社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 学会だより
学会だより
No.482 2011年 9月 OR学会だより 目次
  1. 平成23年度臨時総会
  2. 第66回シンポジウム
  3. 平成23年秋季研究発表会
  4. 第28回企業事例交流会
  5. 研究部会・グループ開催案内
  6. 会合案内
  7. 助成案内
  8. 協賛案内
  9. 公募案内
1. .平成23年度臨時総会
平成23年度臨時総会を開催いたします.代議員の皆様の出席をお願いいたします.
なお,総会に正会員は出席し,意見を述べることができます.
日 時 平成23年10月7日(金)18:00~
場 所 (財)電力中央研究所 第1会議室
(〒100-8126 東京都千代田区大手町1-6-1新大手町ビル7F)
 http://criepi.denken.or.jp/intro/access/ohte.html
議 事 学会事務所移転に伴う定款変更の承認について
    ページトップへ戻る
2. .第66回シンポジウム
日 時 平成23年9月14日(水)
場 所 甲南大学 岡本キャンパス
実行委員長 中山弘隆 (甲南大学)
テーマ 「モノづくりに活かされる知能化・最適化」
プログラム (1)12:55-13:00
開会挨拶:中山弘隆(甲南大学知能情報学部)
(2)13:00-13:50
「手書き文字認識における最適化問題」
横田政憲(グローリー㈱)
(3)13:50-14:40
「レンズ設計分野における最適化技術の適用」
三井恒明(キヤノン㈱)
(4)14:50-15:40
「応答曲面法を用いた計測機器のロバスト設計」
細島 章(㈱金門製作所)
(5)15:40:-16:30
「構造物のロバスト最適化」
寒野善博(東京大学大学院)
(6)16:40-17:30
「建築構造形態の最適化」
大崎 純(広島大学大学院)
(7)17:30-17:35
閉会挨拶
事前振込み参加費

正・賛助会員3,000円,学生会員1,000円,非会員4,000円(8月末締切)
*事前申込みは,OR誌7月号綴込みの振替用紙にてお振込下さい.
折り返し,メールにて入金確認をご連絡致します(当日の受付は50音順).
欠席の場合,参加費の返金はできません.予稿集を送付いたします.

当日申込み参加費 正・賛助会員4,000円 学生会員1,000円,非会員5,000円
*事前振込みで満席の場合は,締め切らせて頂くことがあります.
協賛学会 (社)日本経営工学会,(社)日本品質管理学会,日本信頼性学会,研究・技術計画学会,日本設備管理学会,経営情報学会,プロジェクトマネジメント学会
問合せ先

E-mail:or-2011f◎konan-u.ac.jp
*詳しくは,http://www.orsj.or.jp/nc2011f/symposium.html  をご覧下さい.

    ページトップへ戻る
3.平成23年秋季研究発表会
日 程 平成23年9月15日(木)~16日(金)
場 所 甲南大学 岡本キャンパス
実行委員長 岳 五一(甲南大学)
特別テーマ 「情報社会とOR」
特別講演
(参加無料)
・數土文夫(OR学会会長・JFEホールディングス㈱相談役)
・稲垣嗣夫(神戸新聞社相談役・グループ経営会議名誉顧問)
・宮沢政清(近藤賞受賞者・東京理科大学教授)
・伊東浩司(甲南大学スポーツ健康科学教育研究センター准教授)
特別セッション Workshop on Asian Operations Research Progress
Announcement and Call for Papers
  ・震災復興,日本再生―都市のOR研究による道筋―
・その他研究部会特別セッション
当日申込み参加費 正・賛助会員:7,000円 学生会員:2,000円  非会員:10,000円
登壇料 非会員のみ,参加費と別途2,000円/件(本学会の許可が必要)
懇親会 9月15日(木)17:30(または18:00)から2時間程度
会場:甲南大学 岡本キャンパス 5号館1階 カフェ・パンセ
会費:事前振込4,000円(当日は5,000円)
協賛・後援 甲南大学,関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団,中内力コンベンション振興財団,㈱神戸新聞社
企業展示 ㈱数理システム,㈱オクトーバースカイ,㈱構造計画研究所,㈱神戸新聞社,MSI㈱,パナソニック電工㈱「省エネ」総合サイトECO-SAS(エコサス)
問合せ先

問合せ先 2011年秋季研究発表会実行委員会
E-mail:or-2011f◎konan-u.ac.jp
*詳しくは、http://www.orsj.or.jp/nc2011f/index.html をご覧下さい.

