入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより

1999年
No.341 12月号
No.340 11月号
No.339 10月号
No.338 9月号
No.337 8月号
No.336 7月号
No.335 6月号
No.334 5月号
No.333 4月号
No.332 3月号
No.331 2月号
No.330 1月号
学会だよりに戻る
 

 

No.339 1999年 10月 OR学会だより  目次  
1 日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い
2 事例研究奨励賞(ソフトウェア部門)第15回候補ご推薦のお願い
3 第43回シンポジウム (2000.3/26)
4 平成12年度春季研究発表会 (2000.3/27〜 28)
5 国際会議案内 ( INFORMS-KORMS SEOUL 2000)
6 他学協会案内・・・(社)日本工学会第9回シンポジウム
7 第11回RAMPシンポジウム
8 研究部会・グループ開催案内
9 会合案内
10 研究部会新設・継続申請受け付け
11 教員公募案内


1. 日本OR学会各賞候補ご推薦のお願い

本学会では,毎年OR学会文献賞,実施賞,普及賞,事例研究奨励賞,学生論文賞を贈り,それぞれの分野で顕著な仕事をされた個人や企業を表彰しております.今年度の受賞候補者のご推薦を募ります.締切は学生論文賞・事例研究奨励賞ソフトウェア部門を除き,平成12年1月31日といたしますので,それに間に合うよう,学会所定の用紙をお早めに事務局宛にご請求ください.なお,5賞の概要は次のとおりです.

〔文献賞〕 大西記念文献賞に引き続いて設けられた本会で最も歴史のある賞です.次の条件を満たす論文の著者をご推薦ください.

 1. 論文は独創性と将来性に富み,ORの発展に寄与するものであること.

 2. 論文はOR学会発行の論文誌またはこれに相当する権威ある雑誌,論文集にその
   年(11年の1月1日より12月末日までに発行されたものをいう)に発表された論文で
   あること.

 3. 被推薦者はOR学会員で,年齢は原則として40歳以下であること.

 なお,論文の著者が複数以上あるときには,主としてその論文の作成にあたった者を
もって代表とし,被推薦者とします.

〔実施賞〕 ORの実施を強く推薦してきた個人,グループまたは企業等に贈られます.従来は,東亜燃料工業梶C鞄立製作所,中部電力梶C兵庫県,中国電力梶C(財)電力中央研究所,住友金属工業梶C三菱石油梶C川崎製鉄梶C鞄月ナ,日本電気梶C田辺製薬梶C鞄通総合研究所,轄\造計画研究所,松下電工梶C活タ川電機,東京ガス梶CNTT研究開発本部,秩父小野田梶C富士通潟\フトウェア事業本部ミドルウェア事業部,潟[クセル技術本部等,企業が主な受賞者でした.

〔普及賞〕 ORの普及に大きな貢献をした個人,グループまたは企業等に贈られます.従来は,森村英典,後藤正夫,森口繁一,横山 保,河田龍夫,小林宏治,国澤清典, 西野吉次,三根 久,松田武彦,近藤次郎,西田俊夫,梅沢 豊,斎藤嘉博,唐津 一,藤森謙一,三上 操,小田部 斎,原野秀永,千住鎮雄,依田 浩,刀根 薫,松富武雄,児玉正憲,長谷川利治,御園生善尚,矢部 眞,本告光男,渡辺 浩,伊理正夫,高橋
磐郎,権藤 元,牧野都治の各氏および新日本製鐵梶C兜x士銀行,日科技連グループ,日本IBM梶CNTT,旧国鉄の各企業が受賞者でした.

〔事例研究奨励賞〕 すぐれた事例研究に対して贈られます.個人に限らず,グループや企業も対象になります.ただし,その研究は,学会誌等,本学会において発表されたものに限ります.なお,ソフトウェア部門は11月30日締切です.

〔学生論文賞〕 学生による優れたORに関する研究に対して贈られるものですが,来春提出される学部の卒業論文,または大学院の修士論文が対象となります.

 応募締切は平成12年3月31日といたしますが,詳しい募集要領は,OR誌2月号に掲載します.

