社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
ENGLISH
入会申込み お問合わせ
HOME オペレーションズ・リサーチ学会とは 研究活動案内 OR事典Wiki 機関誌 論文誌 会員の方へ
活動概要
会長挨拶
支部紹介
 
HOME  > 会員の方へ  > 学会だより
学会だより
No.492 2012年 7月 OR学会だより 目次
  1. 第4回「近藤賞」候補者募集
  2. 第68回シンポジウム
  3. 2012年秋季研究発表会
  4. 第30回企業事例交流会
  5. 第69回シンポジウム
  6. 2013年春季研究発表会
  7. 研究部会・グループ開催案内
  8. 新宿OR研究会案内
  9. 他学協会協賛案内
  10. 助成案内
  11. 支部紹介記事の訂正
  12. メーリングリスト登録のご案内
  13. 平成24年度年会費納入のお願い
1. 第4回「近藤賞」候補者募集


「近藤賞」は,日本OR学会創立50周年事業の一環として創設されたものであり,
ORの研究,普及または教育に傑出した業績を挙げた個人(またはグループ)を表彰し,
我が国のORの発展に資するとともに,広くこの分野の社会における認知度を高めることを目的としています.
このたび,下記の要領で第4回「近藤賞」受賞候補者を募集いたしますので,ご推薦くださいますようお願いいたします.


推薦方法:日本OR学会個人正会員および名誉会員による推薦
提出書類:推薦理由書,被推薦者の略歴及び主要業績一覧表(書式自由)
推薦対象者:ORの研究,普及,または教育のいずれかの分野で傑出した業績を挙げた日本人,
または日本を主たる活動の場とする人(グループも可)
推薦締切:2012年7月31日(OR学会事務局宛 E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp )

*受賞者は近藤賞選考委員会において決定し,2013年春のOR学会研究発表会で表彰を行い,受賞記念講演をしていただく予定です.
なお,「近藤賞」は2年に1回程度の頻度で募集を行う予定です.
※詳しくは学会WEB
http://www.orsj.or.jp/whatisor/award10.html
http://www.orsj.or.jp/~oldweb/Members/kondou.pdf  をご覧ください.

(表彰委員会)

ページトップへ戻る
2. 第68回シンポジウム
場 所 南山大学名古屋キャンパス R棟1階  フラッテンホール
〒466-8673 名古屋市昭和区山里町18
http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/access.html
http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/navi/nagoya_main.html
*秋季研究発表会の前日にシンポジウムが開催されます.
会場は秋季研究発表会とは異なります.
実行委員長 鈴木敦夫 (南山大学)
テーマ 現場と理論の対話
プログラム

1) 13:30-13:35  「オペレーションズ・リサーチの普及に向けて」
日本オペレーションズ・リサーチ学会会長 南山大学教授 腰塚 武志 氏

 

2) 13:40-14:10 「理論の役立ち方,役立て方」
東京大学大学院教授 室田 一雄 氏

 

14:10-14:25 休憩

 

3) 14:25-15:10 「現場での問題解決とオペレーションズ・リサーチの活用(仮)」
トヨタ自動車 TQM推進部 自工程完結推進室長 鈴木 浩佳 氏

 

15:10-15:25 休憩

 

4) 15:25-16:10「最適化モデリングの実際」
株式会社数理システム 数理計画部 部長 田辺 隆人 氏

 

16:10-16:25 休憩

 

5) 16:25-18:00 パネルディスカッション 「現場と理論の対話」
司会: 大鑄 史男 氏(名古屋工業大学教授)
パネリスト: 室田一雄氏、 田辺隆人氏、 鈴木浩佳氏、 柳浦睦憲氏 (名古屋大学大学院教授)、他

事前振込み参加費
(8月末日締切)
正・賛助会員3,000円
学生会員1,000円
非会員4,000円
*事前振込みは,OR誌7月号綴込みの振替用紙にてお振込下さい.
当日受付参加費

正・賛助会員4,000円 
学生1,000円
(非会員の学生の方は,当日受付にて学生証提示が必要となります)
非会員5,000円

特典利用
(8月末日締切)
個人正会員(2012年度年会費納入済みの方)は,春,秋開催のうち年1回に限り,シンポジウム参加費が無料となります.
シンポジウムのみ参加の場合は事務局までご連絡ください.
研究発表会にもご参加の場合は,7月号綴込みの振込用紙「特典利用」を〇で囲み,研究発表会参加費をお振込みください.

