社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 研究活動案内 >  部会報告
2012年度 研究部会・グループ 部会報告 (2012年3月~2013年2月)

常設部会

1. 待ち行列
2. 数理計画(RAMP)
3. 評価のOR
4. 意思決定法
5. サプライチェーン戦略

研究部会

1. 持続可能社会のためのインフラストラクチャー戦略
2. 確率最適化モデルとその応用
3. サービスサイエンス
4. サービス産業における最適化と意思決定
5. 食料・農業・環境における意思決定
6. 先端マーケティング分析
7. 不確実性環境下での意思決定科学
8. 最適化の理論と応用
9. 数理的手法の展開と応用
10. 政治と社会と行政のOR
11. OR横断若手の会 (KSMAP)
12. 防衛と安全

研究グループ

1. 都市と地域のOR
 〔食料・農業・環境における意思決定〕 
部会URL http://syseng2.agr.u-ryukyu.ac.jp/~Decision_Agr/

「食料・農業・環境における意思決定」研究部会  第9回研究会
「サービス産業における最適化と意思決定」研究部会 第10回研究会
合同研究会 開催報告

日 時 2013年1月25日(金)13:00 ~15:40
場 所 琉球大学農学部201教室
出席者 8名
テーマ
講師
概要

(1) 「献立計画問題の新展開ー献立間の多様性や類似度を考慮した問題への拡張と分布推定アルゴリズムによる最適化 ー」
折登由希子 (広島大学大学院社会科学研究科)
献立計画問題は従来,主にLP問題として定式化されてきた.本研究では献立計画に時間に依存した献立間の類似度や多様性等を測定する設計変数を導入し,計算複雑性のある問題としてモデル化がなされた.この問題に対して進化計算の一手法である分布推定アルゴリズムを適用し最適解(最適献立計画)の探索法が示された.

 

(2) 「輪作計画の数理的アプローチについて」
伊藤健 (東北大学大学院経済学研究科),石井博昭(関西学院大学理工学部)
農地でどのような作物を栽培するか決定するために,LPとして定式化される作付計画問題を考えることがあるが,基本的にこのような問題は単一栽培期を前提としいる.本研究では,複数年に渡る営農者の利益を考慮し,連作障害による収量変化をモデルに反映した輪作計画の数理的アプローチについて議論がなされた.

第8回
日 時 2012年10月25日(木)14:40 ~16:00
場 所 東北大学 経済学研究科第21演習室(総合研究棟10階)
出席者 20名
テーマ
講師
概要

「これからの農業を考える -農業への情報技術の活用-」
鹿内健志 (琉球大学農学部)
各種センサーを用い圃場情報や農作業者の行動を記録し,農作業データのデータベースを構築し,生産者レベルにおける圃場情報を基にした農作業の最適化を行う「精密農業」について,その利用技術の紹介があった。また,沖縄のサトウキビ生産での農作業情報集積や農作業データベースについて解説し,沖縄の精密農業について解説し,情報技術を活用した精密農業のこれからの課題と展開について議論した。圃場情報から農作業の意思決定を支援するモデルの構築や実用上の課題について活発な議論があった。

第7回
日 時 2012年10月7日(日) 10:00~12:30
場 所 広島大学 東広島キャンパス 経済学部棟1F 中会議室
出席者 14名
テーマ
講師
概要

(1) 「不確実・不確定状況下での農作物サプライチェーンにおける生産量・在庫量最適化」 
蓮池 隆 (大阪大学大学院情報科学研究科 助教)
農作物の生育・生産量管理が高度になってきているとはいえ,近年の異常気象や気候変動により,その生産量には不確実・不確定要因が多く残る。また,消費者の食に対する安全への意識から,産地や品種などにより,消費者の需要が大きく変化し,小売店は需要を適切に満たす必要がある。このような状況をふまえ,生産者・小売店・消費者の間にWin-Winの関係が築けるような,生産量・在庫量の最適化を数理的に提案した。実際問題へ適用する際の問題点について活発な議論が行われた。

 

(2) 「検査機器による計測データを用いた異常検出とその応用」 
加藤浩介 (広島工業大学情報学部情報工学科 准教授)
産学が連携して開発した非接触検査機器について紹介され,検出方法の原理,アルゴリズムが説明された。適用事例して,液晶パネル検査装置での利用を取り上げ,TFT液晶の欠陥検出の計測データでの活用方法が解説された。また,計測データにノイズが含まれる状況における異常検出について説明され,現状の課題や解決方法について活発な議論がなされた。

第6回
日 時 2012年8月18日(土) 14:00~17:30
場 所 広島経済大学 立町キャンパス 131教室
出席者 20名
テーマ
講師
概要

(1) 「進化するビジネスアナリティクス」 
中川慶一郎 (㈱NTTデータ 技術開発本部)
情報通信,インターネットの発達にともなって構造化されていない莫大な量のデータ(ビッグデータ)の蓄積が可能となっている。現在,これを有効活用するビジネスアナリティクス(BA)に関心が集まっている。ヒトやモノの動きを捕捉するセンサ・データを活用したBAがどのように発展してビジネスに変化をもたらしたのか事例を挙げ説明された。また発展し続けるデータ分析・データ基盤の技術動向について解説があり,生育状態や環境の情報をセンサから収集・分析して最適な制御を目指すスマートアグリについての農業分野での事例報告があった。ビッグデータを活用したビジネスの展開についてシステム工学的および経営工学的な議論が行われた。

 

(2) 「農家の意思決定のための情報技術の活用」 
鹿内健志 (琉球大学農学部)
沖縄のサトウキビ生産での農作業情報の収集や農作業データベースの事例について紹介し,農業における情報技術の活用について概説した。農家の高齢化は,これらの経験者が有する営農の知識・技能が消え,高度な農業技術が次世代へ円滑に継承されない恐れがある。農作業の知識・技能を継承するために,各種センサーを用い圃場情報や農作業者の行動を記録し,農業経営における暗黙知を継承する必要がある。専門知識の体系的な整理と生産性の向上について活発な議論が行われた。

ページトップへ戻る
 〔サービス産業における最適化と意思決定〕 
部会URL http://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/~hasuike/or_service.html
第11回
日 時 2013年2月22日(金)14:00 ~16:00
場 所 金沢学院大学サテライト教室(石川県金沢市南町3番1号 南町中央ビル6階)
出席者 9名
テーマ
講師
概要

(1) 「環境を配慮したサービス提供 のための支援活動」
春名 亮 (金沢学院大学経営情報学部)
これまでの大量生産・大量消費・大量廃棄型の経済社会から,持続的に発展可能な経済社会へと変遷している過程において,北陸におけるいくつかのサービス産業が循環型社会における法制度の下で環境を配慮したサービス提供活動に取り組んでいる事例を紹介し,さらに今後の展開可能性などについても議論した.

 

(2) 「行動科学とスポーツマネジメント」
山脇あゆみ (金沢学院大学スポーツ健康学部)
幼少期に発達すると言われる自己制御機能が,非日常的環境においてどのように変化するか,その可能性を探るとともに,スポーツ方面での自己主張、自己抑制の機能について報告した.自己制御機能が人間の行動にどのような影響を及ぼすのか,また,今後スポーツサービス産業の可能性についても議論した.

「サービス産業における最適化と意思決定」研究部会  第10回研究会
「食料・農業・環境における意思決定」研究部会 第9回研究会
合同研究会 開催報告

日 時 2013年1月25日(金)13:00 ~15:40
場 所 琉球大学農学部201教室
出席者 8名
テーマ
講師
概要

(1) 「献立計画問題の新展開ー献立間の多様性や類似度を考慮した問題への拡張と分布推定アルゴリズムによる最適化ー」
折登由希子 (広島大学大学院社会科学研究科)
献立計画問題は従来,主にLP問題として定式化されてきた.本研究では献立計画に時間に依存した献立間の類似度や多様性等を測定する設計変数を導入し,計算複雑性のある問題としてモデル化がなされた.この問題に対して進化計算の一手法である分布推定アルゴリズムを適用し最適解(最適献立計画)の探索法が示された.

 

(2) 「輪作計画の数理的アプローチについて」
伊藤健 (東北大学大学院経済学研究科),石井博昭(関西学院大学理工学部)
農地でどのような作物を栽培するか決定するために,LPとして定式化される作付計画問題を考えることがあるが,基本的にこのような問題は単一栽培期を前提としいる.本研究では,複数年に渡る営農者の利益を考慮し,連作障害による収量変化をモデルに反映した輪作計画の数理的アプローチについて議論がなされた.

第9回
日 時 2012年12月7日(火)16:00~17:00
場 所 高知大学人文学部総合研究棟
出席者 11名
テーマ
講師
概要
「管理者と実務者グループの情報交換による意思決定支援」
円谷友英 (高知大学准教授)
グループ意思決定において,情報を提供する役割(実務者グループ)と情報を集約する役割(管理者)がある場合を想定して,両者の納得性を高めるため,彼らの情報交換を区間AHPでの代替案に関する一対比較行列と区間ウェイトとの関係を応用して円滑化する方法が提案された.
第8回
日 時 2012年11月13日(火)15:00~16:00
場 所 東北大学大学院経済学研究科 4階 大会議室
出席者 20名
テーマ
講師
概要
「地域の情報サービス企業におけるシステム開発事例」
木皿正志 (東北オータス㈱ 代表取締役)
地域の情報サービス会社の現状や抱える課題について,講演者が経営する会社を題材として報告がなされたが,このような地域に根差した会社の多くは中小企業であり,必ずしも経営者が経営に関して体系だった教育を受けていないこともあり,ORの存在自体が知られていないこともあるため.ORの普及活動が情報サービス会社をはじめ,多くの中小企業支援につながると主張された.
第7回 (経営システム学会「サービスサイエンスによる地域活性化と経営システム」研究部会第3回研究集会, 「情報社会と経営システム」研究部会第1回研究集会 との共催)
日 時 2012年11月5日(月)10:00~15:00
場 所 小樽商科大学1号館 3階B会議室
出席者 8名
テーマ
講師
概要
(1) 「サプライチェーンにおけるイノベーション」
中島健一 (神奈川大学・教授)
リードタイムが長く,上位レベルと下位レベルの情報共有度が少ないため,内示後のキャンセルがあるような状況下での在庫問題に対し,カンバン方式などを用いた数理モデリング手法の提案および実例の紹介がなされた.

 

(2) 「Emergence of cooperation and patterns of move-play in Demographic Donor-Recipient Game」
行方常幸 (小樽商科大学・教授)
Demographic Gameに対して,playerが確率的に動き,かつ確率的にゲームの相手を選択できるような状況へ拡張を行い,Donor-Recipient Gameの考え方を利用した解析・シミュレーションがなされ,結果として協調効果があったことが示された.

 

(3) 「クラウドコンピュータと最適化」
毛利進太郎 (神戸学院大学・准教授)
クラウドコンピューティングの急速な普及が進み,計算環境に対し大きな設備投資が必要だったものが,費用に応じた計算能力を得ることが可能になってきている.本講演ではそのようなクラウドを利用した計算環境下でのメタヒューリスティックによる最適化計算について概説がなされた.

第6回
日 時 2012年8月29日(水)9:00~10:30
場 所 松本大学5号館 535教室
出席者 25名
テーマ
講師
概要
(1) "An Optimal Inventory Control Policy based on A Stochastic Diffusion Model "
田中正敏 (松本大学)
本講演では,先導企業と追随企業の2種類からなるのBassモデルを在庫理論へ適用したモデルを,時系列モデルに拡張した確率過程を用いた伝播モデルを提案された.またこの提案モデルに対し,期待値や標準偏差の指標も取り入れた解析的評価が行われた.

