入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより

1999年
No.341 12月号
No.340 11月号
No.339 10月号
No.338 9月号
No.337 8月号
No.336 7月号
No.335 6月号
No.334 5月号
No.333 4月号
No.332 3月号
No.331 2月号
No.330 1月号
学会だよりに戻る
 

 

No.330 1999年 1月 OR学会だより
1 平成11〜12年度役員候補者推薦のお願い
2 日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い
3 第41回シンポジウム(大阪) 1999.3.  大阪国際大学
4 平成11年度春季研究発表会 1999.3.23-3.25 大阪国際大学
5 平成11年度秋季研究発表会 1999.9.20-9.22 成蹊大学
6 研究部会・グループ開催案内
7 会合案内
8 国際会議案内
9 公募案内
10 他学協会案内


1,平成11〜12年度役員候補者推薦のお願い

定款に従って平成11,12両年度の役員の選出を行います.スケジュールは次のとおりです.

平成11年1月31日(必着)候補者推薦締切.

2月20日〜3月20日 会員の書面による投票.    

3月末日 開 票(予定).

4月下旬 総会において決定.
 ついては,以下により候補者の推薦をお願いいたします.
 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 監事 岡本行二・高森 寛

役員(理事・監事)候補者については本人の同意を得たうえで,社員(正会員または名誉会員)5名以上が候補者の略歴をつけて推薦する(次の書式に従ってください).
候補者は社員でなければならない.
理事は会務の分担ごとに選挙するので,分担を明示すること.今回選出する理事の会務分担および定数は次のとおりとする.副会長2名 庶務1名 国際1名 研究普及(研究)1名 編集1名 無任所(支部所属者)1名
監事の改選数は 1名


2,日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い

 本学会では,毎年OR学会文献賞,実施賞,普及賞,事例研究奨励賞,学生論文賞を贈り,それぞれの分野で顕著な仕事をされた個人や企業を表彰しております.今年度の受賞候補者のご推薦を募ります.締切は生論文賞・事例研究奨励賞ソフトウェア部門を除き,平成11年1月31日といたしますので,それに間に合うよう,学会所定の用紙をお早めに事務局宛にご請求ください.なお,5賞の概要は次のとおりです.

〔文献賞〕
大西記念文献賞に引き続いて設けられた本会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす論文の著者をご推薦ください.

1) 論文は独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与するものであること.
2) 論文はOR学会発行の論文誌またはこれに相当する権威ある雑誌,論文集にその年(10年の1月1日より12月末日までに発行されたものをいう)に発表された論文であること.
3) 被推薦者はOR学会員で,年齢は原則として40歳以下であること.
なお,論文の著者が複数以上あるときには,主としてその論文の作成にあたった者をもって代表とし,被推薦者とします.

なお,論文の著者が複数以上あるときには,主としてその論文の作成にあたった者をもって代表とし,被推薦者とします。

〔実施賞〕
ORの実施を強く推進してきた個人,グループまたは企業等に贈られます.従来は,東亜燃料工業梶C鞄立製作所,中部電力梶C兵庫県,中国電力梶C(財)電力中央研究所,住友金属工業梶C三菱石油梶C川崎製鉄梶C鞄月ナ,日本電気梶C田辺製薬梶C鞄通総合研究所,轄\造計画研究所,松下電工梶C活タ川電機,東京ガス梶CNTT研究開発本部,秩父小野田梶C富士通潟\フトウェア事業本部ミドルウェア事業部等,企業が主な受賞者でした.

〔普及賞〕
ORの普及に大きな貢献をした個人,グループまたは企業等に贈られます.従来は,森村英典,後藤正夫,森口繁一,横山 保,河田龍夫,小林宏治,国澤清典,西野吉次,三根 久,松田武彦,近藤次郎,西田俊夫,梅沢 豊,齋藤嘉博,唐津 一,藤森謙一,三上 操,小田部 斎,原野秀永,千住鎮雄,依田 浩,刀根 薫,松富武雄,児玉正憲,長谷川利治,御園生善尚,矢部 眞,本告光男,渡辺 浩,伊理正夫,高橋磐郎の各氏および新日本製鐵梶C兜x士銀行,日科技連グループ,日本IBM梶CNTT,旧国鉄の各企業が受賞者でした.

〔事例研究奨励賞〕
すぐれた事例研究に対して贈られます.個人に限らず,グループや企業も対象になります.ただし,その研究は,学会誌等、本学会において発表されたものに限ります.

