入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより

1999年
No.341 12月号
No.340 11月号
No.339 10月号
No.338 9月号
No.337 8月号
No.336 7月号
No.335 6月号
No.334 5月号
No.333 4月号
No.332 3月号
No.331 2月号
No.330 1月号
学会だよりに戻る
 

 

No.332 1999年 3月 OR学会だより 目次
1 学生論文賞の論文募集
2 平成11年度通常総会
3 第41回シンポジウム(大阪)
4 平成11年度春季研究発表会
5 日本OR学会「企業事例交流会」(第3回)
6 平成11年度秋季研究発表会
7 研究部会・グルプ開催ー案内
8 会合案内
9 公募案内


1,日本オペレーションズ・リサーチ学会
 学生論文賞の論文募集

 OR学会の発展は,将来の優秀なOR研究者およびOR実務担当者の養成いかんにかかっています.その一助として,日本OR学会は,昭和58年度より,ORに対する学生の関心を高めかつ大学におけるOR関係学科間での情報交流にも役立てるため,学生会員の卒業論文,修士論文の中から,毎年優秀なものを選び,「日本オペレーションズ・リサーチ学会学生論文賞」として表彰することを実施しております.

 つきましては,下記応募要領で広く学生会員から論文を募集することとなりましたので,ふるってご応募ください.また,指導教官(教員)の方々にもぜひご勧誘くださるようお願い申し上げます.

〈応募要領〉
1.応募資格
1999年3月に学部を卒業,あるいは修士課程を修了する会員で,ひきつづき学生会員あるいは正会員である者.
2.応募手続
(1)提出書類 @論文要約(A4判で3枚以内)2部

A学会員である指導教官(教員)の推薦状1部(推薦状は学会所定の用紙とします         ので,学会事務局宛ご請求ください)

(2)提 出 先 日本OR学会 表彰委員会

(3)応募締切 3月31日(必着)

3.表彰
受賞者には,OR学会研究発表会その他適当な機会に賞牌を授与するとともに,受賞論文の要約をOR誌に掲載して表彰する
4.その他
選考過程で第1次の受賞候補論文となったものについてはその全文のコピーとOR誌掲載用の論文要約(学会指定)を各3部提出しなければならない

 


2,平成11年度通常総会

日 時:4月22日(木) 15:00〜17:00

会 場:学士会分館(赤門){営団地下鉄丸の内線本郷三丁目下車}

 


3,第41回シンポジウム(大阪)

日 時:3月22日(月) 13:00〜17:30

場 所:大阪国際大学(大阪府枚方市杉3−50−1)

テーマ:「確率モデルのフロンティア」

実行委員長:田畑吉雄(大阪大学)

プログラム概要:

@13:00〜14:00

         ジャストインタイム生産システム

         大野勝久(名古屋工業大学)

A14:10〜15:10

         複数の到着流をもつ単一サーバ待ち行列

         滝根哲哉(京都大学)

B15:30〜16:30

         ソフトウェア信頼性評価における最近の話題

         土肥 正(広島大学)

C16:30〜17:30

         金利期間構造の推定についての最近の話題

         白川 浩(東京工業大学)

参加費:正・賛助会員3,000円,学生会員1,000円,非会員3,000円(当日受付にてお支払いください)

問合せ先:〒560-0043 豊中市待兼山町1−7 大阪大学大学院経済学研究科

     田畑吉雄 Tel.06(6850)5241  E-mail:tabata@econ.osaka-u.ac.jp

     大西匡光 Tel.06(6850)5234  E-mail:ohnishi@econ.osaka-u.ac.jp

(協賛:日本数理科学協会)

 


4,平成11年度春季研究発表会

日 程:3月23日(火)〜24日(水) 研究発表会

    3月25日(木) 見学会

場 所:大阪国際大学5,6,7号館(大阪府枚方市杉3―50―1)

(JR学研都市線長尾駅より徒歩約15分,または京阪電鉄本線枚方市駅より京阪バスで約30分)

特別テーマ:「ORのグローカリズム」

 グローカリズム(Glocalism) 発想はGlobalで,活動はLocalにという意味で,市民活動家とか啓蒙的な首長により使われ始めた和製英語である.全体を見渡して考える一方,行動は地道にというこれからのOR活動を示唆したものである.まさに混迷の日本を救うのがORグローカリズムである.