 

(2) "Development of a Genetic Algorithm with 2 Kinds of Idle Time Shortening Method on JSP and Its Numerical Experiment"
椎原正次 (大阪工業大学)
本講演では,ジョブショップ・スケジューリング問題に対して,2種類の遊休時間短縮アルゴリズムを持つ遺伝的プログラミングの説明がなされ,実例を用いることで,いくつかのぎ既存手法よりも高い性能が得られることが示された.

 

(3) "An Consensus Formation based on scenarios"
石井博昭 (関西学院大学)
本講演では,候補者間の総合順位づけを行うために,まず既存のCookらによる距離測度を拡張した手法により候補者の暫定的な順位付けを行い,そこから候補者の評価方法が変化した場合をシナリオとして扱った上で,最終的な総合順位を決定する解析的手法が提案された.

ページトップへ戻る
 〔政治と社会と行政のOR〕 
第19回
日 時 2013年 1月28日(月)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室F
出席者 11名
テーマ
講師
概要

(1) 「需要の平準化のための動的価格決定モデルについて」
佐藤公俊 (早稲田大学)
ガスや電力など需要にピークが発生する商品に対して,リアルタイムの需給情報をもとに価格を調整することで需要の平準化をおこなうモデルが提案された.電力需要データを用いて固定価格販売との比較結果を示された.さらに,小売り部門における需要の平準化が生産部門における原材料の在庫管理政策に与える影響についても紹介された.

 

(2 )「電気自動車の社会的普及に向けたEVステーションの整備・運用方策に関する数理的研究」
本間裕大 (早稲田大学)
電気自動車(EV)の社会的普及に向けたEVステーションの整備・運用方策についての数理的分析が紹介された.EVの本格的普及のためには,車載バッテリーを充電(または交換)するEVステーションの整備が必要である.適切な整備・運用方策を模索するための,各EVステーションの安定運用に関する分析,および複数EVステーションの連携的整備に関する分析について報告された.

第18回
日 時 2012年 12月17日(月)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室A
出席者 14名
テーマ
講師
概要
(1) 「医療サービスマネージメントでのORの利用」
鵜飼孝盛 (筑波大学)
病院内外の患者の動きに関する研究が紹介された.筑波大学病院における入院患者を決定していく現状について報告があり,患者および医療スタッフの満足度に着目した入院待ち患者に空き病床を割り当てるモデルが提案された.さらに,地域医療を取り巻く現状と,地域基幹病院を中心とする外来患者の受診行動の分析について議論された.

 

(2) 「スマータープラネットへの展望と大規模交通シミュレーション」
水田秀行 (日本IBM東京基礎研究所)
スマータープラネットというビジョンでは,大規模な数理解析技術を用いて,持続可能で安心安全な社会構築を支援している.不確実性の大きい人間社会において,さまざまな施策を検討するためのツールのひとつであるエージェントシミュレーションが取り上げられ,大規模エージェントシミュレーション基盤とその上に構築された都市交通シミュレーションについての成果が紹介された.

第17回
日 時 2012年11月14日(水)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室F
出席者 8名
テーマ
講師
概要

(1) 「高密度住宅地における太陽光発電普及施策」
小林隆史 (東京工業大学大学院)
固定価格買取制度が始まり太陽光発電の一層の普及が進んでいる.しかし,中高層建物が周囲に建設される可能性の大きい高密度住宅地では,導入にあたり発電量が減少するリスクがある.この点に着目した数理モデルが示され,建築物の高さなどがリスクに与える影響が分析された.さらに,リスクを減少させる建築空間的な制度についての議論が行われた.

 

(2) 「地域への省エネルギー住設機器の普及に関する傾向分析」
吉田 肇 (横浜市)
自然エネルギーの活用や省エネ住宅の普及は,増大する家庭部門の温室効果ガス排出量の削減に有効な手段である.主要な省エネルギー住設機器について,地域への普及度の現状が示され,基本的な地域指標との照合により傾向分析や導入効果の検証がなされた.また,国や地方自治体による普及施策についての議論が行われた.

第16回
日 時 2012年9月10日(月)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室A
出席者 11名
テーマ
講師
概要

(1) 「International Comparative Analysis on Indonesian Energy Consumption and Carbon Dioxide Emission」
Moh Makhfal Nasirudin (政策研究大学院大学)
インドネシアにおけるエネルギー利用状況の経年変化とそれに伴うCO2排出に関する統計的な分析結果が示された.複数の評価尺度を用いて,東南アジアをはじめとする様々な国との比較がなされた.また,傾向の似た国のグルーピングが示されグループ間の特徴比較が行われた.

 

(2) 「スマートグリッド開発に関する最近の動向」
森野 仁夫 (清水建設㈱)
スマートグリッドとは,情報通信技術の活用により,太陽光発電などの分散型電源や需要家のエネルギー利用を統合制御する,高効率・高品質の分散型電力供給システムの呼称である.スマートグリッド開発に関する最近の動向について,清水建設の開発事例が紹介された.

第15回
日 時 2012年7月4日(木)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室B
出席者 10名
テーマ
講師
概要

(1) 「二院制ゲームによる連立与党の安定性分析」
福田 恵美子 (防衛大学校)
二院制における各党の力関係を分析するための枠組みとして二院制ゲームが導入され,提携構造を考慮した投票力指数を用いて,連立与党の安定性分析が行われた.また,日本における2011年の連立の安定性に適用した事例が示された.

 

(2)「1人1票から Majority Judgment へ」
山本 芳嗣 (筑波大学)
M. Balinski, R. Laraki (2010) で提案されている Majority Judgment の理論的側面について詳しく解説された.また,フランス大統領選挙での実施例が紹介され,適用可能性や拡張などに関する議論がなされた.

第14回
日 時 2012年5月24日(木)15:00~18:15
場 所 政策研究大学院大学 4階 研究会室B
出席者 24名
テーマ
講師
概要

(1) 「船舶スケジューリングにおける混合整数計画問題とその解法」
小林和博 (海上技術安全研究所)
船舶スケジューリングは,海上物流において数理計画が威力を発揮する分野である.その中で特に,日本国内の不定期船のスケジューリング,および国際的な定期コンテナ船のスケジューリングの問題が取り上げられ,それぞれの数理モデルとその解法が紹介された.

 

(2)「鉄道ネットワークにおける最適化」
池上敦子 (成蹊大学)
鉄道運賃は,可能経路の中で最も安い運賃の経路を利用したものとして計算される.最適経路探索となるこの問題に対し,1社内の運賃計算と複数社にまたがる運賃計算のアルゴリズムが紹介された.アルゴリズムはそれまでの計算時間を大幅に短縮し最適である保証を与えており,全国の運賃計算に利用されたことが紹介された.

ページトップへ戻る
 〔確率最適化モデルとその応用〕 
部会URL http://www.math-phys.kanagawa-u.ac.jp/~horiguchi/ORDP.html
第11回
日 時 2012年 12月22日(土) 14:30~17:30
場 所 芝浦工業大学 SIT総合研究所 佃イノベーションスクエア リバーシティM-SQUARE7階大会議室 (東京都中央区佃2-1-6)
出席者 12名
テーマ
講師*発表者
概要

(1) 「二院制ゲームを導入した戦略形提携形成ゲームによる連立与党の安定性分析」
福田 恵美子 (防衛大)
本研究では,二院制における各党の力関係を分析するための枠組みとして二院制ゲームを定義し,投票力指数と戦略形提携形成ゲームを用いて日本の連立与党の安定性を分析した.先行研究での1993年当時の事例分析との比較,およびねじれ状況での分析を実施し,二院制ゲームの有用性を考察した.

 

(2) 「利得関数が整凹関数である有限対称ゲームにおける純粋戦略均衡の存在」
渡辺隆裕 (首都大)
本講演では,1次元の整数区間が戦略集合であるような対称有限n人ゲームにおいて,利得関数が整凹関数であるならば純粋戦略均衡が存在する事を示し,その均衡では,各プレイヤーの戦略が高々1しか違わないことを示した.発表では,整凹関数の定義や離散不動点定理との関連も議論された.

 

(3) 「The expected total cost criterion for Markov Decision Processes under constraints: a convex analytic approach」
Francois Dufour (INRIA Bordeaux Sud-Quest)、Masayuki HORIGUCHI (神奈川大)、*Alexey Piunovskiy (University of Liverpool, JSPS招へい, 神奈川大研究員)
マルコフ決定過程におけるコスト最小化評価基準での制約条件付き問題について、割引有りや平均時間での評価に関する従来知られている解決方法ではそのままの解析が困難とされる割引なし総期待コスト最小化問題について、凸解析による問題の定式化と解析手法および最適停止問題の具体例について紹介した。

第10回 (第8回DP研究会合同開催 「DP部会合同シンポジウム2012」)
日 時 2012年 10月19日(金)午後~20日(土)午前
場 所 芝浦工業大学 SIT総合研究所佃イノベーションスクエア リバーシティM-SQUARE7階大会議室 (東京都中央区佃2-1-6)
出席者 19名
テーマ
講師*発表者
概要

(1) 「双対性をもつ非加法的な測度について」
*侯平軍 (千葉大院理)、布和額尓敦 (千葉大院理)、影山正幸 (名古屋市立大院)
非加法的な不確実現象に対する測度に関して、Capacity理論やファジィ集合理論などはよく知られている。しかし、これらの理論にはある事象と余事象の測度の和が1であるという自己双対性が含まれていない。本発表では、自己双対性をもつ非加法的測度理論をもとにして、可信性過程とハイブリッド過程を紹介した。

 

(2) 「Dynamic programming algorithm for lot-sizing model」
Ping ZHAN (江戸川大)
lot-sizingモデルにアウトソーシング変数を取り入れた問題に対して、最適解の構造を解明しそれに基づくO(n^4)のDPアルゴリズムを提案した。さらに、C言語プログラムによる計算実験結果を示し、O(n^4)の貪欲法との比較、混合整数計画
lot-sizing問題の線形再定式化の試みも示した。

 

(3) 「均衡流による交通変動予測」
宝崎隆祐 (防衛大)
交通量が多くなれば渋滞等により道路における車両の通過時間は一般的に増加するため、道路交通ネットワークはフローによって性質の変化する動的ネットワークと言える。この発表では、ナッシュ均衡の性質をもつ均衡流の考え方を用い、動的ネットワークである道路での交通変動の予測法を提案している。

 

(4) 「協力ゲームのシャプレー値の変形」
菊田健作 (兵庫県立大)
シャプレー値は特性関数型協力ゲームの解の概念の一つである。それは特性関数が当然満足すべきであると考えられる公理系によって特徴づけられる。この公理系のうち加法性および有効性と呼ばれる公理を変えることによりシャプレー値と異なる新しい値を導出することを試みた。またゲーム理論の他分野との関連を述べた。

 

(5) 「Primal-dual inequalities: an application of conjugate function」
*岩本誠一 (九州大学名誉教授)、木村寛 (秋田県立大)、藤田敏治 (九工大院)
動的最適化に共役関数を適用する。さらに、共役関数と最大変換と準線形化の相互関係を解明することについて講演した。

 

(6) 「先行順序や合流がある災害復旧スケジュールの最適化」
*吉良知文 (中央大研究開発機構, JST CREST), 岩根秀直 ((株)富士通研究所)
昨年、顧客の先行順序と車両の合流を考慮した配送計画問題に対処すべく、「扱い易い異なる探索空間を用意し、そこから本来の実行可能領域への写像を定義する」方法に基づいた効果的な局所探索法を提案した。この成果を災害復旧スケジュールの迅速な作成に適用するために、アルゴリズムをさらに改良し結果を報告した。

 

(7) 「相互依存型決定過程 - n過程モデル -」
藤田敏治 (九工大院)
複数の決定過程が、その利得関数を通して互いに依存する問題を相互依存型決定過程とよぶ。各決定過程問題の利得関数は、他の決定過程問題の最適値の関数として定まる。本報告では、加法型に加え結合型の目的関数をもつ問題に対して、動的計画法による再帰式を示した。

