入会申込み お問合せ ENGLISH

会員学会だより

2000年
No.353 12月号
No.352 11月号
No.351 10月号
No.350 9月号
No.349 8月号
No.348 7月号
No.347 6月号
No.346 5月号
No.345 4月号
No.344 3月号
No.343 2月号
No.342 1月号
学会だよりに戻る
 

 

No.349 2000年 8月 OR学会だより  目次  
1 事例研究奨励賞について
2 第44回シンポジウム (9/26)
3 平成12年度秋季研究発表会 (9/27〜 28)
4 平成12年度第2回ORセミナー (9/12)
5 第45回シンポジウム (2001.4/30)
6 平成13年度秋季研究発表会 (2001.5/1〜 2)
7 研究部会・グループ開催案内
8 会合案内
9 助成案内
10 公募案内


1. 事例研究奨励賞について

事例研究奨励賞(ソフトウエア部門賞を含む)の応募要項は下記の通りです。応募される方は会員の推薦状(所定用紙)をつけて、表彰委員会に申し出て下さい。 表彰委員会

[事例研究奨励賞応募要項]

 学会員の行ったすぐれた事例研究に対して贈られます。学会員個人に限らず、学会員を含むグループも対象になります。事例研究の対象としては、ORの教育・実務において広く学会員に役立つソフトウエアの開発も含みます。但し、その研究は、学会誌、学会の大会等、本学会において発表(ソフトウエアの場合はデモンストレーションを含む)されたものに限ります。

 尚、ソフトウエアの開発の場合は、そのソフトウエアの本体あるいはサブセット版(機能限定等)が無償で学会員に提供されることが前提になりますが、本体が市販される目的で開発されたかどうかは問いません。

 なお、この賞を含めて本年度日本OR学会各賞候補ご推薦のお願いはOR誌10月号に掲載予定です。

 


2. 第44回シンポジウム

日 程: 9月26日(火)

場 所: 東京工業大学 (東京都目黒区大岡山2-12-1)

テーマ: 「ORと金融工学」

実行委員長: 今野 浩 (東京工業大学)

プログラム:

10:00〜10:30 「ORと金融工学」
今野 浩 (東京工業大学理財工学研究センター)

10:30〜11:20 「電子金融工学(インターネット・ファイナンス)」
白川 浩 (東京工業大学理財工学研究センター)

11:20〜12:10 「オプション価格の単調性と凸性」
木島 正明 (東京都立大学経済学部)

12:10〜13:30  ― 昼食 −

13:30〜14:20 「quantile hedge による DAA」
中村 信弘 (一橋大学国際企業戦略研究科)

14:20〜15:10 「不動産ファイナンスの現状と展望」
森平 爽一郎 (慶應義塾大学総合政策学部)

15:10〜15:30  ― 休憩 ―

15:30〜17:00 パネル・ディスカッション 「金融工学の将来」
パネリスト:今野 浩 (司会)
刈屋 武昭 (京都大学・金融工学研究センター)
白川 浩 (東京工業大学・理財工学研究センター)
三浦 良造 (一橋大学・国際企業戦略研究科)
森平 爽一郎 (慶應義塾大学・総合政策学部)

参加費: 正・賛助会員 3,000円、学生会員 1,000円、非会員 3,000円
      *事前申込は、本誌綴込みの振替用紙にて9月15日までにお願いします。
      *請求書又は、領収書の必要な方は、学会事務局まで、電話03(3815)3351または
        メール kenkyu@orsj.or.jp にてご連絡下さい。

問合せ先: 〒152-0033 目黒区大岡山2-12-1
        東京工業大学 社会理工学研究科経営工学専攻今野研究室  宇野 毅明
        Tel.03(5734)2251 E-mail: uno@me.titech.ac.jp

詳しくは、 http://www.orsj.or.jp/resconf3/index.html  をご覧下さい。

 



3. 平成12年度秋季研究発表会

日 程: 9月27日(水), 28(木)

場 所: 東京工業大学(東京都目黒区大岡山2-12-1)

特別テーマ: 「21世紀のOR」

実行委員長: 今野 浩(東京工業大学)

参加費: 正・賛助会員 6,000円、 学生会員 2,000円、 非会員 6,000円
  *事前申込は、本誌綴込みの振替用紙にて9月15日までにお願いします。
      *請求書又は、領収書の必要な方は、学会事務局まで、電話03(3815)3351または
       メール kenkyu@orsj.or.jp にてご連絡下さい。