(表彰委員会)

 


2.日本オペレーションズ・リサーチ学会
事例研究奨励賞(ソフトウェア部門)

第15回候補ご推薦のお願い
 いまやORの研究・教育・実施においてはソフトウェアが不可欠のツールとなって
います.しかも,年々多数の新しいすぐれたソフトウェアが作られていますが,これ
らは,はたして,広く有効に使われて,世の役に立っているでしょうか.

 本学会員の声として,ORに関連するソフトウェアを紹介し,評価し,会員に知らせ
てほしい,という要望がしばしば寄せられております.

  学会ではこのような情勢をふまえ,1985年度から優秀なソフトウェアの顕彰を実
施いたしております.つきましては今年度も下記の要領で,広く学会員から募集す
ることになりましたので,奮ってご応募ください.

  なお,本賞を,事例研究奨励賞の中のソフトウェア部門といたしましたのは,過去
の事例研究奨励賞においてコンピュータ・システムの開発に対する授賞を行なった実
績も参考として決定したものであります.

〔募集要領〕

1. 賞の名称:日本オペレーションズ・リサーチ学会事例研究奨励賞
         (ソフトウェア部門)

2. 選考の対象:ORの教育・実務において広くOR学会員に役立つもので,
          次のような対象を想定しております.

 (1)教育用ソフトウェア(大学・企業・その他教育機関においてOR教育
   研修用のソフトウェア)

 (2)OR技術の先端的ソフトウェア

3. 応募資格:本学会の会員
       (個人に限らずグループや企業も対象となります)

4. 応募手続:(1)提出書類

 @正会員による推薦状 1部  推薦状は学会所定の用紙とします.

 Aソフトウェア機能説明書(A4判3枚以内)5部
     機能説明書は学会所定の用紙とします.

 Bその他参考資料
    Input/Outputの例,解説書等の参考資料があれば,各1部添付し
    てください.ただし,提出の義務はありません.

 (2)提 出 先:日本OR学会表彰委員会

 (3)応募締切:平成11年11月30日(火) 必着

5. 表彰: 受賞者には,OR学会総会その他適当な機会に賞牌を授与すると
     ともに,受賞ソフトウェアの要約をOR誌に掲載して表彰する.

6. その他:(1)応募するソフトウェアは,広くOR学会員に役立つことが
     必要な条件であるため,一般学会員からの利用の要請を受け
     たときは,その便に応じることとしてください.ただし,
     学会は,利用について仲介の労をとることはいたしませんから
     当事者間で直接話し合ってください.

     (2)受賞にもれたソフトウェアについても,適当なものについ
     ては,主な機能等の紹介をOR誌に行なうこととします.

     ( 3 )応募者は、今年の春季研究発表会で発表済み、又は、
     秋季研究発表会のソフトウェアショウにおいて発表済みを条件
     とします。 

 



3, 第43回シンポジウム

日 時:平成12年3月26日(日) 12:30〜18:00

場 所:愛知大学車道校舎(名古屋市東区筒井二丁目10-31)

テーマ:「ゲームの理論とオペレーションズリサーチ」

実行委員長:玉置光司(愛知大学)

プログラム概要:

 1. 「競売と競争入札のゲーム理論」
         渡辺隆裕(岩手県立大学)

 2. 「探索ゲームとその周辺」
         菊田健作(神戸商科大学)

 3. 「投票による決定と投票者のパワー(協力ゲームによる分析)」
         武藤滋夫(東京工業大学)

 4. 「ゲームにおける決定不能性とランダムネス」
         中山幹夫(慶應義塾大学)

 5. 「無限ゲームについて」
         寺岡義伸(大阪府立大学
)   

 

  



4. 平成12年度春季研究発表会

日 程: 平成12年3月27日(月)〜3月28日(火) 研究発表会   
            3月29日(水) 見学会     

場 所: 名古屋工業大学(名古屋市昭和区御器所町)

特別テーマ: 「ORと環境」

  1996年9月にISO14000が正式に制定されて以来,我が国の認証件数も 本年5月末で2248事業所に達している. 環境問題は来るべき新しい世紀 において解決を迫られている最重要テーマの一つであり,幅広い現実問題 への科学的手法を開発・発展させてきたORの挑戦課題である.