〔学生論文賞〕
学生による優れたORに関する研究に対して贈られるものですが,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文が対象となります.応募締切は平成11年3月31日といたしますが,詳しい募集要領は,OR誌2月号に掲載します.(表彰委員会)


3,第41回シンポジウム(大阪)

 時 : 3月22日(月 ) 13:00〜17:30
場 所 : 大阪国際大学(大阪府枚方市杉3−50−1)
テーマ : 「確率モデルのフロンティア」
実行委員長 : 田畑吉雄(大阪大学)
プログラム概要 :  
複数の到着流をもつ単一サーバ待ち行列 滝根哲哉(京都大学)
ジャストインタイム生産システム 大野勝久(名古屋工業大学)
ソフトウェア信頼性評価における最近の話題 土肥 正(広島大学)
金利期間構造の推定についての最近の話題 白川 浩(東京工業大学)

参加費 : 正・賛助会員3,000円,学生会員1,000円,非会員3,000円(当日受付にてお支払いください)
問合せ先
〒560-0043 豊中市待兼山町1−7  
大阪大学大学院経済学研究科  
田畑吉雄 Tel.06(6850)5241  
E-mail:tabata@econ.osaka-u.ac.jp  
大西匡光 Tel.06(6850)5234  
E-mail:ohnishi@econ.osaka-u.ac.jp


4,平成11年度春季研究発表会

日 程
3月23日(火)〜24日(水) 研究発表会
3月25日(木) 見学会

場 所
大阪国際大学5,6,7号館(大阪府枚方市杉3―50―1)
(JR学研都市線長尾駅より徒歩約15分,または京阪電鉄本線枚方市駅より京阪バスで約30分)

特別テーマ : 「ORのグローカリズム」
 グローカリズム(Glocalism) 発想はGlobalで,活動はLocalにという意味で,市民活動家とか啓蒙的な首長により使われ始めた和製英語である.全体を見渡して考える一方,行動は地道にというこれからのOR活動を示唆したものである.まさに混迷の日本を救うのがORグローカリズムである.
実行委員長 : 西田俊夫(大阪国際大学学長)
実行副委員長 : 田畑吉雄(大阪大学経済研究科),田村坦之(大阪大学基礎工学研究科),寺岡義伸(大阪府立大学総合科学部)
参加費 : 正・賛助会員6,000円,学生会員2,000円,非会員6,000円
登壇料 : 非会員のみ2,000円/件(本学会の許可が必要)
特別講演 : 一般公開・入場無料(講師,テーマは交渉中)
問合せ先
〒565-0871 吹田市山田丘2−1 
大阪大学大学院 工学研究科 
石井博昭  (実行委員会庶務担当)  
Tel.06(6879)7868 Fax.06(6879)7871  
E-mail:ishiiha@ap.eng.osaka-u.ac.jp

日本OR学会「企業事例交流会」(第3回)

 企業事例交流会は,企業におけるOR実践の事例を,問題の発生からさまざまな苦労を経て,解決に至る苦労話を提供して頂く場です.この交流会によってORの適用事例を広く学会会員に宣伝し大学・研究所と企業の関係をより緊密にするという趣旨で一昨年から開催されています.

日 時 : 3月24日(水) 10:00〜17:00
場 所 : 大阪国際大学5号館101大講義室(枚方市杉3-50-1) プログラム(発表予定:テーマと講師)
プログラム(発表予定:テーマと講師)
「OR技術とその適用システム製品」 築山 誠(三菱電機且Y業システム研究所)
「照明空間デザインと官能評価のモデル化」 米田さつき(松下電工潟Vステム開発センター)
「原子燃料の炉心内配置の最適化:GA,SAの適用事例」  山本章夫(原子燃料工業梶j,橋本 寛(鞄本総研)
「配送経路最適化の適用:銀行における配送を例として」 岡野裕之(日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所)
「連続焼鈍炉の生産スケジューリングシステム」 岩谷敏治(神戸製鋼叶カ産技術研究所)
「石油精製プラントにおけるインテリジェント制御の適用事例について」 谷 哲次(出光興産鰹o光システム技術センター)

参加費 : 6,000円(ただし,交流会登録者は研究発表会参加資格あり)
問合せ先
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院工学研究科建築学専攻 加藤直樹  
(E-mail:naoki@archi.kyoto-u.ac.jp)



5,平成11年度秋季研究発表会

日 程
9月20日(月)〜21日(火) 研究発表会
9月22日(水) 見学会

場 所 : 成蹊大学(武蔵野市吉祥寺北町3−3−1)
実行委員長 : 上田 徹(成蹊大学)


6,研究部会・グルプ開催ー案内

〔21世紀における交通・流通システム〕
第9回

日 時 : 1月22日(金) 18:00〜20:00
場 所 : 東洋経済新報社ビル(日本橋)
テーマ : 「フリートーキング(99年の活動計画)」
問合せ先

工学院大学 八戸英夫  
Tel.03(3342)1211 内線2423  
E-mail:at79114@ns.kogakuin.ac.jp


〔システムの最適化とOR〕
第9回

日 時 : 1月22日(金)(14:30〜18:00)〜23日(土)(9:30〜12:00)
場 所
民宿「城山(じょうやま)」(〒935-0002 富山県氷見市阿尾 Tel.0766(72)1431)
JR氷見線氷見駅より車10分,JR高岡駅13:36分発−氷見駅14:05分着,民宿マイクロバス迎え有り(氷見駅前14:10発)