登壇料: 非会員のみ 2,000円/件 (本学会の許可が必要)

特別講演: 一般公開(入場無料)

27日(水)11:10〜12:10  木村 孟 (大学評価・学位授与機構 機構長)

28日(木)13:30〜14:30  庄山 悦彦  (鞄立製作所社長)

*発表の申込みは締め切りました。

懇親会:27日(水) 18:00 より 参加費6,000円

問合せ先: 〒152-0033 目黒区大岡山2-12-1
        東京工業大学 社会理工学研究科経営工学専攻今野研究室  宇野 毅明
        Tel.03(5734)2251 E-mail: uno@me.titech.ac.jp

ホテル案内

チサンホテル東京   Tel.03(3785)3211

  品川区西大井6-1-1 (東急大井町線中延駅) ¥9,300

ホテル ワトソン   Tel.03(3490)5566

  品川区上大崎2-26-5 (東急目黒線目黒駅)  ¥9,000

ホテルアミスタ大井   Tel.03(5983)0154

  品川区大井1-35-2  (東急大井町線大井町駅) ¥8,900

詳しくは、 http://www.orsj.or.jp/resconf3/index.html  をご覧下さい。

 


4. 平成12年度第2回ORセミナー 『ORを使おう』 
- EXCEL を使った実務問題の解決と情報活用法 -

開催主旨:
 ORはややもすると数理的方法が強調され過ぎてきたきらいがあるが、実際には問題を見つけた り解決していくための方法として発生し、産業でも、行政でも広く使われ成果を挙げてきた。このORが近年のITの進歩により、更に身近な存在になりつつある。

 本セミナーでは、ORに対する基本的理解を深めるとともに、組織における経営上のさまざまな問題を身近で理解しやすい事例を使いながら、マイクロソフト・EXCELを使って解決する方法を解説する。

日 時: 平成12年9月12日(火) 10:00〜17:00

会 場: 東京ガス竃{社ビル  (〒105-8527   東京都港区海岸1-5-20,  
      JR浜松町駅南口下車徒歩5分,地下鉄都営浅草線大門駅下車徒歩10分)
(大阪でも同内容のセミナーを平成13年1月開催予定)

プログラム:

1.10:00〜12:00 「企画案の選択」
講師: 文教大学  真鍋 龍太郎教授

幾つかの企画案の中から一つを選択する場合に、相反する評価基準があって戸惑うことが多い。そのように相反する複数の条件下で複数候補案を評価選択するという複雑な意思決定をする上で役立つ階層化意思決定法(AHP)について解説する。

2.13:30〜14:30 「ORによる問題解決」  
講師: 東京工業大学  森村 英典名誉教授

オペレーションズ・リサーチ(OR)は様々な実務問題解決のための方法として考え出され、産業でも、行政でも広く使われ成果を挙げて来た。 これらORの手法の全般を概説し、その基本的考え方を解説する。

3.15:00〜17:00 「生産や輸送の問題解決のためのOR」
      講師: 静岡大学  高井 英造教授

    実務の場でしばしば出くわす生産や輸送等の問題は、線形計画法(LP)として定式化できる場合が多 
    い。 近年このLPがパソコン上で手軽に解けるようになった。 LPモデルビルディングと応用事例等に関
    して解説する。

テキスト: 当日配布 「問題解決のためのオペレーションズ・リサーチ入門」 日本評論社刊

参加費: 正・賛助会員 25,000円、 学生会員 5,000円、 非会員 30,000円

申込方法: 8月31日(木)までに学会事務局へE‐mail または FAXにて
        E‐mail: kenkyu@orsj.or.jp,  FAX 03(3815)3352

問合せ先: (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局 Tel. 03(3815)3351
        〒113-0032 文京区弥生2-4-16 学会センタービル内

 


5.第45回シンポジウム

日 時: 平成13年4月30日(月)

場 所: 法政大学

 


6.平成13年度春季研究発表会

日 程: 平成13年5月1日(火), 2(水)

場 所: 法政大学

*日本経営工学会との同時開催になります

実行委員長: 若山 邦紘 (法政大学)

 


7. 研究部会・グループ開催案内

評価のOR

 

〔評価のOR〕
第3回

日 時: 10月21日(土)13:30〜16:00

場 所: 政策研究大学院大学 3階教室E (〒162-8677 新宿区若松町2-2)
      都営新宿線あけぼの橋下車、徒歩10分、東京女子医大のとなり、旧 税務大学校の跡地)