 

(8) 「The Monument of Dynamic Programming - 岩本誠一先生 研究の軌跡 -」
藤田敏治 (九工大院)
岩本誠一先生が長年の研究生活の中で積み上げてこられた膨大な手稿をスキャンし電子ファイル化したものについて紹介した。

 

(9) 「Bellman's Allocation Process --- Conjugate Dual ---」
岩本誠一 (九州大学名誉教授)
共役双対の概念を用いて、R.ベルマン"DP" 第1章「多段配分過程」の双対過程を導き、両過程の最適解を求める。さらに、動的双対(dynamic dual)を導入する。これらについて講演を行った。

第9回
日 時 2012年 9月14日(金) 10:00~16:00
場 所 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科 アセンブリホール2階セミナー室
(名古屋市千種区北千種2丁目1番10号)
出席者 8名
テーマ
講師
概要

(1) "Bayesian approach to a location problem"
堀口正之 (神奈川大学)
有界閉区間上での関数値の特定問題について、未知パラメータを含む場合のベイズ的な推定手法について紹介した。単峰関数に関する確定的な場合の探索手法や未知パラメータを含む場合にそれぞれ区分的に一様な分布によって表される事前・事後解析の方法を数値例も交えて示した。

 

(2) 「ドモアブルの確率問題とフィボナッチ数列の拡張」
安田正實 (千葉大学名誉教授)
ド・モアブル「偶然性の原理」第74問では、連の確率(avoid patterns)を求める。これを論じたHavilの本には間違いがあり、厳密な値はフィボナッチ数列の拡張(トリボナッチ数列)で表される。現代の数式処理から容易に求まるが、その積率母関数はオイラーの回帰級数から意味付けも明確となる。

第8回
日 時 2012年 7月14日(土) 14:00~17:00
場 所 芝浦工業大学 SIT総合研究所 佃イノベーションスクエア リバーシティM-SQUARE  7階大会議室 (東京都中央区佃2-1-6)
出席者 11名
テーマ
講師
概要

(1) 「The joy of egg-dropping and dynamic programming」
吉良知文 (中央大学, JST CREST), 神山直之 (九州大学, JST CREST)
本発表では、M. Sniedovich(2003)が動的計画法を学ぶ良き教材として紹介したクラシックパズル(落下試験における試行回数最小化)を取り上げ、二分探索や逆問題からのアプローチなど再帰式の解法をより深く考察した。動的計画法では再帰式の導出だけでなく再帰式をいかに解くかも重要な要素である。

 

(2) 「動的資産配分のためのカーネル法を利用した非線形制御ポリシー」
高野祐一 (東京工業大学 大学院 社会理工学研究科 経営工学専攻)
本発表では、投資対象資産の過去の収益の非線形関数(非線形制御ポリシー)によってリバランスを行う多期間ポートフォリオ最適化モデルを定式化し、カーネル法を利用した解法を提案した。計算実験では、先行研究の手法と比較して本発表で提案する投資戦略は良好な運用成績を得られることを示した。

 

(3)「反復的リスク指標を用いたマルコフ決定過程」
恐神貴行 (IBM東京基礎研究所)
従来のリスク考慮型のマルコフ決定過程(MDP)では多様な意思決定者の目的に応じた最適化は難しく、反復的リスク指標を最小化するMDPが望ましいことを示した。また反復的リスク指標を最小化するMDPを、パラメータに不確実性がある場合に最悪ケースの累積期待コストを最小化するロバストMDPとして定式化した。

第7回
日 時 2012年 6月9日(土) 13:30~16:30
場 所 神奈川大学KUポートスクエア(クイーンズタワーA 14階)
(横浜市西区みなとみらい2-3-1)
出席者 18名
テーマ
講師
概要
(1) 「 閉ループ生産システムの最適確率制御」
中島健一 (神奈川大学経営工学科)
今日のものづくりには、環境配慮が重要で大量生産大量消費を行う従来の一方向型から3R(Reduce, Reuse, Recycle)の閉ループ型生産システムへの転換が求められている。本講演では、企業との共同研究の紹介とその一般化モデルを提案し、時間平均MDPでの平均費用最小化における最適政策を論じた。

 

(2) 「 競合的在庫管理問題と消費者の意思決定について」
北條仁志 (大阪府立大学学術研究院電気情報系)
在庫管理では各消費者を区別することなく同一視した上で需要予測により製品の量をコントロールする傾向にある。しかしながら消費者も意思決定者の一人である。本研究では、競合的在庫管理問題を供給者の注文量と消費者の需要パターンに関する意思決定問題として拡張し、ゲーム論的解析により消費者の特性を導出した。

 

(3) 「 基点在庫方式におけるリードタイム情報と待ち時間に関する顧客効用」
中出康一 (名古屋工業大学社会工学専攻)
顧客に見込みリードタイムを知らせるM/M/1型基点生産在庫システムを考える。見込みリードタイムが長い場合、顧客が実際に発注する確率は小さくなる。Guo/Zipkin(2007)による待ち時間に関する効用関数を用いてシステムにとって期待利益を最大化するリードタイム政策と顧客の期待効用の関係を議論した。

ページトップへ戻る
 〔意思決定法〕 
第22回
日 時 2013年1月29日(火)13:00~15:00
場 所 日本大学 桜門会館 301会議室
出席者 7名
テーマ
講師
概要

(1) 「支配型AHPからみた絶対評価法についての考察」
水野隆文 (名城大学)
本講演では,AHP絶対評価法(木下による実装)と支配評価法(支配型AHPの枠組みにおける絶対評価法)の定式化を示し,両者の同値性と相違点 を考察した.その結果,両者の総合評価値が完全に一致する場合の条件と,両者の相違が生まれる際に構造的評価基準の重みが重要な指針になることを 示した.また,支配評価法との代替法として絶対評価法を用いることの妥当性について,とくに実問題へ適用する観点からその意義について議論を行っ た.

 

(2) 「一対比較の整合性といくつかの問題点と過大評価過小評価の改善について」
西澤一友,吉田達矢 (日本大学)
一対比較の整合性について,従来の整合度(CI)による評価とグラフによる評価の長所と短所を示し,それぞれの問題点と検討事項について述べ た.CIによる評価では不整合の情報が得られないこと,また,グラフによる評価では一対比較の循環律は検出できるが,過大評価・過小評価には対応 できないことが問題点としてあげられた.そして,過大評価・過小評価の評価法の試案としてハーカー法を用いた方法を述べ,その有用性などについて 議論がなされた.

第21回
日 時 2012年11月27日(火)18:00~20:00
場 所 名城大学名駅サテライトMSAT会議室
出席者 5名
テーマ
講師
概要

(1) 「評価値一斉法の仮想シナリオでの適用事例について」
杉浦 伸 (名城大学)
本講演では,評価値一斉法を用いた仮想シナリオでの適用事例について発表した.人口,面積,便益などの定量的条件が与えられた場合に,河川浄化処理場などの建設費用が評価値一斉法ではどのような費用配分結果となるかを仮想事例を用いて説明し,ゲームのコアや,シャープレイ値などと比較することで,その適用可能性について議論した.

 

(2) 「教育サービスにおける学生期待度(SE)と学生満足度(SS)の評価分析」
法雲俊栄 (大阪商業大学) 
本講演では,大学教育における授業評価をサービス面から捉え,AHP(階層型分析法)を用いた評価手法を説明した.学生による授業評価アンケートを用いて,期待度の結果をAHPの重みへ,また満足度を評価の値へ導入し分析している.これにより,大学教員の一人ひとりをベンチマークとした新たな評価手法となることを提案した.

第20回
日 時 2012年9月25日(火)14:00~16:00
場 所 日本大学 桜門会館301会議室
出席者 9名
テーマ
講師
概要

(1) 「一対比較行列からのファジィ数の同定」
小澤正典 (慶応義塾大学)
一対比較においては,誤差を無視することはその決定のあいまいさを表現しないことになる.そこで,本発表では,そのあいまいさを表現する方法として ファジィ数を利用することを考えている.しかし,一対比較値をファジィ数で得ることは比較者に余計な負担を与えることになるので,一対比較値は実数として,その値からファジィ・ウェイト数を求めることを考察している.発表では,そのための方法をいくつか提案し,数値例をまじえてそれらの特徴について言及がなされた.また,意思決定におけるあいまいさをさらに増やすことへの問題点について,活発な意見交換があった.

 

(2) 「固有ベクトルと意思決定」
田地宏一 (名古屋大学)
AHPやANPのウェイト導出では,主固有値に対応する固有ベクトル(主固有ベクトル)が用いられる.そこで,本発表では,まず固有値・固有ベクトルの基本的な性質を紹介したあと,ORや経済モデルに現れる非負行列と,関連するペロン・フロベニウスの定理やフロベニウスのmin-max定理の紹介とそれらの意味づけを解説した.また,AHPにおける主固有ベクトルの意味とその問題点,ANPとマルコフ連鎖の関係にも議論した.

JSAHP 2012(Japanese Symposium on the Analytic Hierarchy Process 2012)
日 時 2012年 4月21日(土)10:00~17:00
場 所 名城大学名駅サテライト
出席者 64名

テーマ
講師
概要

基調講演:“A New Paradigm of Publicness through Public Sector Reform”
Yuji SATO (Mie Chukyo University)
概要:近年,日本では財政上の問題から,とくに地方では,効率的な行政運営と,そのための公共部門の改革が求められている.本講演では,これまで 研究成果のうち,公共部門から他の部門への権限委譲を,支配型AHPを用いて合理的に行う手法と,主成分分析を用いて,地方行政のプロジェクトを 評価する方法が紹介された.また結果として,公共部門の改革と同時に,目指すべき公共性の新しいパラダイムの存在が明らかにされた.

 

招待講演:“The AHP Application: How to Reach Right Decision”
Min-Suk YOON (Chonnam National University, S. Korea)
概要:AHPはその誕生以来,とくに主観評価を含む多目的意思決定問題でよく利用されている.本講演では,まず,AHPで問題とされる順位逆転現 象と,それを解消するためのさまざまな手法が紹介された.つぎに,これらの手法を独立性,非独立性の観点で分類し,最後に,記述的,規範的視点か ら,どの方法を用いるのがよいかについての指針が示された.

 

一般講演:17件

平成23年度日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会「意思決定法」学生発表賞

授賞内容

小潟(但野) 友美 (北海道大学大学院情報科学研究科 / 現 産業技術総合研究所(特別研究員))
発表題目:「AHPにおける重み順序評価関数を用いた一対比較の削減」
第17回研究会 平成23年10月1日(土)にて発表
授賞理由:最良代替案の選定が重要な意思決定における,AHPの不完全一対比較において,効率的に順序を求める手法を提案し,AHPの意思決定に おける応用可能性を拡大する理論的貢献をした.

ページトップへ戻る
 〔数理的手法の展開と応用〕 
部会URL http://www10.atwiki.jp/mathmethod/
第5回
日 時 2013年2月17日(日) 14:00~17:40, 2月18日(月)9:00~10:50
場 所 粟津温泉 のとや
出席者 17日 18名,18日 17名
テーマ
講師
概要

17日
(1) 「組織構造の関係追加モデル」
澤田 清(流通科学大学 総合政策学部)
本発表では,ピラミッド組織構造に対する種々の関係追加モデルを紹介した.ここでは,組織構造を完全K分木として表現し,組織全体の情報伝達効率を最大にする関係追加位置を求めることを意図して,各関係追加モデルについて全頂点対の総経路長を最小にする追加辺の位置を示した.

 

(2) 「Combined DEMATEL with a novel MCDM model for Exploring the Implementation of Project Management Office」
張 耀丰 (Yao-Feng, CHANG; 関西学院大学大学院理工学部)
The purpose of this study is to establish an evaluation model of PMO implementation to prove how to use qualitative and quantitative measurements of PMO to create indexes and criteria, as well as how to help program manager use these indexes to decide building elements priorities of the PMO.

