入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより

2001年
No.365 12月号
No.364 11月号
No.363 10月号
No.362 9月号
No.361 8月号
No.360 7月号
No.359 6月号
No.358 5月号
No.357 4月号
No.356 3月号
No.355 2月号
No.354 1月号
学会だよりに戻る
 

 

No.355 2001年 2月 OR学会だより  目次 
1 日本OR学会学生論文賞の論文募集
2 平成13年度通常総会
3 第45回シンポジウム (2001. 4/30)
4 平成13年度春季研究発表会 (2001. 5/1〜 2)
5 第7回企業事例交流会  (2001. 5/1)
6 平成12年度第3回インタラクティブフォーラム (2001. 2/16)
7 研究部会・グループ開催案内
8 会合案内
9 他学協会案内


1. 日本オペレーションズ・リサーチ学会学生論文賞の論文募集

 OR学会の発展は,将来の優秀なOR研究者およびOR実務担当者の養成いかんにかかっています.その一助として,日本OR学会は,昭和58年度より,ORに対する学生の関心を高めかつ大学におけるOR関係学科間での情報交流にも役立てるため,学生会員の卒業論文,修士論文の中から,毎年優秀なものを選び,「日本オペレーションズ・リサーチ学会学生論文賞」として表彰することを実施しております.

 つきましては,下記応募要領で広く学生会員から論文を募集することとなりましたので,ふるってご応募ください.また,指導教官(教員)の方々にもぜひご勧誘くださいますようお願い申し上げます.

〔応募要領〕

1. 応募資格 2001年3月に学部を卒業,あるいは修士課程を修了する会員で,ひきつづき学生会員あるいは正会員である者.

2. 応募手続

 (1)提出書類 
@論文要約 (A4判で3枚以内) 2部
A学会員である指導教官(教員)の推薦状1部(推薦状は学会所定の用紙としますので,学会 事務局宛ご請求ください)

 (2)提 出 先 日本OR学会 表彰委員会

 (3)応募締切 3月31日 (必着)

3. 表彰 受賞者には,OR学会研究発表会その他適当な機会に賞牌を授与するとともに,受賞論文の要約をOR誌に掲載して表彰する.

4. その他 選考過程で第2次の受賞候補論文となったものについてはその全文のコピーとOR誌掲載用の論文要約(学会指定)を各3部提出しなければならない.

 


2.平成13年度通常総会

日 時: 4月20日(金) 15:00〜17:00

会 場: 学士会分館 (赤門)  (営団地下鉄丸の内線本郷三丁目下車)

 


3.第45回シンポジウム

日 時: 平成13年4月30日(月)

場 所: 法政大学 (市ヶ谷校舎)

テーマ: 「インターネットへの待ち行列理論の応用(仮)」

実行委員長: 逆瀬川 浩孝(早稲田大学)

プログラム:

 (1) 10:30〜10:40 開会の挨拶

 (2) 10:40〜12:10 「Proxyサーバを用いたWebサーバアクセスのモデル化」 高橋敬隆(早稲田大学)

 (3) 13:15〜14:45 「移動体通信システムへの待ち行列理論の応用(仮)」 高橋 豊(京都大学)

 (4) 15:00〜16:15 「TCP/IP系の実測データの特性(仮)」 滝根哲哉(京都大学)

 (5) 16:15〜17:30 「グループセキュリティの性能評価」 豊泉 洋(会津大学)

事前振込み参加費: 正・賛助会員 3,000円, 学生会員 1,000円, 非会員 4,000円

当日申込み参加費: 正・賛助会員 4,000円, 学生会員 2,000円, 非会員 5,000円

* 事前振込みは,2月号に綴込みの振替用紙にて4月15日までにお振込み下さい.
折り返し,メール又はFAXにて受付番号をお知らせいたします.
当日は受付番号をご提示下さい.
欠席の場合,参加費の返金はできません. (予稿集を送付致します)

 


4.平成13年度春季研究発表会

日 程: 平成13年5月1日(火), 2(水)

場 所: 法政大学 (小金井校舎) *日本経営工学会との同時開催になります

実行委員長: 若山 邦紘 (法政大学)

特別テーマ: 「IT世紀のマネジメント」

実行委員長: 若山 邦紘(法政大学)

事前振込み参加費: 正・賛助会員 6,000円, 学生会員 2,000円, 非会員 8,000円

当日申込み参加費: 正・賛助会員 7,000円, 学生会員 3,000円, 非会員 10,000円

*事前振込みは,2月号に綴込みの振替用紙にて4月15日までにお振込み下さい.
折り返し,メール又はFAXにて受付番号をお知らせいたします.
当日は受付番号をご提示下さい.
欠席の場合,参加費の返金はできません.(アブストラクト集を送付致します)

登壇料: 非会員のみ,2,000円/件(本学会の許可が必要)

発表申込締切: 平成13年2月13日(火) 必着

申込書の請求及び送付先: (財)日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局
 〒113-0032 文京区弥生2-4-16  学会センタービル3F
 Tel.03(3815)3351 Fax.03(3815)3352
 E-mail: kenkyu@orsj.or.jp

*研究発表は申込書およびアブストラクトの提出をもって申込み受付とします.