参加費関連
問合せ先

日本OR学会事務局 
E-mail: jimukyoku[at]orsj.or.jp 

シンポジウムHP http://www.orsj.or.jp/chubu/?p=1381
ページトップへ戻る
3. 2012年秋季研究発表会
日 程 2012年9月12日(水)~13日(木)
場 所

ウインクあいち (名古屋駅から徒歩5分) http://www.winc-aichi.jp/
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

実行委員長 中出康一 (名古屋工業大学)
テーマ 人財マネジメントとOR
特別講演

「発想と差別化の型破り経営論」
山田昭男 氏 (未来工業㈱ 取締役相談役)
「人間にとって障害とは何か」
正高信男 氏 (京都大学 霊長類研究所教授)

事前振込み参加費
(8月末日締切)
正・賛助会員6,000円
学生会員1,000円
非会員8,000円
*事前振込みは,OR誌7月号綴込みの振替用紙にてお振込下さい.
当日受付参加費 正・賛助会員7,000円 
学生2,000円
(非会員の学生の方は,当日受付にて学生証提示が必要となります)
非会員10,000円
登壇料

非会員(学生を含む)の方が発表する場合、参加費と別途2,000円をお支払いください。

賛助会員の方へ 賛助会員の方は、正会員参加費と同額にてご参加いただけます他、口数に応じて、研究発表会に無料で参加できます。
発表会受付にて名刺をご提示いただき、アブストラクト集をお受け取りください。
なお、 ご欠席の場合は、大会終了後にアブストラクト集をお送りいたします。
発表に関する
問合せ先
日本OR学会2012秋季大会事務局
E-mail: nc2012f-inquiry[at]lab-ml.web.nitech.ac.jp
*お名前,ご所属先,ご用件を書いて送ってください.
参加費などの
問合せ先

日本OR学会事務局 
E-mail: jimukyoku[at]orsj.or.jp 

大会HP http://www.orsj.or.jp/chubu/?p=1396
ページトップへ戻る
4. 第30回企業事例交流会
趣 旨:OR学会企業事例交流会とは,企業において活躍されている方にOR実施例(問題の発生からさまざまな苦労を経て解決に至る苦労話など)を新規
日 時 2012年9月12日(水)
場 所 ウインクあいち (名古屋駅から徒歩5分) http://www.winc-aichi.jp/
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
プログラム

「 複雑ネットワーク科学の鉄鋼スケジューリングへの応用 」
JFEスチール(株) 山口 収 氏
「 出動シミュレーションで見直す修繕出動の車両配置 」
大阪ガス(株) 小林 宏樹 氏
「 業務改革におけるORの適用事例 」
トヨタ自動車(株) 磯貝 長 氏
「 プラットフォームを考慮した企業戦略立案手法の開発 」
(株)豊田中央研究所 則竹 茂年 氏
参加方法 研究発表会のセッションとして行いますので、研究発表会参加の手続きをしてください。
問合せ先 日本OR学会事務局 
E-mail: jimukyoku[at]orsj.or.jp 
大会HP http://www.orsj.or.jp/chubu/?p=1387
ページトップへ戻る
5. 第69回シンポジウム
日 程 2013年3月4日(月)
場 所 政策研究大学院大学
実行委員長 土谷 隆 (政策研究大学院大学)
ページトップへ戻る
6. 2013年春季研究発表会
日 程

2013年3月5日(火)、6日(水)

場 所 東京大学 (本郷キャンパス)
実行委員長 室田一雄 (東京大学)
ページトップへ戻る
7. 研究部会・グループ開催案内
*問合せ先の◎は@に置き換えてご利用ください。
〔評価のOR〕 