 

(3)「EAの活用によるITシステム最適化に向けたアセスメントと分析手法」
中村 潤 (Volvo Group Trucks Sales & Marketing / 金沢工業大学)
個別業務要求による個別システムの乱立が,日本企業の業務改革とITシステムのコスト構造の足枷となっている.そこで,業務とシステム機能の重複・不足状態をEAレイヤー毎に可視化した.業務の標準化を図りながら,システムの統合・集約をする分析手法とITシステムの全体最適な構造転換への移行方法を示した.


【18日】
(1) 「信頼性理論の教育支援への応用」
中村正治 (金城学院大学),趙 旭峰,中川覃夫 (愛知工業大学)
e-learningにおいては,受講者との対面指導を行わないと受講者は履修放棄してしまう可能性があるが,e-learning科目の履修支援のために,教員が当てもなく対面指導を行うことは費用対効果の面から問題がある.本発表では,e-learningシステムのコンテンツへの累積アクセスLOGを利用した確率モデルにより,最適な対面指導間隔を解析的に求めた.

 

(2) 「2つの多段分割 ― 最適化と双対化 ― 」
岩本誠一 (九州大学大学院経済学研究院)
最適解が区間の等分割で与えられる非制約最大化(主)問題(P1)を考え,この双対問題(D1)が制約付き最小化問題であること,双対問題の最適解が恒等条件を満たすこと,さらに両問題の最適解の間にある三位一体の関係-恒等差双対性-を示した.また,(P1)から派生した主問題(P2)とその双対問題(D2)間のフィボナッチ相補双対性を示した.

第4回
日 時 2012年12月1日(土)14:30-17:00
場 所 石川県文教会館 203会議室
出席者 10名
テーマ
講師
概要

(1) 「生産システムステージの教育向上の検討」
新田雅道,鹿野勝彦,下村達夫 (小松短期大学地域創造学科)
高度経済成長期のさなか,企業は高卒者の技能と学力向上を目的として,企業内学校を設立したが,時代とともにその目的を終え,閉校したところが出てきた.ところが再び企業内学校の必要性が取り沙汰され,再開校した企業もある.本稿では,企業内学校の一部を外部委託した経緯と現状,そして問題点を検証した.

 

(2) 「非対称情報下における部品調達問題」
前田 隆 (金沢大学人間社会学域経済学科)
サプライチェーンおける全体最適化問題を部品納入企業,消費者及び生産者の3者からなるプリンシパル・エージェント問題として定式化し,独占者として行動する生産者が部品納入企業や消費者の情報を正確には知ることができない非対称情報下の最適契約問題を取り上げ,誘引両立性を満たす最適な契約の特徴付けを行った.

第3回
日 時 2012年10月6日(土)14:30-17:00
場 所 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 21号館5階503会議室
出席者 11名
テーマ
講師
概要

(1)「最小k木問題に対するハイブリッドメタ解法」
片桐英樹 (広島大学大学院工学研究院)
本発表では,ネットワークにおける組合せ最適化問題の一つである最小k木問題に対して,動的計画や遺伝的アルゴリズム,タブー探索などを組合せたハイブリッドメタ解法について紹介した.また, ベンチマーク問題に対して,先行研究による解法と結果を比較し, 提案手法の有効性について検討を行った.

 

(2)「市場情報が株価形成に及ぼす影響について」
熊井 泰明 (金沢工業大学情報フロンティア学部)
株価形成の説明には,批判や問題点はあるが,CAPM(資本資産評価モデル)が中核を成してきた.市場の効率性が指摘されて以降,投資家は超過収益の指標であるαを追求してきたが,持続的安定的なαの発見はこれまでのところ困難であった. 市場情報に関する検証例では,市場はほぼ効率的であると結論づけられた.

第2回
日 時 2012年7月28日(土)14:30-17:00
場 所 福井工業大学福井キャンパス プレゼンテーションルーム
出席者 9名
テーマ
講師
概要

(1)「累積滞在時間を考慮したEC サイトの分析」
野際大介 (名古屋大学大学院経済学研究科)
近年ECサイトのアクセスログデータからマーケティングの示唆を得ることは,研究者や実務家にとって大きな関心事である.本報告では,顧客の1時点のアクセスに注目するのではなく,長期間の閲覧行動が購買にどのように影響し,その効果がどのように残存するのかを検証するモデルを構築し,実証をした結果について示した.

 

(2)「DS学習ソフトの評価に関する一考察」
伴 浩美 (福井工業大学基盤教育機構)
ニンテンドーDSは,タッチスクリーン,音声認識などの斬新な操作方法を取り入れたものであり,単なるゲーム機であるにとどまらず,教育にも活用されている.本研究では,DSを教材として導入,活用していくための可能性を探ることを目的とし,DSソフトについてどのような評価がなされているのか,検討を行った.

第1回
日 時 2012年5月26日(土)14:30-17:00
場 所 金沢学院大学大学院サテライト教室
出席者 8名
テーマ
講師
概要

(1) 「微分方程式によるパラメトリック推定」
高山信毅 (神戸大学理学研究科)
統計分布のパラメーターの推定には種々の手法が知られているが, 我々は微分方程式を用いる新しい方法を提案した. この方法は微分作用素環のグレブナー基底の理論とアルゴリズムを用いて問題を常微分方程式の数値解析に帰着する. この新手法を用いて, Wishart分布や球面上の分布である Fisher-Bingham 分布に対して従来の限界を大きく越える成果が得られている.

 

(2) 「インタラクティブなマルチメディア検索/マイニング技術とその応用」
長田茂美 (金沢工業大学工学部)、増本 大器(㈱富士通研究所)
インターネットの爆発的な拡がりやブロードバンド化の進展により,画像・音声・テキストなど多様なメディアが混在したマルチメディアコンテンツが日々大量に創出・蓄積・活用されている.このような「情報爆発」と呼ばれる時代の重要な技術となるマルチメディア検索/マイニング技術とその応用について述べた.

ページトップへ戻る
 〔最適化の理論と応用〕 
第4回
日 時 2013年2月2日(土)14:00-18:00
場 所 東京大学本郷キャンパス 工学部6号館 セミナー室AD
出席者 28名
テーマ
講師
概要

(1) 「閉曲面上のグラフのハミルトン性」
小関健太 (国立情報学研究所・JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト)
本講演では、「閉曲面上に辺の交差なく埋め込まれたグラフ」
にハミルトン閉路が存在する条件や、それに関連する性質に関する研究について紹介がなされた。これらの性質に関しては、巡回セールスマン問題や4色定理との関わりから、盛んに研究が行われているが、いまだにいくつかの未解決問題が存在している。本講演では、講演者らの「射影平面上の任意の4-連結グラフはハミルトン連結である」という結果で用いられている手法を中心に、ハミルトン性に関する最近の研究が紹介された。また、テクニカルな話から、グラフ理論における研究対象の話に至るまで、幅広く議論が行われた。

 

(2)「数理最適化の視点から機械学習の分野へ ~ロバスト最適化法と金融リスク尺度最小化の応用~」
武田朗子(慶應義塾大学)
本講演では、数理最適化の手法や視点を用いて、どのように機械学習の分野へ貢献することができるかが紹介された。特に、講演者らの最近の成果である、二値分類問題に対する既存の学習モデルがロバスト最適化法により統一的に定式化できること、が丁寧に説明された。また、異分野の研究を行う際の難しさについて、経験談を交えた話があった。講演の中では、特に最適化手法の理論的な詳細について、活発な質問、議論がなされた。

第3回
日 時 2012年12月15日(土)14:00-18:00
場 所 東京大学本郷キャンパス 工学部6号館 セミナー室AD
出席者 31名
テーマ
講師
概要

(1) 「半正定値計画問題に対する行列補完理論の高速実装」
山下 真 (東京工業大学)
半正定値計画問題において、入力行列が構造的な疎性を持つときに、行列補完を用いることで少数の成分のみを保持して主双対内点法実行する手法について説明がなされた。講演では、行列補完の基本から、SDPA-C (Semi Definite Programming Algorithm with Completion method)と呼ばれるソフトウェア、また計算時間が短縮されたことを示す最新の数値実験結果に至るまで丁寧な解説がなされた。また、理論と計算の両面について活発な議論がなされた。

 

(2) 「機械学習分野における離散凸最適化手法の応用研究」
永野清仁 (東京大学)
現在の機械学習分野における離散最適化において、劣モジュラ関数は中心的な概念であると認識されている。本講演では、機械学習分野を概観した後、劣モジュラ関数最大化・最小化手法の機械学習分野への応用に関する近年の研究について、講演者の成果を含め解説がなされた。発表の中で、計算の効率性や、出力結果の評価法などについて活発に議論が行われた。

第2回
日 時 2012年10月13日(土)14:00-18:00
場 所 東京大学本郷キャンパス 工学部6号館63号講義室
出席者 32名
テーマ
講師
概要
(1) 「離散凸構造を持つ組合せ最適化問題」
高澤兼二郎 (京都大学)
多項式時間可解である組合せ最適化問題と、マトロイド構造、あるいはそれを一般化する離散凸構造との関係について説明がなされた。特に、マッチング森がデルタマトロイド構造を持つことおよび、最短双有向森問題が付値マトロイド交叉問題の枠組に入ることが紹介された。また、これらの事実のアルゴリズム設計への適用について論じられた。講演の中で、各離散凸構造の性質や、本研究の位置付けについて活発に議論がなされた。

 

(2)「重み付き線形マトロイド・パリティ」
岩田 覚 (京都大学)
マッチングとマトロイドの共通の一般化として導入されたマトロイド・パリティ問題について、定義から過去の研究、最先端の研究に至るまで丁寧な紹介がなされた。マトロイドが行列で表現されている場合(線形マトロイド・パリティ問題)に対してはLovasz (1980) によって多項式時間解法が与えられていたが、重み付きの線形マトロイド・パリティ問題は長い間未解決であった。本講演では、この問題に対する強多項式時間解法について、基にしている先行研究や新たなアイディアを紹介された。難解なアルゴリズムを理解するために、講演中には活発な質疑応答が行われた。

未来を担う若手研究者の集い2012
日 時 2012年6月30日(土), 7月1日(日)
場 所 筑波大学 筑波キャンパス 春日地区 講堂
出席者 151名
講演件数 30件 (一般講演:28件,特別講演:2件)
最優秀発表賞 河瀬康志 ( 東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻)
相馬 輔 (京都大学 理学研究科 数学・数理解析専攻)
優秀発表賞

正木俊行 (筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻)
井上綾香 (上智大学大学院 理工学研究科 理工学専攻)
鮏川矩義 (東京工業大学 社会理工学研究科 経営工学専攻)
石濱友裕 (筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻)

第1回
日 時 2012年5月26日(土)14:00-18:00
場 所 東京大学本郷キャンパス 工学部6号館 セミナー室AD
出席者 35名
テーマ
講師
概要

(1) 「CVaR最小化のためのロバスト最適化モデルとコヒレント尺度への拡張」
後藤順哉 (中央大学)
CVaRに代表されるコヒレントなリスク尺度の推定誤差が大きくなる対策として、
まずロバスト最適化モデルを考え、正則化付きCVaR最小化モデルとの関連について説明がなされた。 後半ではKonno,Waki,Yuuki(2002)のファクターモデルに基づいた CVaR最小化とその問題点を概観し、 それに対するロバスト化について丁寧に説明がなされた。 最後に、モデルの妥当性や効率的な計算方法について質疑応答がなされた。

 

(2)「多数回停止可能な最適停止問題における勝利確率の下界について」
松井知己 (中央大学)
古典的秘書問題を特殊ケースとして含む Bruss の Odds Problem の一般化として、 多数回停止を可能とした問題について勝利確率の下限を与えた。 問題の定義や歴史から、主結果の着想に至るプロセス、証明まで丁寧に説明がなされた。
最後に、証明に関する詳細や、今後考えられる研究の方向性について意見交換がなされた。