*締切日以降の申込は一切受け付けませんので,予めご了承願います.

*国際セッション(英語での発表)参加者を募集します.申込用紙の特別セッション欄に記入して下さい.

問合せ先: 若山邦紘(法政大学)
    E-mail: wakayama@k.hosei.ac.jp

 


5.第7回企業事例交流会

趣 旨: 企業事例交流会とは企業のOR実務担当者に,OR実施例 ( 問題の発生からさまざまな苦労を経て
解決に至る苦労話など ) を,新規研究の研究発表という形式ではなく,ORの適用事例という位置付
けで発表していただくものです.

日 程: 平成13年5月1日(火)

場 所: 法政大学

発表申込締切: 平成13年2月13日(火) 必着

申込書の請求及び送付先は研究発表会と同一です.

問合せ先: 財団法人 鉄道総合技術研究所 輸送情報技術研究部 平井 力
  E-mail: hirai@rtri.or.jp

 


6.平成12年度OR企業フォーラム
第3回インタラクティブフォーラム のご案内

テーマ: 「SCMとロジステイクス戦略」

ゲストスピーカー: 鞄結档鴻Wスティクス研究所 代表取締役社長 重田 靖男氏

日 時: 平成13年2月16日(金) 18:00〜20:30

場 所: 学士会館(神田)306会議室  千代田区神田錦町3-28
  Tel. 03(3292)5931
  地下鉄半蔵門線,都営三田線,都営新宿線神保町駅下車(出口A8) 徒歩3分

参加資格者: OR学会会員 参加費(無料)  (個人正会員,学生会員,賛助会員)

申込み先: (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会事務局 
        Tel.03(3815)3351 Fax.03(3815)3352
         E-mail: forum@orsj.or.jp

 なお,運営上の都合により参加者を20名程度に限らせて頂きます.
 また,賛助会員のご参加は各企業2名以内に限らせて頂きます.
 お申し込みはE-mailにても承っております.

必要事項: @インタラクティブフォーラムの開催日 Aお名前 B所属組織・部署名 
       C会員種別(個人正会員,学生会員,賛助会員) D連絡先住所 ETELまたはFAX番号

 


7.研究部会・グループ開催案内

待ち行列 評価のOR

 

〔待ち行列〕
第155回

日 時: 2月17日(土) 14:00〜16:30

場 所: 東京工業大学 西8号館(W)809号室

テーマと講師:

(1)「待ち行列ネットワークにおける定常分布の裾の減少率:既存の結果と予想」 宮沢政清(東京理科大学)

(2)「決定論的インターネットトラヒック評価」  豊泉 洋(会津大学)

問合せ先:東京工業大学大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 三好直人
 Tel.03(5734)3218
 E-mail: miyoshi@is.titech.ac.jp

 


〔評価のOR〕
第7回 学生大会

日 時: 2月 24日(土)13:30〜16:30

場 所: 政策研究大学院大学 3階教室E (〒162-8677 新宿区若松町2-2)

 都営地下鉄新宿線あけぼの橋下車 徒歩10分 (あるいは、都営地下鉄大江戸線 若松河田下車 
 徒歩4分) 東京女子医大のとなり,旧税務大学校の跡地

(1) 「距離関数を用いた多変量データ解析」 畑澤文祐 (日本大学生産工)

(2) 「マインド遷移モデルとしてのANP」 宮本隼一 (日本大学生産工)

(3) 「Self-Delphi法による本音と建前を考慮した携帯電話選択意思決定」 皿田武史 (日本大学生産工)

(4) 「マルコフ連鎖の基本閉路フロー分解とそのANPへの応用」 留田 慎一朗 (日本大学大学院)

(5) 「DEAを用いた福祉サービスの分析」 伊佐治 直 (政策研究大学院大学)

(6) 「DEAモデルの多目標計画法への応用〜新規出店問題において〜」 神取直貴 (東京理科大学)

(7) 「ある外食企業の支店評価の提案」 川上高広 (東京理科大学)

(8)「ファジィデータおよび欠損データに対するDEAモデル」 野上亮太(東京理科大学)

問合せ先: 日本大学生産工学部数理工学科 篠原正明 (〒275-8575 習志野市泉町1-2-1)
 Tel.047(474)2672
 E-mail: m7sinoha@ccu.cit.nihon-u.ac.jp

 


8.会合案内
〔第205回新宿OR 研究会〕

日 時: 2月20日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室 (新宿センタービル53F)

テーマ: 「知的交通システム(ITS)について」

講 師: 長谷川 利治氏 (OR学会会長)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 


〔第206回新宿OR研究会〕

日 時: 3月21日(水) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマ: 「発見科学やデータマイニング技術の産業応用について」

講 師: 香田 正人氏 (筑波大学教授)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 


9.他学協会案内
第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス(協賛)

主 催: 日本シミュレーション学会

日 程: 平成13年6月20日(水)・21日(木)

場 所: 中央大学 市ヶ谷キャンパス

問合せ先: 日本シミュレーション学会 Tel.03(3239)4738 Fax.03(3239)4714
 E-mail: simul@pp.iij4u.or.jp

*詳しくは,http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jsst をご覧下さい.