jp/queue/

主査 三好直人 (東京工業大学)
幹事 井家 敦 (神奈川工科大学)

待ち行列を初めとした確率システムの理論解析やその通信システム等への応用に関する最新のトピック(毎回2件ずつ)をその専門家に報告してもらい,議論・意見の交換を行っている.
ページトップへ戻る

数理計画  (RAMP)  http://www.orsj.or.jp/ramp/index.html

主査 松井知己 (東京工業大学)
幹事 清見 礼 (横浜市立大学)

数理計画法の理論,アルゴリズム,および,応用に関して幅広い研究の推進.主な研究活動はRAMPシンポジウムの開催.
ページトップへ戻る

評価のOR  http://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/hyoka/

主査 関谷和之 (静岡大学)
幹事 筒井美樹 (電力中央研究所) 

データや情報が自由に流通する情報化社会では,あらゆる場面で,OR手法に基づく評価,すなわち,「評価のOR」が活躍する機会がこれまで以上に増える.具体的には,DEA,AHP,多変量データ解析,ゲーム理論等の理論と応用に関する研究を行う.
ページトップへ戻る

意思決定法

主査 田地宏一 (名古屋大学)
幹事 西澤一友 (日本大学)

2年に1回のシンポジウム(JSAHP)と研究会(シンポジウム実施年は1~2回,非実施年は3~5回程度開催予定)により,AHPを中心として効用理論,ゲームの理論など意思決定法に関する研究を行ないます.
ページトップへ戻る

サプライチェーン戦略  http://scsr.jp/

主査 米沢 隆 (日本アイ・ビー・エム(株))
幹事 草刈君子 

サプライチェーンを中心として経営組織全体と組織間にまたがる諸問題をOR的思考の適用を通して解決するため の新しいアプローチを研究するものです.このような分野に関心のある,研究者,コンサルタント,システムベンダー,ユーザー(製造業、物流業、流通業)の方々をメンバーとして,専門,企業,学界,世代を横断するコラボレーションを志すオープンな研究会を目標としたいと考えています.
ページトップへ戻る

研究部会

最適化の理論と応用  http://www.misojiro.t.u-tokyo.ac.jp/~y-koba/SOTA

主査 牧野和久(京都大学)
幹事 小林佑輔 (東京大学)

オペレーションズ・リサーチの基礎をなす「最適化」の最先端の理論と多様な分野における応用の両面について,世界的に著名な研究者による講演(各回2件程度)などをベースに議論していく.
ページトップへ戻る

数理的手法の展開と応用  http://www10.atwiki.jp/mathmethod/

主査 金子宏之 (小松短期大学)
幹事 武市祥司 (金沢工業大学)

本研究部会は,1991年以来7期にわたって北陸地区で運営されてきた研究部会を引き継ぐものであり, 同地区における数理的手法をはじめとするオペレーションズ・リサーチ関連分野の研究促進を図ることを目的とする.
ページトップへ戻る

サービス・イノベーションへの数理的アプローチ

主査 高木英明 (筑波大学)
幹事 雑賀憲彦 (名城大学)

サービス産業の技術革新に向けて,生産性と質の向上,および新しいビジネス・モデルの創出に資する数理科学的側面からの基礎及び応用研究を行うとともに,これを広く社会に普及する.
ページトップへ戻る

大規模インフラストラクチャーのOR 

主査 三浦英俊 (南山大学)
幹事 鳥海重喜 (中央大学)

大規模で多国間にまたがるような巨大インフラストラクチャーの計画と運用に関わる諸問題にORの視点から取り組む.
ページトップへ戻る

食べものとOR

主査 石井博昭 (関西学院大学)
幹事 関 宏理 (関西学院大学)

食糧問題,農業問題,献立の問題,さらには医食同源であることからHealth careの問題等を解決しようとするものである.ORばかりでなく様々な分野での研究を紹介するとともに何か提言を行うことを目指している.
ページトップへ戻る
不確実性システムにおける意思決定  http://koide.ii-konan.jp/or/

主査 木庭 淳 (兵庫県立大学)
幹事 小出 武 (甲南大学)

本研究部会は,関西地区において永年にわたり脈々と引き継がれてきた研究活動の流れを汲むものです.様々な不確実性が伴う環境での意思決定に関連する研究情報を紹介・収集・交換する場を提供します.
ページトップへ戻る