ページトップへ戻る
 〔評価のOR〕 
部会URL http://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/hyoka/
第52回
日 時 2013年2月2日(土)13:00-16:30
場 所

政策研究大学院大学4階研究会室4A

出席者 23名
テーマ
講師
概要

(1) 「階層的意思決定法と時空間ネットワークを用いた観光経路作成」
道正まりえ (大阪大学4年)
個人の観光者に対し出発地,最終目的地,観光時間,観光スタイルといった必要最小限の情報と,観光目的に関するアンケート情報から,階層的意思決定法(AHP;Analytic Hierarchy Process)を用いてユーザの観光目的に応じた観光地ランキングを選出する.そのランキングを基に観光地に満足度を設定し,時空間ネットワーク(TSN;Time Space Network)を用いたモデル化を提案した。

 

(2) 「一対比較行列の整合性と5 段階スケールの検討」
松野修治 (静岡大学修士2年)
一対比較行列の整合性判定として,Saaty の整合度CI(Consistency Index)が知られているが,CI 値と矛盾を含む原因の関係を結びつける明確な説明は得られていない.本研究では,一対比較行列が整合的ならばその一対比較行の近くに完全整合な一対比較行列が存在することについて、解析結果と数値実験の結果を報告した。

 

(3) 「東京都の23区と24市の公立図書館の分析」
黒岩亜紀江 (成蹊大学4年)、江頭 舞 (成蹊大学3年)
DEA法により昭和61年と平成23年の東京23区の公立図書館を評価・比較した。そして平成23年においては個々の図書館が違った形での効率性を持っており、その要因は運営の外部化であることを示す。新村先生独自に編み出したDEA手法、逆CCR法、DEAクラスタ等を用いて分析した。

 

(4)「最小二乗法を用いたランキング手法の評価とサッカーFIFAランキングへの応用」
武政孝師 (中央大学修士2年)
"FIFAランキングは、試合数の異なる各チームのランキングを生成するためにポイント制を用いている。このポイントの算出には多くのパラメータが含まれているため、ランキングが試合結果のみならずパラメータの設定によって変動する。この設定に恣意性が多く含まれると、公平性の観点から好ましくない。一方で、既存研究では最小二乗法のアイデアをもとにした手法である。アメリカンフットボールの大学リーグであるNCAAにおいて実際に使用されているが、サッカーの順位付けに応用したところ、好ましくない不安定な順位変動が観察された。そこで、この問題を解消するために正則化項を修正したものを提案し、他の手法と同様に比較する。 ランキング自体に“正解”はないので、ランキングをどのように評価するかが問題となる。本発表では、ランキングを評価するための尺度として精度(順位の上下関係と実際の勝敗の整合度)を採用し、比較結果を報告した。

 

(5)「浜松市南部における津波避難ビル配置のボロノイ図を用いた分析」
井嶋優衣、加藤千聡、鈴木聖乃、高見悠暉、村山詩織 (浜松学芸高校2年)
東日本大地震とそれに伴って発生した津波が東北地方から関東地方の太平洋岸に甚大な被害をもたらしたことは記憶に新しい。我々の住む静岡県浜松市においてもM8以上の大地震が30年以内に高い確率で発生すると予想されており、こうした地震による津波災害に対する対策は喫緊の課題である。浜松市では平成23年に浜松市津波対策委員会を立ち上げ、津波対策の一つとして津波避難ビルの指定を行っている。津波避難ビルとは市民等が津波に襲われた際に一時的な避難場所として利用できるよう、浜松市が所有者と協定を結び指定した建物である。本研究では、各津波避難ビルを母点にしてボロノイ図を作成し、各ボロノイ領域内の人口と対応する避難ビルの収容能力との比較、及び、避難ビルからボロノイ領域内の最遠点までの移動時間を測定することにより、現在の津波避難ビルの配置の妥当性を検証し、その結果を報告した。

 

(6)「並列サブシステム構造をもつ事業体評価のためのDEAモデルに関する研究」
小西悠馬 (大阪大学4年)
複数のサブシステム間で入力の配分を行う際、非効率的なサブシステムから効率的なサブシステムに入力を振り返ることでDMU全体の効率性を向上させることが期待される。本研究では、全体の効率性を上げるための最適な入力配分を考える。Yangらのモデルでは、非効率的と評価されたDMUの効率性を改善しようと入出力の値を変えても、線形化のために導入した重みの影響で、期待した効率値の変化は見られなかった。そこで、本研究では、サブシステム構造からなるDMUを評価するためのDEAモデルを開発し、1入力1出力2サブシステムに対して数値実験をした結果、非効率的と評価されたDMUのサブシステム間で入力値の配分を変えることによりDMU全体の効率値の改善を確認できたことを報告した。

 

(7)「M&Aインディケータによる道州制導入の評価 -関西への適用-」
橋本敦夫 (福岡大学博士3年)
"本研究は、日本国内経済の活性化のために、道州制を導入することや県合併を実施することが地域経済の産業生産額の向上に貢献するのではないかというところに焦点を合わせている。そこで、DEAを応用し、合併有効性を評価しようと試みている。 Fare et al.(2010)の先行研究をもとに新たに提案している合併指標と、Otsuka et al.(2010),林(2007)の先行研究を受けて都道府県ベースの財政負担の効率的な人口規模を推計した結果を合わせて、関西での府県合併の適切な合併府県の組み合わせを明らかにした実証研究の成果を報告した。"

第51回
日 時 2012年12月8日(土)13:30-16:00
場 所

政策研究大学院大学4階研究会室4F

出席者 12名
テーマ
講師
概要

(1) 「最短距離DEAの発展と諸問題」
関谷和之 (静岡大学)
DEAの長所の1つに改善目標を具体的に提示する点がある。この長所を更に発展させるために、実現しやすい改善目標獲得を目指した最短距離DEAが盛んに研究されている。 BCC,RAMなどの従来のDEAモデルの効率性尺度は評価対象のDMUから効率的フロンティアまでの距離最大化で与えるものと見なせるが、距離最小化の概念を取り込んだDEAが最短距離DEAである。 本発表では最短距離DEAにおける実用上の問題点と効率性尺度に関する公理論上の問題点について議論した。具体的には「効率的フロンティア特定のための計算」と「最短距離DEAの効率性尺度における単調性」の2点について実データでの分析結果を含めて報告した。

 

(2) 「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2013の対戦方式の確率計算による評価」
廣津信義 (順天堂大学)
2013年3月に第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC2013)の本大会が開催される。対戦方式は、第1ラウンド・第2ラウンド・決勝ラウンドの3段構成である。第1ラウンドでは参加16チームが4組に分かれて各組内で総当たり戦を行い、各組上位2チームの計8チームが勝ち上がり、第2ラウンドではこの8チームが2組に分かれてダブルエリミネーション方式にて対戦し、上位2チームの計4チームが勝ち上がる。このようにWBC2013では従来と異なり、第1・第2ラウンドが総当たり戦とダブルエリミネーション方式の混合型の対戦方式で行われることとなった。本研究では、このような混合型の対戦方式の評価を試みた。具体的には、優勝する確率、試合数、チーム間の対戦回数などについて確率計算することで各種対戦方式と比較し、その特徴などを見出した。

第50回
日 時 2012年11月17日(土)15:30-18:00
場 所

長崎大学経済学部本館11番教室 (長崎市片淵4丁目2-1)

出席者 12名
テーマ
講師
概要

(1) 「環境要因を考慮した日本の水道事業の効率性分析―DEA手法による計測―」
中村春雄 (長崎大学大学院経済学研究科博士後期課程3年)
水道事業では、ネットワーク密度と水源確保の難易度という2つの環境要因が複合的に影響して事業全体の効率性が異なり、料金格差などが生じる大きな要因となっていると考えられる。本報告では、入出力のスラックを比率ではなく差分として直接計測できる非ラディアル測定による手法と水道事業の垂直的構造を考慮したNetwork DEAモデルによる分析手法を組み合わせたSBM Network DEAモデルを用いて水道事業の部門別の効率性分析をを報告した。

 

(2) 「Dynamic DEA with network structure: A new Malmquist index」 
Kaoru Tone (政策研究大学院大学) and Miki Tsutsui (電力中央研究所)
We propose a dynamic DEA model involving network structure in each period within the framework of slacks-based measure approach. We have already published the network SBM (NSBM) and the dynamic SBM (DSBM) models separately. Hence, this article is a composite of these two models. Vertically, we deal with multiple divisions connected by links of network structure within each period and, horizontally, we combine the network structure by means of carry-over activities between two succeeding periods. This model can evaluate (1) the overall efficiency over the observed entire period, (2) dynamic change of period efficiency and (3) dynamic change of divisional efficiency. We introduce a new Malmquist index which consists of two factors: catch-up and position-effect. We can define divisional Malmquist indices as well as overall one. Using this new Malmquist index, we can compare efficiency change over time among different divisions. The model can be implemented in input-, output- or non-(both) oriented forms under the CRS or VRS assumptions on the production possibility set. We can impose the initial condition on the carry-overs. Non-uniqueness issue of term efficiencies was also discussed. An empirical study was demonstrated.

第49回
日 時 2012年10月20日(土)13:40-17:00
場 所 北海道大学工学部1FA101室
出席者 13名
テーマ
講師
概要

(1) 「金融システミックリスクの評価手法」
鈴木輝好 (北海道大学)
多数の金融機関が同時期に破綻するなどして,金融システムが 安定性を失い,経済全体へ深刻なダメージを与えることがある.この ような危険を金融システミックリスクという.金融システミックリスクの計測とその管理に関するサーベイをし,不動点定理を用いた独自の手法についても,その試みを紹介した.

 

(2) 「DEAを用いた野球最適打順決定法」
上田 徹
最強のチームを作るために、各打順に最適な打者を選ぶこととする。どのような打撃成績を用いるかによって選ばれる選手は変 わってくる。 そこで、何人かに各打順で重要な順に打撃成績の項目を選んでもらう。それをもとに打撃成績に掛かる乗数制約を決定し、乗数制約付 きのDEAを解くことにより 各打順に最適な打者を選ぶことを提案した。従来は相関比最大に基づく打撃成績項目の重要度を決定していたが、今回は絶対偏差に基 づく方法を紹介した。

 

(3) 「Subsidy allocation and targets setting based on performance: Evidence from offshore ferry transportation in Taiwan」
游明敏 (國立台灣海洋大學)
Government usually offers financial aid for supporting operations of those below-cost transportation to "locationally disadvantaged" groups or regions. Due to budgetary resources are limited, the purpose of this study is to propose a method to assist governments to allocate subsidy and set targets for those operating loss transportation companies based on their performance. Offshore ferry transportation in Taiwan is used as an application of the proposed performance-based DEA allocation model to allocate the limited subsidy budget to low volume ferry routes, meanwhile output target (i.e., seat-mile) is determined simultaneously in this model for government to monitor each low volume offshore ferry route to reach the target in the next period. The results provide valuable suggestions for subsidy budget allocation to ferry operations in Taiwan.