第48回

日 時 2012年7月7日(土)13:30-16:00
場 所 静岡大学工学部システム工学棟3F情報交流会議室
テーマと講師

(1) 「1人1票からMajority Judgment へ」
山本芳嗣 (筑波大学)
Michel Balinski& Rida Laraki, Majority Judgment : Measuring, Ranking, and Electing, MIT Press, Cambridge, 2010 で提案されている Majority Judgment の理論的側面と実施例を紹介します。詳細は6月号のOR誌、あるいは Majority Judgment のページ( http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~yamamoto/indexMJ.html
http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/%7Eyamamoto/indexMJ.html> ) をご覧下さい。

(2) "A generalized returns-to-scale model in DEA"
筒井美樹(電力中央研究所)刀根薫(政策研究大学院大学)
DEAにおける規模の収穫モデル(RTS)においてVariable RTS(VRS)は、 経済学における本来のVRSと比較すると、かなり限定的な1ケースを指している。 本研究ではその点を指摘し、経済学におけるVRSの概念により近い一般的モデルであるGeneralized RTS(GRS) に着目し、その制約の上限値と下限値を、データから求める方法を提案する。このGRSモデルを用いることで、従来のDEAにおけるVRSモデルの欠点をも補うことができる。

問合せ先 関谷和之(静岡大学) Tel.053-478-1213
E-mail:sekitani◎sys.eng.shizuoka.ac.jp
部会URL http://www-sys.ist.osaka-u.ac.jp/hyoka/index.php
ページトップへ戻る
 〔サービスサイエンス〕 

第16回 

日 時 2012年7月20日(金)16:30~18:30
場 所 名城大学名駅サテライト
名古屋市中村区名駅3-26-8、名古屋駅前桜通ビル13階
テーマと講師

(1) "Problem to the productivity improvement of the service industry of Japan"
雑賀憲彦(名城大学都市)
(2) 「コンビニエンスストアのPOSを活用したシミュレーション分析」
三輪冠奈(名古屋学院大学)
(3) 「Build-To-Order (BTO)における製品仕様の決め方について」
佐藤裕司(三重中京大学)

問合せ先 雑賀憲彦 (名城大学都市情報学部)
Tel: 0574(69)0122 E-Mail: nsaiga◎urban.meijo-u.ac.jp
ページトップへ戻る
〔待ち行列〕

第234回

日 時 2012年7月21日(土) 14:00~17:00
場 所 東京工業大学 大岡山キャンパス 西8号館(W)809号室
テーマと講師
*は講演者

(1) 「ユーザ間対等を考慮した二元受付制御方式の提案と解析」
宮田 純子* (神奈川大学), 山岡 克式 (東京工業大学)

(2) 「べき分布に従うトラヒックの負荷分散の偏りについて」
石橋圭介 (NTTサービスインテグレーション基盤研究所)

問合せ先

東京理科大学 小林 正弘 E-mail: m_kobayashi◎is.noda.tus.ac.jp

部会URL

http://www.orsj.or.jp/queue/

ページトップへ戻る
〔数理的手法の展開と応用〕 

第2回

日 時 2012年7月28日(土) 14:30~17:00
場 所 福井工業大学 福井キャンパス プレゼンテーションルーム
テーマと講師

(1) 「累積滞在時間を考慮したECサイトの分析」
野際大介 (名古屋大学大学院経済学研究科)

(2) 「DS学習ソフトの評価に関する一考察」
伴 浩美 (福井工業大学基盤教育機構)

問合せ先 福井工業大学 杉原 一臣
Tel: 0776-29-2565, FAX: 0776-29-7891
E-mail: sugihara◎fukui-ut.ac.jp (◎の部分を@)
部会URL http://www10.atwiki.jp/mathmethod/
ページトップへ戻る
8. 新宿OR研究会案内