実行委員長:西田俊夫(大阪国際大学学長)

実行副委員長:田畑吉雄(大阪大学経済研究科),田村坦之(大阪大学基礎工学研究科),

       寺岡義伸(大阪府立大学総合科学部)

参加費:正・賛助会員6,000円,学生会員2,000円,非会員6,000円

登壇料:非会員のみ2,000円/件(本学会の許可が必要)

特別講演:一般公開・入場無料

 3月23日(火) 13:30〜14:30
   伊藤利朗氏(三菱電機株式会社顧問)

 「シームレスオフィス環境における創造的生産管理」

 3月23日(火) 16:40〜17:40

   吉田和男氏(京都大学大学院経済学研究科教授)

  「複雑系と社会システム」

 3月24日(水) 11:10〜12:10

   Milan Vlach氏(北陸先端科学技術大学院大学教授)

  「Fair Division:A Challenge for OR」

懇親会:3月23日(火) 午後6時より  参加費:5,000円

見学会:3月25日(木) 9:00〜16:00

見学先:阪急梅田TTC(Total Traffic Control)System,宝塚歌劇の防災施設,
空調施設の制御装置 オプション(有料), 手塚治虫記念会館,その他

 参加費:3,000円(昼食代,その他)

 定 員:30名(先着)

問合せ先:実行委員会庶務担当 大阪大学工学研究科 石井博昭

 Tel.06(6879)7868 Fax.06(6879)7871

 E-mail:ishiiha@ap.eng.osaka-u.ac.jp

 本大会に関するホームページを(http://ORSJ.mis.oiu.ac.jp/sympo99/index.html)に開設しましたのでご覧ください.

 


5,日本OR学会「企業事例交流会」(第3回)

企業事例交流会は,企業におけるOR実践の事例を,問題の発生からさまざまな苦労を経て,解決に至る苦労話を提供して頂く場です.この交流会によってORの適用事例を広く学会会員に宣伝し大学・研究所と企業の関係をより緊密にするという趣旨で一昨年から開催されています.

日 時 : 3月24日(水) 10:00〜17:00
場 所 : 大阪国際大学5号館101大講義室(枚方市杉3-50-1) プログラム(発表予定:テーマと講師)
プログラム(発表予定:テーマと講師)
「OR技術とその適用システム製品」 築山 誠(三菱電機且Y業システム研究所)
「照明空間デザインと官能評価のモデル化」 米田さつき(松下電工潟Vステム開発センター)
「原子燃料の炉心内配置の最適化:GA,SAの適用事例」  山本章夫(原子燃料工業梶j,橋本 寛(鞄本総研)
「配送経路最適化の適用:銀行における配送を例として」 岡野裕之(日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所)
「連続焼鈍炉の生産スケジューリングシステム」 岩谷敏治(神戸製鋼叶カ産技術研究所)
「石油精製プラントにおけるインテリジェント制御の適用事例について」 谷 哲次(出光興産鰹o光システム技術センター)

参加費 : 6,000円(ただし,交流会登録者は研究発表会参加資格あり)
問合せ先 : 〒606-8501 京都市左京区吉田本町 
京都大学大学院工学研究科建築学専攻 加藤直樹  (E-mail:naoki@archi.kyoto-u.ac.jp)

 


6,平成11年度秋季研究発表会

日 程 : 9月20日(月)〜21日(火) 研究発表会
9月22日(水) 見学会
場 所 : 成蹊大学(武蔵野市吉祥寺北町3−3−1)
実行委員長 : 上田 徹(成蹊大学)

 



7, 研究部会・グルプ開催ー案内

〔イノベーション〕
第32回

日 時:2月6日(土) 14:00〜17:00

場 所:中央区新富1-13 ワーカーズ・サポートセンター603室(旧東京都勤労福祉会館)

テーマと講師:「イノベーションの心構えと技法」上田亀之助


〔システムの最適化とOR〕
第10回

日 時:3月13日(土) 13:00〜17:30

場 所:北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 K1−K2教室(〒923-1292 石川県能美郡辰口町旭台1−1)

テーマと講師:

1. 「LP Problem with Inexact Coefficients」

 Jaroslav Ramik(Silesian University, Czech Republic)

