社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 学会だより
学会だより
No.497 2012年 12月 OR学会だより 目次
  1. 平成25~26年度 役員候補者推薦のお願い
  2. 学会賞候補推薦のお願い
  3. 2013年春季シンポジウム
  4. 2013年春季研究発表会
  5. 2013年秋季シンポジウム
  6. 2013年秋季研究発表会
  7. 研究部会・グループ開催案内
  8. 新宿OR研究会
  9. 他学協会協賛案内
  10. メーリングリスト登録のご案内
  11. 平成25年度年会費納入のお願い
1. 平成25~26年度 役員候補者推薦のお願い


定款に従って平成25, 26両年度の役員の選出を行います.スケジュールは次の通りです.
平成25年1月15日(必着) 候補者推薦締切.
3月 会員による投開票を予定.
4月 平成25年度総会において決定の予定.
ついては,以下により候補者の推薦をお願いいたします.

公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会 監事  中川慶一郎、宮沢政清

役員候補者
・役員(理事・監事)候補者については本人の同意を得たうえで,候補者の略歴をつけ,正会員または名誉会員5名以上が推薦する.
・理事は会務の分担ごとに選挙するので,分担を明示すること.
今回選出する理事の会務分担および定数は次の通りとする.
副会長2名, 庶務1名, 国際1名, 研究普及(研究)1名, 編集(機関誌)1名,支部理事1名(支部所属1名),無任所1名(支部所属1名)
・監事の改選数は1名.

*******************
平成 年 月 日
役員候補者推薦届
公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会選挙管理委員会殿
平成25~26年度日本オペレーションズ・リサーチ学会の役員
□副会長, □庶務理事, □国際理事, □研究普及(研究)理事,□ 編集(機関誌)理事,□支部理事,□無任所理事, □監事として
( )氏を推薦いたします. 

推薦代表者 氏名 ◯印(所属: )
◯印 ◯印 ◯印 ◯印 ◯印 ◯印

候補者略歴(100字程度)

上記の推薦に同意します.候補者 ◯印 (所属: )

*******************

ページトップへ戻る
2.日本OR学会各賞の候補ご推薦のお願い

本学会では,研究賞,研究賞奨励賞,論文賞,実施賞,普及賞,事例研究賞,業績賞,学生論文賞を設定し,それぞれの分野で顕著な成果・業績を挙げられた個人や企業を毎年表彰しております.
つきましては,今年度の受賞候補者の積極的なご推薦を募ります.
なお,論文賞につきましては,本学会論文誌に掲載された論文のみが授賞対象になりますので,特に推薦は募りません.

 

各賞の推薦締切は以下の通りです
1. 実施賞,普及賞,業績賞:平成25年1月5日
2. 研究賞,研究賞奨励賞,事例研究賞:平成25年1月31日
3. 学生論文賞:平成25年3月31日

 

様式は,ホームページ, http://www.orsj.or.jp/whatisor/award7.html からダウンロードしてご利用ください.
推薦に関する詳細につきましては同じく学会のホームページをご覧くださるようお願いします.

なお,各賞の概要は次のとおりです.過去の受賞一覧は,http://www.orsj.or.jp/whatisor/award.html に記載しています. (表彰委員会)

研究賞 昭和43年(1968年)に創設された大西記念文献賞,及びそれを継承した文献賞を受け継ぎ,昨年度から設けられた本学会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす個人に贈られます.
1.本学会員であること.
2.独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与する研究業績をあげていること.
授賞対象とする研究業績は過去5年以内のものとし,毎年1名程度を表彰する予定です.
研究賞奨励賞

若手研究者個人を対象とする賞です.上の研究賞の条件に加えて被推薦者の年齢に関して次の条件があります.
被推薦者は,原則として平成25年1月1日に満35歳以下であること.
ただし,OR研究歴が短い方などは,この年齢制限を超えていても構いません.
授賞対象とする研究業績は過去3年以内のものとし,毎年3名程度を表彰する予定です.

論文賞 昨年度より設けられた新しい賞です.過去1年間に本学会論文誌に掲載された論文のうち,特に優れたもの1編に贈られます.
授賞論文の著者すべて(非会員が含まれる場合も全員)を表彰します.
なお,論文賞の推薦は募りません.
実施賞 ORの強力な実施・推進に対して贈られます.毎年1件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。
普及賞 ORの普及に大きな貢献に対して贈られます.毎年1件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。
事例研究賞

ORの優れた事例研究に対して贈られます.
毎年3件程度を表彰する予定です.
*個人の場合は本学会員、 グループの場合は本学会員を含むグループ、 企業の場合は賛助会員企業が対象です。

業績賞 ORの研究・教育・実施等に関わる活動に顕著な業績を挙げた個人に対して贈られます.
ただし被推薦者は,原則として満40歳以上,満60歳以下の学会員であることが必要です.
毎年1名程度を表彰する予定です.