第48回
日 時 2012年7月7日(土)13:30-16:00
場 所 静岡大学システム工学棟 情報交流会議室
出席者 22名
テーマ
講師
概要

(1) 「1人1票からMajority Judgment へ」
山本芳嗣 (筑波大学)
講演では Michel Balinski & Rida Laraki, Majority Judgment : Measuring, Ranking, and Electing, MIT Press, Cambridge, 2010 で提案されているMajority Judgment の理論的側面と実施例が詳細に紹介された。

 

2) "A generalized returns-to-scale model in DEA"
筒井美樹 (発表者:電力中央研究所)、刀根薫(政策研究大学大学)
DEAにおける規模の収穫モデル(RTS)においてVariable RTS(VRS)は、経済学における本来のVRSと比較すると、かなり限定的な1ケースを指している。本講演ではその注目し、経済学におけるVRSの概念により近い一般的モデルであるGeneralized RTS(GRS) に着目し、その制約の上限値と下限値の決定方法を提案し、その数値結果を示した。

第47回
日 時 2012年5月19日(土)13:30-16:50
場 所 政策研究大学院大学 4階研究会室4F
出席者 15名
テーマ
講師
概要

(1) 「M&Aインディケータによる道州制導入の評価」
橋本敦夫(発表者:福岡大学大学院)・福山博文(福岡大学)
道州制導入が地域産業の生産額を向上させる要因となり得るのではないかという部分に焦点を当て、ダイナミックネットワークDEAをベースに,都道府県が道州制導入を行なったとき,産業生産額が向上する額を測定できるM&Aインディケータを提案し、これを活用し,産業生産額の面から道州制導入の有効性を評価した。

 

(2) 「効率的ファセット情報に基づくRTSの決定」
上田 徹 (「評価のOR」前主査)
DEAにおいてreturns-to-scale (RTS)を決定するために使われる超平面と、効率的ファセット上の頂点の内挿あるいは外挿された点の集合との関係について考察し、RTSの様々な定式化を示し、化学会社への適用例を紹介した。

ページトップへ戻る
 〔サービスサイエンス〕 
第18回 
日 時 2012年12月21日(金)13:30~16:30
場 所 筑波大学東京キャンパス文京校舎121講義室
出席者 10名
テーマ
講師
概要

(1) 「機械学習を用いたビジネス・プロセス自動化に対する日和見攻撃について」
立堀道昭 (日本アイ・ビー・エム㈱東京基礎研究所)
比戸将平 (㈱ プリファードインフラストラクチャー )
機械学習に偽陽性や偽陰性はつきものであるが、クレジットカード利用詐欺判別など、自動化のメリットが大きければ機械学習によるプロセスの自動化を現実のビジネス・プロセスに適用することが十分可能である。本発表では、保険金支払い審査やローン審査などのある特定の状況で、我々が「日和見攻撃」と呼ぶ脅威が存在することについて解説し、解決策の方針を示された。

 

(2)「サービス研究の最近の状況」
日高一義 (東京工業大学イノベーションマネジメント研究科)
サービス科学、サービス・イノベーションという言葉の普及とともに、国内外において、サービスの研究は具体性を帯びてきた。本発表では、サービスの研究の最近の状況が国際会議や公的資金による研究プロジェクトの分析に基づき報告され、今後の方向性に関して考察と、サービス科学、サービス・イノベーションの重要性が議論された。

 

(3) 「Knowledge Trading: 筑波大学サービスカイゼン研修コースを事例とした新たな研修スタイルの提案」
倉田 久 (筑波大学システム情報系)
本発表では、筑波大学公開講座「サービスカイゼン研修コース」を題材として、経営工学研修プログラムの新たな方向性が考察された。ある人には当然の事実が、他の人にとっては代価を払っても是非とも知りたい知識であったりする。そこで、実務家、学生、教員が一堂に会し、協働する事を通してお互いの経験、感性、知識を与えあう場を創出する「Knowledge Trading」と呼ぶべき新たな研修スタイルの可能性を論じられた。

第17回 
日 時 2012年10月19日(金)13:30~16:30
場 所 北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト
出席者 12名
テーマ
講師
概要

(1) 「実践的な医療サービスサイエンス人材育成プログラム」
池田 満 (北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科)
医療サービス現場においては,医療サービスに関する問題を科学的・論理的視点でもって適切に解決できる人材の養成が求められる。本プログラムは,北陸先端大の知識科学を中核として,3連携大学がそれぞれの強みを活かし,質の保証された社会ニーズに応える医療サービス人材育成を目的としている。本発表では,このプログラムの概要・特徴を紹介する。

 

(2) 「質問応答システムWatsonとその応用」
武田浩一 (日本IBM株式会社東京基礎研究所)
米国のクイズ番組に出場して質問に解答する技術を実現したシステムWatsonは、自然言語処理や機械学習の手法とLinked Dataなどの公開されている大規模な情報源を効果的に統合した事例として多くの応用が期待されている。本発表では、このような質問応答技術を解説するとともに、診断支援などの応用例を紹介する。

 

(3) 「被験者実験による資産市場の分析」
秋山英三 (筑波大学システム情報系)
被験者実験を用いた資産市場の研究はVernon Smith(2002年ノーベル経済学賞)等によって始められ、近年、市場で見られる諸現象(バブル等)のメカニズムの解明に多くの成果を挙げている。本発表では、実験室における資産市場の研究について概説すると共に、市場制度や主体の合理性が価格変動に与える影響に関する最近の研究成果を紹介する。

第16回 
日 時 2012年7月20日(金)16:30~18:30
場 所 名城大学名駅サテライト
出席者 11名
テーマ
講師
概要

(1) 「Build-To-Order (BTO)における製品仕様の決め方について」
佐藤祐司 (三重中京大学)
化学プラントにおける排水処理システムの仕様の最適化について考察し、製造業におけるBTOは、仕様決定の自由度の高さが顧客にとってのメリットである一方で、個々の要素にはトレードオフの関係にあるものも多く、相反する要素の調整が問題となることが指摘された。OR手法の組合せをこの問題の解決に試みた結果が発表された。

 

(2) 「コンビニエンスストアのPOSを活用したシミュレーション分析」
三輪冠奈 (名古屋学院大学)
商品だけでなく様々なサービスも取り扱うコンビニエンスストアでは、多種多様な業務を少人数で行うが、人員配置では人件費削減と顧客満足度向上の両方を考慮する必要がある。本研究では、業務分析から必要な業務量を算出し、整数計画法により、必要人員数を決定した。さらに顧客満足度も考慮し、POSデータを活用したシミュレーションモデルにより効果を検証した結果が発表された。

 

(3) 「日本のサービス業の生産性向上への課題」
雑賀憲彦 (名城大学)
日本の製造業は世界でトップの生産性を誇っていたが、最近は凋落傾向にあり、一方、サービス業も生産性の低い状態が続いており、日本全体の国際競争力の低迷の原因となっている。本発表では、なぜサービス業の生産性が低いのかについて、種々の要因の存在が指摘され、日本のサービス業の問題点の解決策が提言された。

第15回 
日 時 2012年5月11日(金)13:30~16:30
場 所 筑波大学文科系修士A棟8A109教室
出席者 20名

テーマ
講師
概要

(1)「筑波大学附属病院における患者入退院管理のイノベーション」
鵜飼孝盛 (筑波大学)
サービスサイエンスの研究・実践の一例として、筑波大学附属病院で取り組んでいる病床管理の効率化が紹介された。多くの医師・看護師が一堂に会し相談と調整により入院患者を決定している現状と、新たに策定中の入院待ち患者の優先度に基づき、入院患者を決定する手順が説明された。

 

(2)「病院における入院モデルのマネジメント的考察」
小林大高(名城大学)
地域医療における病院治療提供体制について経営工学的観点から効率的なモデルが提案された。病院モデルでは、病床ごとの平均在院日数、待ち時間、病床稼働率を計測し、患者待ち時間の観点から妥当な来院患者数が検討された。地域医療連携モデルでも、待ち時間という観点から地域医療供給体制の効率化について検討した結果が紹介された。

 

(3)「サービスのための市場設計、サービスとしての市場設計」
宮下和雄(産業総合技術研究所)
メカニズムデザインとサービスサイエンスの関係の考察が示された。まず、「サービスのための市場設計」として、同時性と消滅性を持つサービスを効率的に流通させるためのマーケットメカニズムについて、Gale-Shapleyの遅延受入れメカニズムとの関連が論じられた。続いて、「サービスとしての市場設計」として、鮮魚など生産量が不確定的で取引時間に制限のある消耗財に対するマーケットデザインとして、ダブルオークションを用いた集合的取引市場が提案された。

ページトップへ戻る
 〔OR横断若手の会 (KSMAP)〕 
部会URL http://www-or.amp.i.kyoto-u.ac.jp/ksmap/
第4回 (若手研究交流会として開催)
日 時 2012年10月27日 (土), 28日 (日)
場 所 琵琶湖コンファレンスセンター
出席者 33名
テーマ
講師
概要

(1) 「Ill-conditionedness in Semidefinite Programming Relaxation for Polynomial Optimization Problems」
脇隼人 (九州大学)
多項式最適化問題の半正定値計画緩和問題が "ill-conditioned"と呼ばれる条件を満たしており正確に解くことが難しい場合がある.しかしながら,そのような場合であっても半正定値計画問題にソルバーを適用すると多くの場合で多項式最
適化問題の解が得られることが報告された.

 

(2) 「大規模無制約最適化問題に対する数値解法」
成島康史 (横浜国立大学)
無制約最適化問題に対してはニュートン法や準ニュートン法が有効な数値解法として知られているが,問題が大規模な場合,メモリ量や計算量の爆発のために適用不可能となることが多い.本発表では,非線形共役勾配法を中心に大規模無制約に対する数値解法を比較した結果について報告がされた.

 

(3)「グラフ系列マイニング」
猪口明博 (大阪大学)
グラフ系列とはネットワークの構造変化を扱うのに適したデータ構造である.本発表ではグラフ系列から頻出パターンを列挙するグラフ系列マイニングアルゴリズムについての研究成果と,それを言葉の係り受け解析に応用した結果について報告がされた.

 

(4)「On the complexity of reconfiguration problems」
伊藤健洋 (東北大学)
Reconfiguration 問題とは制約を満たす解をわずかな変形を繰り返して別の指定された解に変化させるときに,途中で現れる全ての解が制約を違反することなく行うことができるかを判定する問題である.本発表ではいくつかの計算問題をReconfiguration問題として定式化し,それらの計算量についての考察が報告された.

 

(5)「待ち行列理論に基づくコールセンターの性能評価」
フン・ドック トゥアン (東京工業大学)
コールセンターでは,客は長時間待たされると途中放棄をしたり,サーバは客の電話を対応した後後処理を行ったりする.本研究ではこのようなコールセンターの特性を待ち行列モデルとして構築し,性能評価を行う方法について解説がされた.

 

(6)「問題解決へのアプローチとしての経営工学」
竹本康彦 (県立広島大学)
本発表では発表者が書物の販売制度について評価を行った研究成果や,発表者が開発した製品の品質管理を支援するための意思決定支援ツールについて紹介がされた.また,経営工学を取り巻く環境の変化の中,経営工学はどうあるべきなのか?そもそも,経営工学とはいったい何なのか?といった点について議論がされた

 

学生優秀発表賞

上記の他,学生10件,一般3件のポスター発表があり,そのうち以下に2件に学生優秀発表賞を授与した.

○ 相馬輔 「rank1行列による行列補完アルゴリズム」
○ 小林靖明 「One-sided crossing minimizationに対する準指数時間固定パラメータアルゴリズム」

第3回 
日 時 2012年10月6 日(土)
場 所 京都大学 総合研究8号館 講義室3
出席者 19名
テーマ
講師
概要

(1) Ted Ralphs (Lehigh University)
「Complexity and Multi-level Optimization」
現実に現れる最適化問題では複数の意思決定者や複数の目的関数が存在したり,複数のステージを通して意思決定を行わなければならない場面が多々ある.本講演ではそのような状況を扱う計算複雑度の新たな理論に関する成果につ
いて紹介された.

 

(2) Stefan Vigerske (GAMS Software GmbH)
「Solving MINLPs with SCIP」
本講演では制約付き整数計画問題を解くためのフレームワークであるSCIPに追加された,混合整数非線形計画問題を扱うための拡張について解説がなされた.また,ソルバーMINLIPとの比較実験の結果についても報告された.