実行委員長: 大野勝久(名古屋工業大学)

特別講演:一般公開(入場無料)

3月27日(月) 1:30〜2:30
          内山田 竹志(トヨタ自動車(株)取締役)
          「トヨタにおける環境問題への取り組み」

3月28日(火) 1:30〜2:30
          浜田 宏(デルコンピュータ(株)法人営業本部 本部長) 
          「21世紀のビジネスモデル:デル・ダイレクト・モデル、
           そしてインターネットビジネスに関する考察」

見学会:3月29日(水)
     見学先: 日本ガイシ(株)小牧工場、他1社を予定

発表申込締切:平成11年12月10日(金) 消印有効

*研究発表は、申込書及び、アブストラクトの提出をもって
 申し込み受付とします。

申込書および、著作権に関する承諾書の請求先:

 日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局
 Tel.03-3815-3351  E-mail:kenkyu@orsj.or.jp

*著作権に関する承諾書はOR学会事務局に送付してください。

申込書およびアブストラクト送付先:

 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 名古屋工業大学 生産システム工学科
 安達 公一

問合せ先: 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 名古屋工業大学 生産システム工学専攻
 大鋳 史男
  Tel. 052-735-5393 Fax. 052-735-5401
  E‐mail: ohi@system.nitech.ac.jp

 



5. 国際会議案内
International Conference on Applied Stochastic System Modeling(ASMM'2000)

日 程: 平成12年3月29〜30日

場 所: 京都ガーデンパレス(京都府)

アブストラクト送付先および連絡先:
〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1 
広島大学工学部第二類(電気系) ASMM'2000 事務局 
Tel.0824(24)7698 Fax.0824(22)7025
E-mail: osaki@gal.sys.hiroshima-u.ac.jp,
E-mail: satow@gal.sys.hiroshima-u.ac.jp

アブストラクト提出期限: 平成11年11月15日
(英文200字以内,キーワード5つ,著者連絡先を含むこと)

写真製版論文提出期限:平成11年12月31日

 

2000日米フレキシブル・オートメーション・シンポジウム 
−21世紀に向けて新技術革新についての国際会議−

日 程: 平成12年7月23-26日

場 所: ミシガン大学〔米国〕

アブストラクト送付先:
〒560-8531 豊中市待兼山町1-3 
大阪大学大学院基礎工学研究科システム人間系 新井健生
 Fax.06(850)6341 E-mail: jusfas_pc@arai-lab.sys.es.osaka-u.ac.jp 

連絡先:(日本側事務局)
〒525-8577 草津市 立命館大学ロボティクス学科 渡部透
Fax.077(561)2655 E-mail: watanabe@se.ritsumei.ac.jp 

アブストラクト提出期限:平成11年11月30日 (長論文と短論文があります.)

詳しくは,http://www.engin.umich.edu/prog/pim/2000JUSFA.html
をご覧下さい.

 



6.(社)日本工学会

  第9回科学技術振興・推進に関するシンポジウム
   ―科学技術と社会―

日 時:12月17日(金)13:20〜17:20

場 所:鹿島KIビル地下大会議室
    東京都港区赤坂6-5-30 Tel.03-5561-2111

プログラム:
 13:30〜14:10 基調講演 「何故”科学・技術と社会”なのか」 
       村上 陽一郎(国際基督教大学教授)

 14:10〜14:50 基調講演 「メタテクニカ」
       中島 尚正(東京大学工学部長)   ほか

参加費: 3,000円(含資料代)

参加申込:往復ハガキに、氏名・勤務先・同住所・同電話番号・所属学協会名を明記し、
       返信ハガキ表に通信先住所・氏名をご記入の上、下記に申し込んでください。
   〒107-0052 港区赤坂9−6−41 乃木坂ビル 日本工学会
   Tel.03-3475-4621 Fax.03-3403-1738

 



7.第11回RAMPシンポジウム

主  催: 数理計画研究部会(RAMP)

開催日 : 平成11年10月18日(月),19日(火)

場  所: 九州大学国際ホール(箱崎キャンパス)
       〒812-8581 福岡市東区箱崎6丁目10-1,
        Tel. 092-642-4239 (国際ホール準備室),
        Tel. 092-642-2142 (留学生センター事務)

      地下鉄「箱崎九大前」駅から徒歩8分,
           「貝塚」駅から徒歩 10分.