    ページトップへ戻る

4. 第28回企業事例交流会

趣 旨 OR学会企業事例交流会とは,
企業のOR実務担当者にOR実施例(問題の発生からさまざまな苦労を経て解決に至る苦労話など)を新規研究の発表という形式ではなく,ORの適用事例という形式で発表していただき,学識者の方,他企業の方と意見交換をしていただく場です.
日 程 2011年9月15日(木)
場 所 甲南大学 岡本キャンパス1号館講義室
プログラム
*は発表者

(1)15:30~16:00
「災害時の早期復旧のための配電非常災害対応システム」
*船越正博,石井弘信(九州電力(株)),柏木哲也(富士通(株)),茂木美恵子((株)富士通総研)

(2)16:00~16:30
「省エネ総合サービス「エコサス」における分析診断機能」
栗尾 孝,*篠原清敏(パナソニック電工(株))

(3)16:40~17:10
「船殻ブロック作業スケジューリング問題に対する分枝限定アプローチ」
田村光路(三井造船(株)),小西伸之,*江崎洋一(キヤノンITソリューションズ(株))

(4)17:10~17:40
「フィールド・エンゲージメント・サービス実証実験における顧客動線解析」
*志村彰洋,山川茂孝((株)電通),淺原彰規,瀬戸宏一((株)日立製作所)

参加方法 研究発表会のセッションとして行いますので,研究発表会参加の手続きをして下さい.
問合せ先

問合せ先 2011年秋季研究発表会実行委員会
E-mail:or-2011f◎konan-u.ac.jp
*詳しくは、http://www.orsj.or.jp/nc2011f/index.html をご覧下さい.

    ページトップへ戻る
5. 研究部会・グループ開催案内
*問合せ先の◎は@に置き換えてご利用ください。
〔意思決定法〕

・JSAHP 2012(Japanese Symposium on the Analytic Hierarchy Process 2012)

日 時 2012年4月21日(土)
場 所 名城大学名駅サテライトMSAT名古屋駅前桜通ビル13階
主 催 日本OR学会 意思決定法常設研究部会
協 賛 名城大学,土木学会,日本感性工学会
プログラム オープニングセッション10:00~12:00(日本,台湾,韓国から計3名の招待講演)
一般発表 13:00~
懇親会 18:00~
参加費:5000円,名城大学天白キャンパス タワー75レセプションホール
発表申込等締切 2012年1月31日(火)
書式:MS-WordにてA4一枚にすべて英文で,発表題目,名前,所属,e-mail,1000words以内のアブストラクトを記入し,
添付ファイルとしてjsahp@urban.meijo-u.ac.jpまで申し込んでください.
発表方法:発表は英語もしくは日本語とします.発表会場に液晶プロジェクタおよびコンピュータを用意いたしますので,パワーポイント等の入ったメディアを用意してください.
論文集の発行:一般発表者に論文を投稿していただき,審査により選りすぐったものを論文集として発行します.

発表方法 発表は英語もしくは日本語とします.発表会場に液晶プロジェクタおよびコンピュータを用意いたしますので,パワーポイント等の入ったメディアを用意してください.
論文集の発行:一般発表者に論文を投稿していただき,審査により選りすぐったものを論文集として発行します.
実行委員会委員長 木下栄蔵(名城大学)
問合せ先 E-mail:jsahp◎urban.meijo-u.ac.jp
    ページトップへ戻る
〔意思決定法〕

第17回

日 時 平成23年10月1日(土) 13:00~15:00
場 所 北海道大学 工学部A101会議室
〒060-8628 北海道札幌市北区北13条西8丁目
テーマと講師 (1) 「AHPにおける重み順序評価関数を用いた一対比較数の削減」
但野友美,川村秀憲,鈴木恵二 (北海道大学大学院)
(2) 「住民参加による公共工事落札業者決定法の研究」
高野伸栄 (北海道大学)
問合せ先 佐藤祐司(三重中京大学大学院)
Tel:0598-29-1122,E-mail:ysatoh◎mie-chukyo-u.ac.jp
    ページトップへ戻る
〔サプライチェーン戦略〕

第6回 

日 時 平成23年9月13日(火) 18:30~20:30
場 所 青山学院大学総研ビル9階16会議室
テーマと講師 「大野耐一氏とゴールドラット博士―全体最適のサプライチェーンマネジメント改革―」
岸良裕司(ゴールドラット・コンサルティング・ディレクター.日本TOC推進協議会理事)
問合せ先 :高井英造((株)フレームワークス),草刈君子((株)サイテック・ジャパン)
E-mail:info2011◎scsr.jp
部会URL http://scsr.jp/
    ページトップへ戻る
〔サービスサイエンス〕