 

(3) Thorsten Koch (Zuse Institute Berlin)
「What Could a Million Cores Do To Solve Integer Programs?」
本講演ではたくさんのコアを持つ計算機を整数計画問題を解くのに使用する際に起こる課題について,講演者がこれまでに得た計算機実験のデータを通して紹介を行い,いくつかの問題提起がなされた.

第2回 
日 時 2012年6 月 2 日(土)
場 所 京都大学 総合研究8号館 講義室3
出席者 20名
テーマ
講師
概要
(1) 江崎洋一 (キャノンITS)
「業務現場におけるOR活用事例紹介」
近年,生産や物流などの各種現場において業務効率化のためORを活用した手法を取り入れるケースが随所に見受けられるが,実際にはORを活用した手法の適用に際し業務現場特有の制約が障壁となることも少なくない.本講演では,業務現場へのOR適用の方法について様々な具体的事例を交えて解説された.

 

(2) 深川大路 (同志社大学)
「完全情報二人七並べの解析と計算機を用いた解法導出について」
七並べは国内で最もポピュラーなカードゲームの一つであり,ルールの単純さからも広く親しまれているが,これまでその理論的解析は十分に行われていなかった.本講演では七並べを完全情報二人ゲームのひとつとして研究を行った成果について紹介された.

第1回 
日 時 2012年 4 月 28 日(土)
場 所 京都大学 総合研究8号館 講義室3
出席者 23名
テーマ
講師
概要

(1) 井原 謙 (京都大学)
「忌避型施設配置ゲームにおける戦略耐性メカニズムの特等付け」
施設配置ゲームとは,利己的な住人の報告に基づき空間内に施設配置地点を決定する,そのようなメカニズム設計を考えるゲームである.本講演ではゴミ処理場などの住人にとって望ましくない施設(忌避型施設)について,戦略耐性メカニズムの分類,各距離空間においてメカニズムの満たすべき必要十分条件,最適化問題の観点からの戦略耐性メカニズムに対する性能評価について報告された.

 

(2) 合元健祐(京都大学)
「多次元添字集合を持つ半無限計画問題に対するαBB-切除平面法の拡張」
半無限計画問題とは有限次元の決定変数と無限個の制約からなる最適化問題である.最近ShiuとWuによって半無限計画問題に対するアルゴリズム,αBB-切除平面法が提案されたが,この手法では添字集合が1次元であるような半無限計画問題しか考慮されていなかった.本講演では添字集合が多次元であるような半無限計画問題に対してαBB-切除平面法を拡張した結果について報告された.

 

(3) 片山晴紀 (京都大学)
「チャネル結合型コグニティブ無線通信におけるセンシング・オーバーヘッドを考慮したスループット特性解析」
本講演では,無線周波数資源の有効利用を実現するコグニティブ無線通信システムにおいて,センシング処理時間がシステム性能に与える影響を連続時間マルコフ連鎖を用いて理論的に検討した結果について報告された.特に, 周波数二次利用
端末が自律分散的にスペクトラム・センシングを行い, 不連続チャネル結合で周波数チャネルを獲得する場合について議論された.

 

(4) 梅田 零(京都大学)
「リスク尺度にCVaRを用いるロバストポートフォリオ最適化」
ポートフォリオ最適化問題ではMarkowitzの平均・分散モデルに代表されるようにリスク, リターンの二つの尺度がよく用いられる. 本講演ではリスク尺度としてCVaRを用いたロバスト最適化モデルが提案され, 数値実験により投資比率と不確実
性集合の関係を考察した結果について報告された.

ページトップへ戻る
 〔不確実性環境下での意思決定科学〕 
部会URL

http://koide.ii-konan.jp/or/

第12回
日 時 2013年2月22日(金)14:00~17:30
場 所 キャンパスポート大阪 ルームA
出席者 19名
テーマ
講師
概要

(1) "Optimal Business Hours of the Newsvendor Problem for Retailers"
Amirhossein Hosseinipour (大阪大学)
The present study proposes a new extended model for the classical news-vendor problem (NVP) focusing on retailers to discuss an optimal number of business hours per day as well as an optimal stocking quantity. The study assumes that customers' residences are uniformly distributed over the Hoteling unit interval and that individual customers depart from their residences for the store at a finite velocity. Each individual customer can purchase a single product only if she arrives at the retailer's store during business hours and in case there still remain products on her arrival. Under these circumstances, this study comprehensively investigates the existence of an optimal strategy for the retailer, that is an optimal stocking quantity along with an optimal number of business hours. Numerical examples are provided that corroborate the theory behind the model.

 

(2) "Multi-component Systems with Dependent Failures: Construction, Inference and Simulation"
Yu Hayakawa (早稲田大学)
We extend our earlier studies of a multi-component system accumulating damage due to a series of fatal and non-fatal shocks. The model introduces statistical dependence amongthe system components by associating individual shock processes with potentially overlapping subsystems made up of groupings of components. We construct an ageing and statistical dependence model where damage accumulates multiplicatively with each shock. We derive a representation of the system's joint survival function, and show that the Marshall-Olkinmultivariate exponential model can be obtained as a special case of this model. We present a Bayesian approach to the estimation of the parameters of the model, given system survival data for various model configurations. If time permits, we propose an approach to thesimulation of the performance of the system based on this model. This talk is based on joint esearch with Simon Anastasiadis, Richard Arnold and Stefanka Chukova.

第11回
日 時 2012年12月15日(土)14:00~17:30
場 所 サムティフェイム新大阪4階4F-F
出席者 23名
テーマ
講師
概要

(1) 「高速道路上の電気自動車充電施設の利用状況分析について」
小柳淳二 (鳥取大学)
環境対策として注目されている電気自動車であるが,高速道路を電気自動車が走行するようになると,充電する場所が限られていることや,ガソリン車より頻繁な充電,長い充電時間のために,充電施設の混雑が懸念される.この問題をマルコフ過程を用いてモデル化し,混雑度合いを分析した.

 

(2)「レジーム・スイッチのある償還条項付金融商品の評価について」
澤木 勝茂(南山大学)
経済環境の構造変化等により資産価格の確率分布が推移した時の償還条項のある金融商品の評価について報告された.投資家と発行人の双方がレジーム・シフトを予測し,それぞれの利得関数を最適化する最適戦略を導出した.特定の償還条項付アメリカン・オプションについて,数値例を示した.

 

(3)「ある修理モデルとアジアオプション・・・停止問題から」
田畑吉雄 (南山大学)
機器の年齢と残り計画期間の長さに依存して修理すべきか否かを決定する最適修理計画問題および原資産価格がstochastic Verhult-Gompertz過程で表現される資産の上に書かれたヨーロッパ型オプションとfloating strikeをもつアメリカ型アジアオプションについて論じた.

第10回
日 時 2012年10月20日(土)14:00~17:30
場 所 西宮市大学交流センター セミナー室2
出席者 15名
テーマ
講師
概要

(1) 「不確実性・時刻依存パラメータを含んだ観光経路作成問題」
蓮池 隆 (大阪大学)
観光経路作成において,交通渋滞や施設の混雑具合といった不確実でかつ時刻依存の要因を考慮する必要がある.また観光者にその他の観光地をリコメンデーションすることで,多様な観光が可能となる.本発表では,これらの条件を満たした観光経路作成問題をネットワーク計画問題として定式化し,その解法を考察した.

(2) 「組み合わせ最適化問題のエントロピーを用いた困難度測定法」
仲川勇二 (関西大学)
多次元非線形ナップザック問題の困難度測定法について解説した.この測定法は,平均情報量(電子情報通信学会2004)とベイズの定理を用いて複数制約で非0-1の非線形ナップザック問題に適用可能となっている.得られた測定値と改良代理制約法やCPLEXでの実際の計算時間の間には強い相関があることを報告した.

第9回 *合同開催:国際数理科学協会「確率モデルと最適化」
日 時 2012年8月25日(土)13:00~17:30
場 所 西宮市大学交流センター 講義室2
出席者 19名
テーマ
講師
概要

(1)「手数料を考慮した繰返しコイン投げの賭けにおける勝者の総獲得賞金と試行回数の関係」
中西真悟 (大阪工業大学,大阪大学)
多数のプレイヤーによる繰返しコイン投げゲームに,手数料を得るゲーミング企業の収益と,勝者の最大獲得賞金総額やそのときの敗者の損失傾向を試行回数との関係として考察した.また,勝者のリスク回避と敗者のリスク愛好的傾向について,べき関数による鏡映効果のモデル化を試み,その均衡関係を導出した.

 

(2)「Investment timing with fixed and proportional costs of external financing」
*西原 理 (大阪大学)、芝田隆志 (首都大学東京)
We develop a dynamic model in which a firm exercises an option to expand production with cash balance and costly external funds. While related papers explain their results only by numerical examples, we analytically prove the following results. In the presence of only a proportional cost of external financing, the firm with more cash balance invests earlier; however, the presence of both proportional and fixed costs leads to a non-monotonic relation between the investment time and cash balance. The firm with more cash balance invests later to save a fixed cost, particularly when the cash balance is close to the investment cost. Our results can potentially account for a variety of empirical results concerning the relation between investment volume and financing constraints.

 

(3)「推移法則が未知のマルコフ決定過程について」
堀口正之 (神奈川大学)
マルコフ決定過程において,状態観測をもとにして,推移法則を点推定しながら決定変数の値を選択して行く適応型の問題と,ベイズ推定によるマルコフ集合連鎖を構築する区間型の問題について考察した.具体的な数値例も示しながら,それぞれのモデルの定式化及び手法の紹介と今後の展開について議論した.

 

(4)「秘書問題の最近の動向」 
玉置光司 (愛知大学)
2002年応用数理(日本応用数理学会)の特集号にサーベイ論文「秘書問題の諸相と展開」を載せたので,その時点までの展開はそちらを御覧いただきたい.今回新たな機会を得たので,その後の10年間の展開をSamuels, Gnedin, Samuel-Cahn, Krieger, Brussの仕事を中心に紹介した.

第8回 
日 時 2012年6月30日(土)14:00~17:30
場 所 西宮市大学交流センター セミナー室2
出席者 16名
テーマ
講師
概要
(1) 「共変量依存型ソフトウェア信頼性モデルに対するカーネル推定」
林坂弘一郎 (神戸学院大学)
ソフトウェア開発過程のテスト段階において観測されるフォールト発見数データに加えて,テスト実行時間,要員数などのテスト労力データを共変量として有機的に活用したソフトウェア信頼性モデルを考える.このモデルにカーネル推定を適用することで従来のモデルと比較して適合度,および予測精度が向上することを示した.

 

(2) 「ID付POSデータを用いた考慮集合の推測」
Wirawan Dony Dahana (大阪大学)
考慮集合の研究において消費者へのアンケートなどによりその中身について解明しようとする研究は数多いが,購買履歴データを用いたものはわずかである.本研究では考慮集合の形成過程をモデル化し,ID付POSデータから考慮集合の推測を試みた.分析結果からマーケティングへの有用なフィードバックの可能性を考察した.

第7回 
日 時 2012年 4月21日(土)14:00~17:30
場 所 甲南大学岡本キャンパス 本校舎 3号館321教室
出席者 23名

テーマ
講師
概要
*は講演者

(1)「局所探索法を応用した旋律の自動生成」
*川勝英史 (尾道大学),藤江 哲也 (兵庫県立大学)
職場等における呼出用のチャイムやメロディーは,毎回同じ旋律で再生され 人に不快感を与えると言われている.一方で,全く異なる旋律を再生すると,メロディーが有する目的は達成されない.本講演では,旋律を,それが有する意味を保ちつつ,人間が不快に感じない程度に修正する方法が提案された.