参加費: 一般5,000円,学生2,000円,
      (当日,会場受付にて参加費を添えてお申し込み下さい.) 

懇親会費: 一般5,000円,学生2,000円 (18日夜)

問合せ先: 第11回RAMPシンポジウム実行委員会
        〒812-8581  九州大学経済学部経済工学科  岩本誠一   
        Tel. Fax. 092-642-2488,
        大学院数理学研究科 川崎英文
        Tel. Fax. 092-642-2767,

会場地図,交通,ホテル等の情報はホームページ
http://www.me.titech.ac.jp/~uno  をご覧ください.

第11回RAMPシンポジウム・プログラム
10月18日(月)
9:30- 9:40 開会の挨拶
9:40-10:10

セッション1 組合せ理論とアルゴリズム
    オーガナイザー:松井知己 (東京大学)

1-1 列挙アルゴリズムの高速化とその周辺
     宇野毅明(東京工業大学)

1-2 限定合理性とマシンプレイヤー
     中山幹夫(慶応義塾大学)

10:10-10:25
休憩(15分)
10:25-12:55

1-3 単調DNFの双対性判定問題
    玉木久夫(明治大学)

1-4 線形化とLP緩和/SDP緩和
    藤江哲也(神戸商科大学)

12:55-14:10 昼休み
14:10-15:25

セッション2 生物の適応戦略
    オーガナイザー:巖佐 庸 (九州大学)

2-1 生物の適応戦略と最適化・ゲームモデル
    巖佐 庸(九州大学)

2-2 植物の適応戦略
    酒井 聡樹(東北大学)

15:25-15:45
休憩(20分)
15:45-17:15 2-3

動物行動の最適理論に関するモデリングの側面
    瀬野裕美(奈良女子大学)

2-4病原体の適応と進化:ホストとのゲーム
    佐々木顕(九州大学)

18:00-20:00 懇親会

 

10月19日(火)
9:30-11:00

セッション3 非線形計画法とその周辺
    オーガナイザー:川崎英文 (九州大学)

3-1 極値問題の大域的性質:共役点
     川崎英文 (九州大学)

3-2 非線形計画問題の感度分析とノンスムース・アナリシス
    白石俊輔 (富山大学)

11:00-11:15 休憩(15分)
11:15-12:00

3-3 半無限計画とその周辺
     伊藤 聡 (統計数理研究所)

12:00-13:15 昼休み
13:15-16:35 セッション4 数理計画の応用
    オーガナイザー:中山弘隆 (甲南大学)

4-1 多目的計画法による放射線外照射治療計画
     藤井進、熊本悦子 (神戸大学)

4-2 対話型多目的計画法を利用した渇水時意思決定
   加藤博光 ((株)日立製作所システム開発 研究所 )

14:45-15:05 休憩(20分)
15:05-16:35

4-3 タイヤ設計への最適化技術の応用
     阿部明彦 ((株)ブリヂストンタイヤ研究部)

4-4 レンズ設計分野における最適化技術の応用事例
     松居 寛 (キヤノン(株)創造環境推進センター)

16:35 閉会の挨拶

 

 

 


 
8.研究部会・グループ開催案内

OR/MSとシステム・マネジメント 評価のOR 地域産業戦略
システム最適化の理論と応用 待ち行列 COM・SCM・スケジューリング
グローバル政策    

 

 

 





[OR/MSとシステム・マネジメント]