複雑系とOR

主査 木下正博 (北海道科学大学)
幹事 西川孝二 (北海道科学大学)

複雑系はОRの様々な分野と密接な関係をもつ.本研究部会では,複雑系とОRの問題を分類・整理した上で,両分野にまたがる研究者にその分野のチュートリアル研究から最先端研究について講演をいただく.
ページトップへ戻る

ORにおけるゲーム理論

主査 渡辺隆裕 (首都大学東京)
幹事 梅澤正史 (東京理科大学)

ORにおけるゲーム理論に関する最新の研究に対し,テーマを決めて講演者を招き,発表及び討論を行う(年5回程度).このような通常のセミナー形式の会合の他に,ゲーム理論とORの現状についてインフォーマルに話し合ったり,他分野でゲーム理論に関連する問題を抱えている研究者から話を聞き新しいテーマを見つけたりするワークショップも開催したい,と考えている.
ページトップへ戻る

OR普及のためのモティベーション教育

主査 大堀隆文 (北海道科学大学)
幹事 加地太一 (小樽商科大学)

ОRに興味を持ってもらうための様々な仕掛けについて研究する.例えば,定式化や解法が難しくても例題が面白く楽しいものであれば,ОRに対するモティベーションも上がり学ぶ意欲がでるかもしれない.
ページトップへ戻る

安全・安心・強靭な社会とOR

主査 神藤 猛 (千葉大学) 
幹事 横谷大輔 (航空自衛隊)

今日,安全・安心の要請と相俟って, 大規模災害からサイバー攻撃、感染症に至る多様なインシデントを防ぐ強靭な社会が求められています.本部会は、この分野のOR研究を推進し,広く普及します.

ページトップへ戻る

確率モデルとその応用

主査 穴太克則 (芝浦工業大学)
幹事 吉良知文 (九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
幹事 堀口正之 (神奈川大学)

確率モデルはもちろん,最適停止問題,ファジィ理論、決定理論、統計解析などの研究を,ベルマンスピリットのもと,経営,経済,工学,ファイナンス,スポーツ等への応用とともに取り組んで参ります.
ページトップへ戻る

公共的社会システムとOR

主査 諸星穂積 (政策研究大学院大学)
幹事 田中健一 (慶應義塾大学 )

ORの理論と手法を,公共諸部門における様々な社会システムに対して応用する可能性を探る.また,研究者と実務に携わる人々の活発な情報交換の場となることを目指し,学際的に開かれた研究を目指す.
ページトップへ戻る

信頼性  http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/xiao/socialactivity/index.html

主査 土肥 正 (広島大学)
幹事 肖 霄 (首都大学東京)

数理モデルや故障統計などの基礎理論から, 計算機・ネットワークシステムに代表される基盤インフラの信頼性評価に関する応用まで, 先端的研究成果に関する幅広い情報交換の場を提供することを目指す.
ページトップへ戻る

ビッグデータとマーケティング分析 http://www.yokoyamalab.org/societies/bma/index.html

主査 鈴木秀男 (慶應義塾大学)
幹事 高野祐一 (専修大学)
幹事 横山 暁 (帝京大学)

ビッグデータとマーケティング分析に関する分析の動向の調査,それらの環境を踏まえた情報技術、データ解析およびマーケティングを統合した方法論やフレームワークに関する研究,分析事例について発表・議論していく.産学の専門家による講演会とデータ解析コンペティションの開催により参加者の交流を図る.
ページトップへ戻る

リーンマネジメントシステム

主査 中島健一 (神奈川大学)
幹事 蓮池 隆 (大阪大学)

環境やヒトに優しいリーン(無駄のない)な経営システムの構築に向け,多様な観点からシステムを俯瞰的にとらえ, OR的アプローチを駆使して, 次世代におけるリーンマネジメントシステムの提案を試みる.
ページトップへ戻る

研究グループ

都市と地域のOR 

主査 大澤義明 (筑波大学)
幹事 石井儀光 ((独)建築研究所)

OR手法を通して都市や地域の現象に関する諸問題に取り組んでいる研究者や学生を対象に,発表の機会や議論の場を提供することを目的としています.公開セミナーやワークショップ等を通じて成果の発表を行います.
ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。