 

(2) 「最適化問題への協力ゲームの関わり」
菊田健作 (兵庫県立大学)
同じ構造を持つ複数の利益最大化問題を合成して1つにすることによって、これら複数の問題のそれぞれの最大利益を足し合わせた以上の最大利益が得られることがある。得られた利益の増分を元の複数の問題の意思決定者に還元する仕方を決めるという新たな問題への協力ゲームの応用例が紹介され、最近の関連研究も述べられた。

ページトップへ戻る
 〔待ち行列〕 
部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

第238回
日 時 2013年 2月16日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館 (W)809号室
出席者 27名
テーマ
講師
概要


「待ち行列ネットワークの性能評価:漸近特性による研究の方法,結果と課題」
宮沢政清 (東京理科大学)
本講演は,待ち行列ネットワークの漸近特性について,過去と現在の研究の結果とその手法及びその発展としてこれからの課題について,3部構成で行われた.過去編では,既存研究の結果とその手法の問題点が説明された.現在編では,過去行われた手法と新たな手法を統合させ,M/M型2ノード待ち行列ネットワークに対して,任意方向の定常分布の漸近特性の求め方が示された.さらに,発展編では,2ノード待ち行列ネットワークの手法と結果を元にM/M型3ノード待ち行列ネットワークの定常分布の漸近特性の予想を示した.

第237回
日 時 2012年 12月15日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館 (W)809号室
出席者 27名
テーマ
講師
概要
*は講演者


(1) 「トラヒック集約におけるフロー数の平均・分散特性とその応用」
川原 亮一 (NTTネットワーク基盤技術研究所),滝根 哲哉*(大阪大学)
本講演では,通信フローをハッシュ関数を用いてグループに分割し,分割された各グループ内におけるフロー数の時系列の平均と分散の特性を導いた.その応用例として,グループ分けされたフロー数の平均と分散に着目することにより,異常トラヒックの検出方法を提案した.

 

(2) 「許容待ち時間を持つ待ち行列モデルにおける系内数分布について」
佐久間 大 (広島商船高等専門学校)
本講演では,客の待ち時間に制限がありサーバが休暇をするM/G/1+D/MV待ち行列モデルに対して,客の退去時点における系内客数分布を導出した.また,客の到着率が仮待ち時間に依存するM/G/1+D/MV待ち行列における仮待ち時間分布を導いた.

第236回
日 時 2012年 11月17日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館 (W)809号室
出席者 20名
テーマ
講師
概要


(1) 「流行度の順位付け」
服部哲哉 (慶応義塾大学)
本講演では,順位付けされた粒子がある確率法則に従って先頭にジャンプする確率順位付けモデルに対して,その流体極限がある確率過程に収束することを示した.また,その応用例としてアマゾンの書籍売れ行きについて,ロングテール型の
ビジネスモデルではなく,ビッグヒット依存型のビジネスモデルであることを示した.

 

(2) 「センサネットワークにおけるデータ収集方式とその評価」
朝香卓也 (首都大学東京)
本講演では,センサネットワークにおける電力軽減のため,送受信のメッセージ数の軽減に注目し,環境測定型センサネットワークとイベント駆動型センサネットワークについて,新たなメッセージ経路の制御方式を提案した.また,新たな方式と従来方式を比較して,メッセージ数が大幅に減少し,有用性が高いことをシミュレーションにより示した.

第235回
日 時 2012年 10月20日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館 (W)809号室
出席者 25名
テーマ
講師
概要


(1) 「ハチが作る待ち行列の秘密」
豊泉 洋 (早稲田大学)
本講演では,集団の個体数をハチが得る報酬とし,その報酬は最上位のハチに与えられるものとした場合について,同一グループ内でのハチの集団を待ち行列モデルと見なし,解析を行った.その結果,ハチの集団は吸収状態のある状態依存型準出生死滅過程によって近似的に表現できることが,数値計算と実データの比較によって確認された.

 

(2) 「背後過程のある多次元反射型ランダムウォークの再帰性について」
小沢利久 (駒沢大学)
本講演では,背後過程のある多次元反射型ランダムウォークについて,2次元と3次元の場合において,反射型ランダムウォークが正再帰的である十分条件,及び一時的である十分条件を与えた.応用例として,バケーションとサービス中断がある複数待ち行列モデルに対して,正再帰的及び一時的であるパラメータの条件を与えた.

第234回
日 時 2012年 7月21日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館 (W)809号室
出席者 22名
テーマ
講師
概要
*は講演者

(1) 「ユーザ間対等を考慮した二元受付制御方式の提案と解析」
宮田純子* (神奈川大学), 山岡克式 (東京工業大学)
本講演では,ユーザ間の異なる要求帯域の通信を対等とみなし,即時モデル,即時待時混合モデル及び協力モデルの3つのモデルに対して,待ち行列理論を使い,全ユーザの満足度を最大化させる最適な制御パラメータを数値計算により導出した.

 

(2) 「べき分布に従うトラヒックの負荷分散の偏りについて」
石橋圭介 (NTTサービスインテグレーション基盤研究所)
ハッシュ負荷分散方式では,負荷分散後のトラヒックの偏りが生じる場合がある.本講演では,ハッシュ負荷分散方式に対して,個別フローがベキ分布に従う場合,トラヒックの偏りが生じることを示した.また,ハッシュフローサイズ分布の近似を与えた.

第7回 「学生・初学者のための待ち行列チュートリアル」
日 時 2012年 6月16日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス西8号館(E) 10階 大学院情報理工学研究科大会議室
出席者 48名

テーマ
講師
概要

(1) 「待ち行列理論と情報システム性能評価」
笠原正治 (奈良先端科学技術大学院大学)
本講演では,情報ネットワークシステムを待ち行列理論を使って,どのようにモデル化すればよいのか説明した.また,情報ネットワークシステムの性能評価において,待ち行列理論がどのように,どこまで役に立つのか述べた.

 

(2) 「コールセンターのモデル化:待ち行列の視点から」
河西憲一 (群馬大学)
本講演では,コールセンターの仕組みなどを述べ,コールセンターをモデル化する際に,どのような待ち行列モデルが使われてきたか,その歴史を述べた.また,コールセンターに対して,現在利用されている待ち行列モデルや手法などを説明した.

第233回 
日 時 2012年 5月19日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
出席者 22名

テーマ
講師
概要
*は講演者

(1) 「重裾ランダム時刻で抽出された累積過程の裾漸近解析とその応用」
増山博之 (京都大学)
本講演では,ランダム時刻の裾が重い場合において,そのランダム時刻における累積報酬過程の裾の漸近特性が,ある条件の下,ランダム時刻の裾の漸近特性と一致することを示した.また,その応用例として, BMAP/GI/1待ち行列モデルに対して,系内客数の裾の漸近特性を与えた.

 

(2) 「2重出生死滅過程の漸近解析」
小林正弘*,宮沢政清 (東京理科大学)
本講演では,2次元の出生死滅過程(2重出生死滅過程)における周辺定常分布の裾の漸近特性を母関数の収束領域と解析関数を使って与えた.また,その応用例として,サーバが助けあう待ち行列ネットワークにおけるノード1の周辺定常分布の漸近解析を導いた.

第232回 
日 時 2012年 4月21日(土)14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
出席者 40名

テーマ
講師
概要
*は講演者

(1) 「ジニブル点過程に従って基地局が配置されたセルラネットワーク・モデル」
三好直人* (東京工業大学), 白井朋之 (九州大学)
本講演では,セルラーネットワークにおける無線基地局の配置をジニブル点過程によりモデル化し,注目した基地局の
SINRが与えられた値以上になる確率などの性能評価量が数値計算可能な形で示された.また,その漸近的な特性が明らかにされた.

 

(2) 「半正定値計画を用いた確率モデルの解析」
恐神貴行 (日本IBM 東京基礎研究所)
本講演では,GI/G/1待ち行列モデルを対象に,n番目に到着した客の待ち時間分布の上限を求める問題が半正定値計画問題として定式化され,陽な形で上限式が得られた.さらに,それを用いて平均待ち時間の上限式が導出された.

ページトップへ戻る
 〔防衛と安全〕 
部会URL

http://www.orsj.or.jp/~def-sec/

第43回 
日 時

2013年2月7日(木) 16:00-18:00

場 所 政策研究大学院大学研究会室1F1B
出席者 21名
テーマ
講師
概要

「日本とインドネシアの大規模自然災害データ解析」
Mr. Novia Budi Parwanto (政策研究大学院大学博士課程)
"Data Analysis of Large-Scale Natural Disasters in Japan and Indonesia"の表題でこれまで研究成果を発表した.両国の自然災害と被害のデータを紹介し,津波と地震の頻度に関するデータ分析,確率モデルを導入した.最後に,近年の自然災害を写真入りで紹介した.

第42回 
日 時 2012年9月26日(水) 16:00-18:00
場 所 政策研究大学院大学研究会室4F 4A
出席者 23名
テーマ
講師
概要
「平和維持活動の変遷と国際社会の取り組み」
林 秀樹 (防衛省統合幕僚学校国際平和協力センター)
1950年代以降,世界の平和維持活動と我が国の対応は時間的に大きく変遷してきており,各国は平和維持活動の直接貢献と教育・研究・ 訓練といった間接貢献を戦略的に組み合わせて,国際社会における自国の存在感と影響力を強めようとしていることを説明し,日本も戦略的な平和維持活動を構想していく必要性があることを論じた.
第41回 
日 時 2012年6月15日(金) 16:00-18:00
場 所 政策研究大学院大学研究会室4F 4A
出席者 20名
テーマ
講師
概要
「小売業における新聞売り子シミュレーション -数理モデルにおけるパラメータの意味について考える-」
三道弘明 (大阪大学大学院教授)
新聞売り子問題の歴史は古く100年以上も前に遡る.しかしその研究成果を生産ではなく小売に適用しようとした場合,数理モデルに含まれている各種パラメータの解釈に重大な不明確さが残されている.このことを様々なシミュレーションを通して検証し,パラメータの意味について考えた.今後の検討課題についても触れた.
第40回 
日 時 2012年5月18日(金) 16:00-18:00
場 所 政策研究大学院大学研究会室4F 4A
出席者 33名
テーマ
講師
概要

「調達発注とOR」
今井良夫 (千葉商科大学経済研究所 客員研究員)
はじめにORと防衛・安全についてこれまでの取り組みをまとめた.その後,経済政策と調達発注への問題点を提示し、日米の対応の相違について述べた.次に,ゲーム理論の立場から,調達発注の現場に発生する現象をモデル化し,競争モデルの限界と処方について論じた.最後に,この分野における研究の展望についても触れた.

第39回 
日 時 2012年4月20日(金) 16:00-18:00
場 所 政策研究大学院大学研究会室4F 4A
出席者 34名
テーマ
講師
概要

「捜索理論の最近の動向」
宝崎隆祐 (防衛大学校教授)
捜索理論の最近の動向についての説明と紹介を行った. 前半で捜索理論がカバーする研究分野についてレクチャー風に概説し, 後半で捜索ゲームに関する最近の研究内容を中心に説明した. 最後に,UAV,UUV等の無人機の哨戒計画問題やマルチスタティック捜索問題の研究事例についても簡単に紹介した.

第38回 
日 時 2012年3月16日(金) 16:00-18:00
場 所 政策研究大学院大学 研究会室1C
出席者 34名
テーマ
講師
概要

(1) 「NCWネットワーク研究動向」
寺島美昭 (三菱電機㈱情報技術総合研究所)

(2) 「電子戦研究動向~AOC参加報告」
河東晴子 (三菱電機㈱情報技術総合研究所)


概 要:
近年のNCWの進展に伴い,迅速な民間技術導入の動きが活発化してる. 技術面から見た防衛通信と民間通信の違い,それらの研究動向等について説明した. 講師が参加・発表した,米国でのAOC年次総会の報告を行った. 総会,シンポジウム等を通じて得られた米国・欧州他各国の電子戦研究の最新動向等を説明した.

ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。