10月度

日 時:10月2日(土) 13:30〜16:30

場 所:電気通信大学P棟4F418会議室
    〒182−8585 東京都調布市調布が丘1−5−1
    (京王線調布駅北口より徒歩7分)

テーマ:「SCMへの挑戦ー米国企業のグローバル戦略の視点から」

講 師:星野 裕 氏((株)社会工学研究所 理事 −元サンマイクロシステムズ社
    SCM担当ディレクタ)

問合せ先: 住田 友文(電気通信大学)
          E-mail:sumida@is.uec.ac.jp ,  
          Tel:0424-43-5665 , Fax:0424-89-1630
       林田 収二(古河電気工業)
          E-mail:hayasida@ho.furukawa.co.jp ,
          Tel:03-3286-3341 , Fax:03-3286-3667

 


[評価のOR]
第18回

日 時:10月16日(土) 13:30〜16:00

場 所:成蹊大学資料館(吉祥寺駅下車,バス成蹊学園前下車,正門を入って
     守衛所の右脇,吉祥寺駅より徒歩20分)2階大会議室

テーマと講師:
 (1)「DEAを用いての不良債権処理を加味した銀行の費用効率性の計測」
      高橋 智彦(日本生命及び筑波大学大学院)

 (2)「AHPを援用したコーポレート・ブランドの評価枠組みに関する研究」
      住田 友文,荒木 一宏(電気通信大学大学院)

問合せ先:日本大学生産工学部数理工学科 篠原 正明
        Tel.047(474)2672   Fax.047(474)2669
        E-mail: m7sinoha@ccu.cit.nihon-u.ac.jp 

 


〔地域産業戦略〕   
第4回 

日 時: 10月22日(金)17:00〜18:30 

場 所: 北海道大学工学部情報工学科会議室M153室

テーマ: 未定
講 師: なし

問合せ先: 北海道大学大学院工学研究科システム情報工学専攻
         複雑系工学講座調和系工学分野 山本雅人  
         Tel:  011-706-6497
         E-mail: masahito@complex.eng.hokudai.ac.jp

 


〔システム最適化の理論と応用〕
第4回

日 時:10月23日(土) 14:00〜17:00

場 所:九州大学経済学部2階会議室

テーマと講師:
(1)「遺伝的プログラミングによるカオス力学系の推定とその応用」
池田 欽一 (九州大学経済学部)

(2)「中小企業における情報化の現状と課題」
橋本 俊行 (近畿大学九州短期大学)

問合せ先:九州大学経済学部 時永 祥三
 Tel.092(642)2466 
E-mail: tokinaga@en.kyushu-u.ac.jp

 


〔待ち行列〕   
第145回 

日 時: 10月23日(土) 14:00〜16:30

場 所: 東京工業大学本館1―94号室

テーマと講師:
 (1) 多数回最適停止問題の解法の考察
        穴太克則(南山大学経営学部)
 (2) A Direct Approach to Exceptional Service Models
        見学宏修・宮沢政清(東京理科大学・理工学部)

問合せ先:筑波大学大学院経営システム科学  牧本 直樹
    Tel:03(3942)6874
    E-mail:makimoto@gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp

 


[COM・SCM・スケジューリング]
第16回

日時 :10月7日(木) 18:00〜20:00

場所 :青山学院大学 青山キャンパス総研ビル

テーマ:「売上増大と在庫削減を動機づけるスループット会計」

講師 :菅本栄造(専修大学商学部)

第17回

日時 :11月12日(金) 14:00〜18:00

場所 :青山学院大学 青山キャンパス総研ビル

テーマ:「ラグランジュ緩和法とスケジューリング」
     開催100回記念特別研究会(チュートリアル講演と座談会)

問合せ先:東洋大学経営学部 今泉 淳
       Tel.048(468)6691(FAX兼用)
       E-mail:jun@prod.mng.toyo.ac.jp

 


〔グローバル政策〕
第7回

日 時:11月20日(土)14:00〜17:00

場 所:三菱総合研究所4階CR-4会議室
    (東京都千代田区大手町2-3-6)

テーマ:「意志決定支援システム」

講師: 市川雅也 (三菱重工)