学生論文賞
学生によるORに関する優れた研究に対して贈られるものです.
対象は,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文とします.
毎年5編程度を表彰する予定です.学生・指導教員がともに本学会員であることが必要です.
詳しい募集要項は,OR誌2月号に掲載します.
    ページトップへ戻る
3. 2013年春季シンポジウム(第69回)
日 程 2013年3月4日(月)
場 所 政策研究大学院大学
http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
〒106-8677 東京都港区六本木 7-22-1
実行委員長 土谷 隆 (政策研究大学院大学)
テーマ 「ORと最適化の最前線」
事前振込み参加費
(2月15日締切)
正・賛助会員3,000円
学生会員1,000円
非会員4,000円
*事前振込みは,OR誌1月号綴込みの振替用紙にてお振込下さい.
当日受付参加費

正・賛助会員4,000円 
学生2,000円
非会員5,000円
非会員の学生 2,000円 (*当日受付にて学生証提示のこと)

特典利用
(2月15日締切)
個人正会員(2013年度年会費納入済みの方)は,春,秋開催のうち年1回に限り,シンポジウム参加費が無料となります.
シンポジウムのみ参加の場合は事務局までメールでご連絡ください.
研究発表会にもご参加の場合は,1月号綴込みの振込用紙「特典利用」を〇で囲み,研究発表会参加費をお振込みください.
協賛学会

日本経営工学会(JIMA), 日本品質管理学会(JSQC), 日本信頼性学会(REAJ),
研究・技術計画学会(JSSPRM), 日本設備管理学会(SOPE-J) ,
経営情報学会(JASMIN), プロジェクトマネジメント学会(SPM)

シンポジウム関連
問合せ先

シンポジウム実行委員長 土谷隆(tsuchiya あっと grips.ac.jp) 

*お名前,ご所属先,ご用件をお書きください.

参加費関連
問合せ先

日本OR学会事務局 
E-mail: jimukyoku[at]orsj.or.jp 

シンポジウムHP http://www.orsj.or.jp/~nc2013s/?page_id=10
ページトップへ戻る
4. 2013年春季研究発表会
日 程

2013年3月5日(火)、6日(水)

場 所

東京大学 本郷キャンパス 工学部(6号館,2号館)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1

実行委員長 室田一雄 (東京大学)
テーマ 「つながるOR」
アブストラクト受付 2012年12月1日(土)〜12月28日(金)
特別講演

会場: 工学部2号館 213号室

事前振込み参加費
(2月15日締切)
正・賛助会員6,000円
学生会員1,000円
非会員8,000円
*事前振込みは,OR誌1月号綴込みの振替用紙にてお振込下さい.
当日受付参加費

正・賛助会員7,000円 
学生2,000円
非会員10,000円
非会員の学生 2,000円 (*当日受付にて学生証提示のこと)

登壇料

非会員(学生を含む)の方が発表する場合、参加費と別途2,000円をお支払いください。

賛助会員の方へ 賛助会員の方は、正会員参加費と同額にてご参加いただけます他、
1 口につき1名、研究発表会に無料でご参加できます。
発表会受付にて名刺をご提示いただき、アブストラクト集をお受け取りください。
なお、 ご欠席の場合は、大会終了後にアブストラクト集をお送りいたします。
懇親会 日時:2013年3月5日(火)17:30(予定)開始
場所: 東京大学 本郷キャンパス 山上会館
懇親会参加費:事前振込み 5.000円 当日受付 6,000円.
協賛学会

日本経営工学会(JIMA), 日本品質管理学会(JSQC), 日本信頼性学会(REAJ),
研究・技術計画学会(JSSPRM), 日本設備管理学会(SOPE-J) ,
経営情報学会(JASMIN), プロジェクトマネジメント学会(SPM)

発表に関する
問合せ先
日本OR学会2013春季研究発表会実行委員会
nc2013s あっと orsj.or.jp

*お名前,ご所属先,ご用件をお書きください.
参加費関連
問合せ先

日本OR学会事務局 
E-mail: jimukyoku[at]orsj.or.jp 

大会HP http://www.orsj.or.jp/2013spring/
ページトップへ戻る
5. 2013年秋季シンポジウム(第70回)
日 程 2013年9月10日(火)
場 所 徳島大学常三島キャンパス
http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/josanjima/
ページトップへ戻る
6. 2013年秋季研究発表会
日 程

2013年9月11日(水)、12日(木)