2. 「Modality Goal Programming Models with Oblique Fuzzy Vectors」

 Masahiro Inuiguchi(Osaka University)

3. 「Fuzzy Non-Linear Regression Modeling:FLRM Involving Fuzzy Regression Coefficients」

 Miroslav Pokorny(Technical University Ostrava, Czech Republic)

4. 「Adaptive Fuzzy Modeling for Predicting Ozone Concentrations in Europe」

 Mina Ryoke(Japan Advanced Institute of Science and Technology)

5. 「Categories of Fuzzy and Non-Deterministic Automata」

 Jiri Mockor(University of Ostrava, Czech Republic)

6. 「Hierarchical Decision Making of Strategic Investment by a Boltzmann Machine」

 Junzo Watada(Osaka Institute of Technology)

7. 「Composition of Finite Set Measures in Probability and Possibility Theories」

 Radim Jirousek(Univeristy of Economics, Prague, Czech Republic)

8. 「Fuzzy Scheduling and Sequencing Problems」

 Milan Vlach(Japan Advanced Institute of Science and Technology)

懇親会会費:3,500円程度

問合せ先:中森義輝(北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科)

 〒923-1292 石川県能美郡辰口町旭台1−1

 Tel.0761(51)1755 Fax.0761(51)1149   E-mail:nakamori@jaist.ac.jp



8,会合案内

〔第186回新宿OR研究会〕

日 時 : 3月16日(火) 12:00〜13:30
場 所 : 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ : 「情報化時代のOR」
講 師 : 水野幸男氏(日本電気 顧問・日本OR学会 会長)
参加費 : 3,000円
問合せ先 : 日本OR学会事務局(関口)


〔第187回新宿OR研究会〕

日 時 : 4月20日(火) 12:00〜13:30
場 所 : 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ : 「情報革命が日本の未来を作る」
講 師 : 山田郁夫氏(三菱総合研究所常務取締役・日本OR学会前副会長)
参加費 : 3,000円
問合せ先 : 日本OR学会事務局(関口)


9,公募案内
統計数理研究所 調査実験解析研究系 標本調査研究部門

募集人員 : 助教授1名
研究分野 : 社会調査法と解析法
応募資格 : 以下のいずれかに該当する者

(1)博士の学位を有する者または研究上の業績がこれに準ずる者

(2)大学共同利用機関,または大学において常勤の講師以上の経歴がある者

(3)大学共同利用機関,または大学において3年以上助手またはこれに準ずる職員としての経歴があり,研究教育上の業績があると認められる者

(4)研究所,試験所,調査所等に5年以上在職し,研究上の業績があると認められる者

採用予定時期 : 平成11年7月1日以降の早い時期
提出書類 : 履歴書,研究業績リスト,研究計画書,推薦書,その他(詳しくは,http://www.ism.ac.jp/をご覧ください.)
応募締切 : 平成11年4月14日(水)必着
問合せ先 : 〒106-8569 港区南麻布4−6−7 統計数理研究所管理部庶務課人事係
                                                Tel.03(5421)8707 Fax.03(3443)3552



広島修道大学経済科学部

募集人員 : 教授1名
公募科目 : 情報システム論(コンピューターシステム,データベース等)

 応用情報論(ネットワーク,マルチメディア等

応募資格 : 大学院(博士前期・博士後期課程)担当可能な方

 博士の学位を有するかこれと同等以上の能力を有し,専攻分野で顕著な研究実績を有する方

採用予定時期 : 平成13年4月1日
提出書類 : 履歴書,研究業績一覧,著書,論文,その他
応募締切 : 平成11年4月30日(金)
問合せ先 : 〒731-3195 広島市安佐南区大塚東1-1-1 広島修道大学人事課人事係
                                            Tel.082(830)1105 Fax.082(830)1325


,他学協会案内

 他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加ください.

第15回ファジィシステムシンポジウム(協賛)

主 催 : 日本ファジィ学会
日 時 : 6月2日(水)〜5日(土)
場 所 : 大工大摂南大学創立60周年記念館(大阪市旭区)
問合せ先 : 日本ファジィ学会事務局

Tel.03(5684)5146 E-mail:LEE00453@nifty.ne.jp

ホームページ http://www-sipl.dj.kit.ac.jp/FSS99/FSS99.html