懇親会:研究会に引き続き実施、会費2,000円程度

問合せ先:防衛庁 齋藤司郎
        Tel.03(3408)5211 内線2395   Fax.03-3470-0780
        E-mail:j5saito@jsc.go.jp

 


9. 会合案内
〔第 192回新宿OR 研究会〕

日 時:10月19日(火) 12:00 〜13:30  

場 所: 東天紅会議室 (新宿センタービル53F)

テーマ:「企業のリスクマネージメントの動向」 

講 師: 中嶋 秀嗣氏(安田リスクエンジニアリング梶j     

参加費: 3,000円

問合せ先:日本OR学会事務局


〔第 193回新宿OR 研究会〕

日 時:11月16日(火) 12:00 〜13:30  

場 所: 東天紅会議室 (新宿センタービル53F)

テーマ:「最近のISO活動について」 

講 師: 青木 朗氏(国際標準化機構-ISO-副会長・日本規格協会参与)     

参加費: 3,000円

問合せ先:日本OR学会事務局


〔第 71 回丸の内OR 研究会〕

日 時 :10 月13日(水)18:30 〜 20:30   

場 所 : トーマツ・コンサルティング(株) 
(港区芝浦4-13-23 MS芝浦ビル)
*今期、場所が変更になりましたのでご注意願います。

テーマ :「ANXを始めとする企業/業界次世代IPネットワークの動向」 

講 師 : 紫合 治氏 (NECインターネット技術研究所 所長代理)

参加費: 丸の内OR研究会会員 (無料)
     非会員(3,000円)当日受付でお払いください。
ただし、参加については 1週間前までにお問い合わせください。

問合せ先:トーマツ・コンサルティング(株) 山本真士 Tel.03(3457)6745

 



10. 平成12年度研究部会新設・継続申請受付

 新しい部会活動のご提案を学会事務局までお寄せください.また,現在活動中の部会
のうちで,来年度も継続して活動することを希望される部会の主査の方は継続の申請をし
てください.締切は11月30日(火)です. 部会のメンバーの公募につきましては,研究普及委
員会がお手伝いいたします.

 詳細につきましては次号(11月号)をご参照ください.

 



11. 
教員公募案内

文教大学 情報学部 情報システム学科

募集人員: 教授または助教授 2名(次の専門分野で各1名)

専門分野:(1)マルチメディア情報技術関連分野 (2)認知心理学・教育心理学

担当予定科目:(1) マルチメディア特論,知能・メディア特論
 (2) 認知科学,情報行動研究法,コンピュータを利用したテレコミュニケーション

応募資格:大学院博士課程終了またはそれと同等の能力を有するもので,
着任時50才以下の方.大学院(修士課程)の関連科目を担当可能であることが望ましい.

採用予定: 平成12年4月1日

提出書類: 履歴書,研究業績リスト,主要業績の別刷り・コピーなど(5点以内)

応募締切:平成11年10月22日〔金〕

問合せ先:〒253-8550 茅ヶ崎市 文教大学湘南校舎教務課 Tel.0467(54)3703


岐阜大学工学部電気電子工学科 

募集人員: 教授 1名

専門分野: パワーエレクトロニクスおよびその関連分野

担当予定科目: エネルギー変換機器工学,エネルギー制御工学

応募資格: 上記専門分野における教育と研究に熱意があり,
博士後期課程学生の研究指導ができる方.50歳前後の方が望ましい.

採用予定: 平成12年4月1日を目処にできるだけ早い時期

提出書類: 履歴書、研究概要ならびに研究業績リスト,主要論文5編程度の別刷り,
教育と研究に関する抱負〔2000字程度〕

応募締切:平成11年11月29日〔月〕 必着

問合せ先:〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 岐阜大学工学部電気電子工学科 
学科長 渡邊貞司 Tel.058(293)2700 Fax.058(230)1621
Email. watanabe@cc.gifu-u.ac.jp

詳しくは,http://guwww.cc.gifu-u.ac.jp/%7Eishikawa/ をご覧下さい.