テーマと講師 : 「フリートーキング(99年の活動計画)」
1月22日(金) 14:30〜18:00
「イギリス国語教科書の計量言語学的解析結果とグレードの導出」  Toby Dederick(北陸大学),伴 浩美(富山国際大学),菅田 徹,大藪多可志(金沢経済大学)
「酸化スズガスセンサ出力変動の移動平均特性による季節感の同定」  中本義徳,大藪多可志(金沢経済大学),下村有子(金城短期大学)
「ファジィ理論による感性評価の分析と推論」(特別講演) 中森義輝(北陸先端大学)
「一般的な到着呼に対する待ち行列システムの平均待ち時間評価法」 吉川英人,小林 香,片山 勁(富山県立大学)
「一対比較行列の整合度について」  白石俊輔(富山大学),小畑経史(大分大学),醍醐元正(同志社大学),中島信之(富山大学)

1月23日(土)
「データマイニングの理論と実際」(特別講演) 加藤直樹(京都大学)
「多目的最適化への遺伝的アルゴリズムの適用−パレート最適性と選好性を考慮した適応度関数の設計−」
 ムハマド・ロムジ,西野順二,小高知宏,小倉久和(福井大学)
「多値論理関数を使ったデータ表現」 高木 昇,中島恭一(富山県立大学)
「Coordination of Production and Inventory to Maximize Fill Rate within Service Window」
 Taisuke Shimamoto, Shao Chin Sung, Milan Vlach(北陸先端大学)

会 費 : 一般:11,000円程度(懇親会費,宿泊費および朝食費を含む)
問合せ先
日本OR学会:中島恭一(富山県立大学)  
Tel.0766(56)7500 EXT459 Fax.0766(56)8022  
E-mail:nakasima@pu-toyama.ac.jp  
参加・宿泊申込先  
成瀬喜則(富山商船高等専門学校)  
〒933-0293 富山県新湊市海老江練合1−2  
Tel.0766(86)5212 Fax.0766(86)5110  
E-mail:naruse@toyama-cmt.ac.jp


〔評価のOR〕
第14回 学生大会

日 時 : 1月23日(土) 13:30〜16:00
場 所
成蹊大学資料館(吉祥寺駅北側・バス1,2番乗場・成蹊学園前下車,正面を入って右側,守衛所のすぐ先,吉祥寺駅より徒歩20分),大会議室

テーマと講師
(1)「需要予測のための学習型AHP」 片岡 毅(静岡大学)
(2)「Webによるボトムアップ型階層図作成機能を持つグループAHPソフト」 森 和之(静岡大学)
(3)「包絡分析法による複数の評価側面を考慮した評価法」 佐藤秀一(慶應義塾大学)
(4)「新規店頭登録企業の総合評価のためのDEAの適用研究」 茂木君之(慶應義塾大学)
(5)「自動車産業における生産要素の効率に関する時系列分析」 遠藤佳範(東海大学)
問合せ先 : NTTマルチメディアネットワーク研究所 篠原正明  
Tel.0442(59)2495 Fax.0422(59)2829  
E-mail:sinohara@hashi.tnl.ntt.co.jp


〔都市のOR〕
第9回

日 時 : 1月29日(金) 15:00〜17:00
場 所 : 筑波大学工学系棟3F1136(つくば市天王台1−1−1)
テーマと講師
(1)「通勤行動と施設配置−千葉市を事例として−」 松戸利一(筑波大学大学院経営政策研究科)
(2)「交通路容量を考慮したコンパクトな建物の形状」 田口 東(中央大学理工学部)
問合せ先 : 筑波大学社会工学系 腰塚武志,大澤義明  
Tel.0298(53)5023(腰塚),5224(大澤)  
E-mail:koshizuk@rootpi.sk.tsukuba.ac.jp  
E-mail:osawa@sk.tsukuba.ac.jp


7,会合案内

〔第184回新宿OR研究会〕
日 時 : 1月19日(火) 12:00〜13:30
場 所 : 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ : 「人生出会い」
講 師 : 村井 勉氏(西日本旅客鉄道梶Eアサヒビール竃シ誉会長,元OR学会会長)
参加費 : 3,000円
問合せ先 : 日本OR学会事務局(関口)

〔第185回新宿OR研究会〕
日 時 : 2月16日(火) 12:00〜13:30
場 所 : 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ : 「直観的判断を客観的に統合化する方法−AHP,ANPについて」
講 師 : 高橋磐郎先生(日本大学生産工学部教授)
参加費 : 3,000円
問合せ先 : 日本OR学会事務局(関口)

〔第64回丸の内OR研究会〕
日 時 : 1月13日(水) 18:30〜21:00
場 所 : 学士会館(神田錦町3−28)
テーマ : 「マルチメディアによる英会話学習システム」
講 師 : 黒木建雄氏(日本ユニシスソフトウエア鰹務取締役)
参加費
丸の内OR研究会会員(無料)
非会員(3,000円)
当日受付でお支払いください .ただし,参加については1週間前までにお問い合わせください.