テーマ と講師:

「本音と建前を考慮した意思決定手法.....副題 AHP vs Conjoint 分析」
松生 拓倫 (日本大学大学院 生産工学研究科 篠原研究室)

「地域特性と軽自動車保有の関連分析」
江藤 将人 (電気通信大学大学院 情報システム学研究科 住田研究室)
今後の予定: 第4回 11月18日(土)、研究発表、政策研究大学院大学(あけぼの橋)
第5回 12月 9日(土)、研究発表と忘年会、政策研究大学院大学(あけぼの橋)
第6回 2001年1月27日(土)、学生大会、政策研究大学院大学(あけぼの橋)
第7回 2001年2月24日(土)、学生大会、政策研究大学院大学(あけぼの橋)

問合せ先: 日本大学生産工学部数理工学科 篠原 正明  
        〒 275-8575 習志野市泉町1-2-1
        Tel.047-474-2672 E-mail :m7sinoha@ccu.cit.nihon-u.ac.jp

 


8.会合案内
〔第201回 新宿OR 研究会〕

日 時: 9月19日(火)12:00 〜13:30  

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマ: 「 漁船設計の経験 」     

講 師: 山川 信雄氏 (技術士)

参加費: 3,000円

問合せ先:日本OR学会事務局

 


9.助成案内

第16回電気通信普及財団賞 論文・学生論文募集

テーマ: 1. テレコム社会科学賞・同学生賞―電気通信についての社会科学的観点からの研究

2. テレコムシステム技術賞・同学生賞―電気通信およびそれに関連する情報処理についての工学
的,技術的観点からの研究

応募締切: 平成12年9月30日必着

問合せ先: 〒105-0003 港区西新橋1-6-11 西新橋光和ビル
        電気通信普及財団  Tel.03(3470)7518

  詳しくは, http://www.taf.or.jp/  をご覧下さい.

 

 


10.公募案内

防衛大学校 電気情報学群 情報工学科

募集人員: 助手3名(下記分野ごとに各1名)

専門分野: a. オペレーションズ・リサーチ(OR),特に最適化とその応用,意思決定
b. 計算機アーキテクチャ,論理設計及び並列処理
c. ロボティックス,メカトロニックスと制御工学の実験的研究

着任時期: 平成13年4月1日

応募資格: 1. 修士またはそれ以上の学位を有すること.できれば,博士号が望ましい。
2. 採用時年齢が30歳以下であること。

提出書類: 履歴書,研究業績リスト,主要論文の別刷り又はコピー,これまでの研究概要と今後の研究計画
        (A4,1枚程度),応募者の業績等を問合せできる方1名の氏名・住所

応募締切: 平成12年9月30日(土)必着

問合せ先: 〒239-8686 横須賀市走水1-10-20 防衛大学校情報工学科  山田 武夫(学科長)
        Tel.0468(41)3810 内線2435 Fax.0468(44)5911
        E-mail: yamada@nda.ac.jp

 

 


武蔵工業大学  工学部 経営工学科

その1)
募集人員: 教授または助教授1名

専門分野: マネジメントシステム工学

担当科目: マネジメントシステム関連科目および実験

着任時期: 平成13年4月1日

応募資格: 1. 50歳以下
2. 数理的要素と、IT(情報技術)を活用した実践的マネジメントシステムの開発・適用・分析の経
験がある人
3. 博士の学位をもつ人

提出書類: 履歴書、研究業績リスト、主要な研究業績の要旨(各500字程度)、主要論文の別刷又はコピー、
        今後の研究・教育に対する抱負(1000字程度)

その2)
募集人員: 技術員1名

職務内容: ネットワーク管理

着任時期: 平成13年4月1日

応募資格: 1. 35歳以下
2. 学士の学位をもつか、4年生大学卒業見込みのある人

提出書類: 履歴書、研究業績リスト、今後の研究・教育に対する抱負(1,000字程度)

*どちらも、締切、問合せ先は以下のとおり

応募締切: 平成12年8月31日必着

問合せ先: 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
        武蔵工業大学工学部経営工学科 主任教授 横山 真一郎
        Tel. 03(3703)3111(代)(内 3333)  Fax. 03(3703)4887
        E-mail: yokoyama@ie.musashi-tech.ac.jp 

 

 



学会事務局夏期休暇のお知らせ

平成12年8月7日(月)〜11日(金)