第11回 

日 時 平成23年10月14日(金) 13:30~16:30
場 所 筑波大学文科系修士A棟8A109教室
テーマと講師 (1) 「低成長社会における公共サービス施設の地理的最適再配置」(仮)
大澤義明(筑波大学大学院システム情報工学研究科)
(2) 「サービス産業におけるサプライチェーンマネジメント」(仮)
久保幹雄(東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科)
(3)未定
問合せ先 筑波大学 高木英明
Tel:029(853)5003 E-Mail:takagi◎sk.tsukuba.ac.jp
    ページトップへ戻る
6.会合案内

〔第311回新宿OR研究会〕

日 時 平成23年9月20日(火) 12:00~14:00
場 所 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ

「LCAは環境問題に対する合理的な合意形成に役立つか?」

講 師 柴田 清氏(千葉工業大学教授 社会システム科学部金融・経営リスク科学科)
参加費 3,000円
問合せ先 日本OR学会事務局 E-mail:jimukyoku@orsj.or.jp
    ページトップへ戻る
7. 助成案内

鹿島学術振興財団2011年度研究助成

対象研究者 (1)都市・居住環境の整備,
(2)国土・資源の有効利用,
(3)文化的遺産・自然環境の保全,
以上の分野での研究者または研究グループ
助成金額と期間 (1)1件あたりの助成金は,継続期間の分も含めて合計300万円以内とする.
(2)助成期間は原則として2ヵ年以内.
使 途

研究に必要な設備備品費,消耗品費,謝金,旅費,印刷製本費等

推薦者 OR学会会長

推薦締切 11月20日(日)
問合せ先 *詳しくは,http://www.kajima-f.or.jp/obo/index.html  をご覧ください.
    ページトップへ戻る
8. 他学協会協賛案内
他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

スケジューリング・シンポジウム2011

主 催 スケジューリング学会
日 程 2011年9月24日(土)~25日(日)
場 所

大阪工業大学 大宮キャンパス

問合せ先 スケジューリング・シンポジウム2011 事務局
〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1 大阪工業大学 技術マネジメント学科内
E-mail:ss2011@scheduling.jp
問合せ先 http://www.scheduling.jp/symposium/2011/
    ページトップへ戻る

標準化と品質管理全国大会2011

主 催 (財)日本規格協会
日 程 2011年10月17日(月)~10月18日(火)
場 所

大都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1)

問合せ先 http://www.jsa.or.jp/info_detail/zenkoku.asp
    ページトップへ戻る

第2回PM学会主催国際シンポジウム【ProMAC Symposium 2011 inバタム,インドネシア】
『2nd International Symposium on Project Management(ProMAC Symposium 2011)』

主 催 一般社団法人 プロジェクトマネジメント学会(SPM)
日 程 2011年11月30日(水)~12月2日(金)
場 所

バタム,インドネシア,Hotel Batam, Indonesia ( http://www.ihotelbatam.com/

問合せ先 ProMAC事務局 promac@spm.or.jp
WEB:http://www.spm.or.jp/promac2011/
    ページトップへ戻る
9. 公募案内
 
東邦大学理学部情報科学科
募集人員 教授・准教授・または専任講師1名
専門分野 情報科学・情報処理を数理的な観点から教育・研究できる方
特に,確率解析(確率論,数理統計学,確率過程論など)をベースとした数理モデルを主な研究分野とし,応用(例えば,情報通信理論,統計的手法による知識情報処理,数理経済学,行動科学などのいずれか)にも精通された方が望ましい.
担当基礎科目 確率論,数理統計,データ解析,確率過程論
担当応用科目 情報理論,パターン認識,ファイナンス数学など
応募資格 博士の学位を有する方.学部及び大学院の教育・研究指導に熱意のある方.
着任時期 2012年4月1日
提出書類 (1)履歴書,(2)業績リスト(学位論文,原著論文(査読有・無を区別する),その他の著作,特許などに分類してお書きください),(3)主要原著論文の別刷り5編程度(コピー可),(4)これまでの教育実績(担当科目など)と,教育への抱負(2,000字程度),(5)これまでの研究の概要と,今後の研究計画(それぞれ2,000字程度),(6)応募者について照会できる方2名の氏名と連絡先(e-mailを含む)
応募締切 2011年9月28日(水) 必着

書類送付先
および
問合せ先

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1 
東邦大学理学部情報科学科 主任 山内長承
(封書の表に「数理知能科学系教員応募書類在中」と朱書きし,簡易書留等で送付してください.)
E-mail:yamanouc@is.sci.toho-u.ac.jp
Tel 047-472-1176
※東邦大学は男女共同参画を推進しています.女性の積極的な応募を歓迎します.

    ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。