問合せ先
トーマツ・コンサルティング梶@山本真士  
Tel.03(3457)6745

〔第65回丸の内OR研究会〕
日 時 : 2月10日(水) 18:30〜21:00
場 所 : 学士会館(神田錦町3−28)
テーマ : 「ホワイトカラーの生産性日米比較」
講 師 : 草間 徹氏(トーマツ・コンサルティング潟Vニアマネジャー)
参加費
丸の内OR研究会会員(無料)
非会員(3,000円)
当日受付でお支払いください .ただし,参加については1週間前までにお問い合わせください.

問合せ先
トーマツ・コンサルティング梶@松下芳生  Tel.03(3457)6745


8,国際会議案内
Fifth ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design

日 程 : 1999年8月11日(水)〜8月13日(金)
場 所 : 米国ネバダ州ラスベガス
主 催 : ISSAT (International Society of Science and Applied Technologies)
共 催 : IIE Quality Control and Reliability Engineeing Division, 他.
論文提出締切 : 1999年2月15日
問合せ先
鳥取大学工学部社会開発システム工学科 山田 茂
Tel.0857(31)5303 Fax.0857(31)0882  
E-mail:yamada@sse.tottori-u.ac.jp


9,公募案内
東京理科大学 工学部第二部 経営工学科

募集人員 : 助手1名(任期3年ないし5年)
専門分野 : 情報工学,計算機工学,ソフトウェア工学およびその関連分野
応募資格
(1)ならびに(2)の条件を満たす者
(1)修士課程を修了した者(含平成11年3月修了見込み)または,これと同等以上の学識を有する者.
(2)上記,専門分野において,初心者の実験・演習指導を行うに十分な知識を有する者
着任予定日 : 平成11年4月1日
提出書類
履歴書(写真添付),研究,教育に対する抱負(A4判2ページ以内),研究業績リスト,論文の別刷

応募締切 : 平成11年1月31日(日)必着
問合せ先
〒162-8601 新宿区神楽坂1−3  
東京理科大学 工学部 経営工学科  
学科主任 平林隆一 
Tel.03(3260)4272  ext.3571(dial-in) Fax.03(3235)6479  
E-mail:hira@ms.kagu.sut.ac.jp


岐阜大学 工学部 応用情報学科
募集人員 : 助教授1名
専門分野 : 情報工学・情報科学分野
担当科目 : 情報工学関連科目の講義および演習
応募資格
(1)博士の学位を有し,大学院博士後期課程の指導ができる方
(2)平成11年10月1日以前のできるだけ早い時期に着任可能な方
提出書類 : 履歴書,業績一覧表(論文,著書,特許など),主要論文別刷,その他
応募締切 : 平成11年3月31日(水)
問合せ先
〒501-1193 岐阜市柳戸1番1  
岐阜大学 工学部 応用情報学科長 河瀬順洋  
Tel.058(293)2712  E-mail:kawase@info.gifu-u.ac.jp


文教大学 情報学部 情報システム学科
募集人員 : 教授または助教授1名
専門分野 : 情報社会学および関連専攻分野
担当科目
マルチメディア社会論,電子商取引,問題解決技法,ゼミナール,卒業研究,これらに関連する情報システムの教育に関する科目

応募資格
原則として就任時に50歳未満の方で博士の学位を有し,専攻分野で顕著な研究および教育で業績がある方.または,これと同等の業務での実績がある方

採用予定日 : 平成11年4月1日
提出書類 : 履歴書,研究業績目録,主要業績5点程度,研究計画書,その他
応募締切 : 平成11年1月20日(水)
問合せ先
〒253-8550 神奈川県茅ヶ崎市行谷1100番地 
文教大学 総務課長 角田和昭  
Tel.0467(53)2111(代表)    0467(54)3703(総務課ダイヤルイン)



10,他学協会案内

 他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加ください.

1998年度経営情報学会シンポジウム(協賛)
テーマ : 複雑系とポリエージェントシステム論
日 時 : 2月6日(土) 10:00〜17:30
場 所 : 東京工業大学百年記念館(東京都目黒区)
参加費 : 事前申込4,000円,当日5,000円
問合せ先 : 経営情報学会事務局 Tel.03(3591)8496
詳しくは,http://www.mi.sanno.ac.jp/〜negoro/jasmin98. htmをご覧ください