場 所 徳島大学常三島キャンパス
http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/josanjima/
ページトップへ戻る
7. 研究部会・グループ開催案内
*問合せ先の◎は@に置き換えてご利用ください。
 〔待ち行列〕 
第237回 
日 時 2012年12月15日(土) 14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師
*は講演者

(1)「impatient customer をもつ待ち行列モデルにおける系内数分布について」
佐久間 大 (広島商船高等専門学校)

(2) 「トラヒック集約におけるフロー数の平均分散特性とその応用」
川原 亮一 (NTTネットワーク基盤技術研究所),*滝根 哲哉 (大阪大学)

問合せ先 東京理科大学 小林 正弘 E-mail: m_kobayashi◎is.noda.tus.ac.jp
部会URL http://www.orsj.or.jp/queue/
ページトップへ戻る
 〔不確実性環境下での意思決定科学〕 
第11回 
日 時 2012年12月15日(土) 14:00~17:30
場 所 サムティフェイム新大阪 4階 4F-F
テーマと講師

(1) 「高速道路上の電気自動車充電施設の利用状況分析について」
小柳淳二 (鳥取大学)

(2 )「レジーム・スイッチのある償還条項付金融商品の評価について」
澤木勝茂 (南山大学)

(3) 「ある修理モデルとアジアオプション・・・停止問題から」
田畑吉雄 (南山大学)

問合せ先

北條仁志(大阪府立大学) hojo◎mi.s.osakafu-u.ac.jp 

問合せ先 http://koide.ii-konan.jp/or/
ページトップへ戻る
 〔サービスサイエンス〕 
第18回 
日 時 2012年12月21日(金)13:30~16:30
場 所 筑波大学東京キャンパス文京校舎121講義室
東京都文京区大塚3丁目29-1
http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
テーマと講師

(1) 「機械学習を用いたビジネス・プロセス自動化に対する日和見攻撃について」
立堀道昭 (日本アイ・ビー・エム㈱東京基礎研究所)
比戸将平 (㈱ プリファードインフラストラクチャー )

(2) 「サービス研究の最近の状況」
日高一義 (東京工業大学イノベーションマネジメント研究科)

(3) 「Knowledge Trading: 筑波大学サービスカイゼン研修コースを事例とした新たな研修スタイルの提案」
倉田久 (筑波大学システム情報系)

問合せ先

筑波大学システム情報系 高木英明
Tel: 029(853)5414 E-Mail:takagi◎sk.tsukuba.ac.jp
*参加費無料。事前申込は不要です。

ページトップへ戻る
8. 新宿OR研究会案内

〔第324回新宿OR研究会〕

日 時 2013年1月15日(火) 12:00~14:00
場 所 東天紅会議室 (新宿センタービル53F)
講 師

小林敏孝氏 (足利工業大学生命システム学系主任教授,睡眠科学センター長)

テーマ 「快適な睡眠とその獲得法」

参加費

3,000円 (事前にメールにてお申し込みください。)

問合せ先

日本OR学会事務局 E-mail:  jimukyoku@orsj.or.jp 
TEL 03-3851-6100
ページトップへ戻る
9. 他学協会協賛案内
他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

生産システム部門研究発表講演会2013

日 程 2013年3月12日(火)
主 催 一般社団法人 日本機械学会
場 所 中央大学後楽園キャンパス
問合せ先 日本機械学会 生産システム部門(秋山宗一郎)
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5階 
E-mail:akiyama@jsme.or.jp
WEB http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2025
ページトップへ戻る
10. メーリングリスト登録のご案内
OR学会ではメーリングリストを開設し、本学会ならびに各研究部会の主催する研究発表会・セミナー等の催しに関する広報機能としてご利用いただいています。
未登録の方、新規にOR学会のご入会の方は、ご登録くださいますよう、ご案内申し上げます。
メールアドレスを変更する場合は、新しいメールアドレスで参加登録をしてください。
また、古いアドレスは脱退の手続きをしてください。
下記にあります「会員業務窓口」への変更届とは別途、MLのご変更手続きが必要になりますのでご注意ください。
*メールマガジンは、新規ご入会と同時に配信されますが、 メーリングリストは希望者の登録制となっております。
*詳しくは、学会WEBのメーリングリスト利用の手引きをご覧ください。
http://www.orsj.or.jp/members/mlhowto.html

ページトップへ戻る
11. 平成25年度年会費納入のお願い (事務局)
平成25年度年会費の請求書を11月に発送いたしました. 納入期限は平成24年12月末までとなっておりますので、お早めにご入金くださいますようお願いいたします.
*OR学会の事業年度は3月~翌年2月までです.

預金口座自動振替の方(正会員のみ)は1月21日(月)に引き落としとなります。
預金口座振り替えのご変更や中止をご希望の方は、11月末までにメールにてご連絡ください。



ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。