〔第320回新宿OR研究会〕

日 時 2012年7月17日(火) 12:00~14:00
場 所 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ 「船舶スケジューリング数理モデル作成の具体的手順」
講 師 小林和博氏 ((独)海上技術全研究所 運航・物流系)
参加費 3,000円 (事前にメールにてお申し込みください.)
問合せ先 日本OR学会事務局 E-mail:jimukyoku@orsj.or.jp
ページトップへ戻る
9. 他学協会協賛案内
他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

スケジューリング・シンポジウム 2012

日  程 2012年9月29日(土)~30日(日)
主 催 スケジューリング学会
場 所 成蹊大学9号館
WEB http://www.scheduling.jp/symposium/2012/
ページトップへ戻る
10. 助成案内

(公益財団法人) 大川情報通信基金 2012年度研究助成 の募集

対象分野 情報・通信分野に関する調査・研究
研究分野 基礎分野、通信・インターネット分野、コンピュータシステム分野、人工知能分野、バイオ分野、 応用分野、人文・社会科学分野
助成金 原則として1件あたり100万円
助成期間 原則として1年間
応募締切 7月13日(金)必着
問合せ先 (公益財団法人) 大川情報通信基金 事務局
〒107-0062 港区青山2-26-1 CSK青山ビル
Tel.03(6438)4030 Fax.03(6438)4031
*詳しくは、http://www.okawa-foundation.or.jp をご参照下さい.
ページトップへ戻る
11. 支部紹介記事の訂正

6月号の支部紹介のうち、以下につきまして謹んでお詫びし、訂正申し上げます。

・中国・四国支部

幹事:宇野剛史(徳島大学)E-mail: uno◎ias.tokushima-u.ac.jp

ページトップへ戻る
12. メーリングリスト登録のご案内
OR学会ではメーリングリストを開設し、本学会ならびに各研究部会の主催する研究発表会・セミナー等の催しに関する広報機能としてご利用いただいています。
未登録の方、新規にOR学会のご入会の方は、ご登録くださいますよう、ご案内申し上げます。
メールアドレスを変更する場合は、新しいメールアドレスで参加登録をしてください。
また、古いアドレスは脱退の手続きをしてください。
下記にあります「会員業務窓口」への変更届とは別途、MLのご変更手続きが必要になりますのでご注意ください。
*メールマガジンは、新規ご入会と同時に配信されますが、 メーリングリストは希望者の登録制となっております。
*詳しくは、学会WEBのメーリングリスト利用の手引きをご覧ください。
http://www.orsj.or.jp/members/mlhowto.html

ページトップへ戻る
13. 平成24年度年会費納入のお願い (事務局)
平成24年度年会費未納の方に請求書を4月に再送いたしました.
お早めにご入金くださいますようお願いいたします.
OR学会の事業年度は3月~翌年2月までです.

預金口座自動振替の方は1月20日(金)に引き落としが終わりました.
預金口座振り替えをご希望の方は、下記までメールにてご連絡ください。(正会員のみ)


ページトップへ戻る
HOMEに戻る
カレンダー
日 程:2021/10/9(土)
場所:オンライ ン開催
テーマ:地理情 報システム入門
シンポジウム
2021 年春季シンポジウム
開催終了しました。
日 程:2021/3/1(月)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季シンポジウム
日程:2021/9/15 (水)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
研究発表会
2021 年春季研究発表会
開催終了しました。
日程:2021/
3/2(月)~3(水)
場所:東 京工業大学
(オ ンライン開催)
2021 年秋季研究発表会
日程:2021/
9/16(水)~17(金)
場所:九 州大学
(オ ンライン開催)
= 会場開催についてのお知らせ=
「新型コロナウイルス感染予防のため、以下について、予め御了承いただけますよう、よろしくお願い 申し上げます。」

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合がございます。 ご来場前に必ず当該イベントのホームページにて開催の有無をご確認下さ い。

●参加者の皆様へのお願い
・発熱、強い倦怠感等の症状がある方は御来場を御遠慮下さい。

・感染予防のため、スタッフはマスクを着用している場合があることを御了承下さい。