入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
2005年目次

 

No.411  2005年 10月 OR学会だより  目次 
1 第55回シンポジウム
2 平成18年春季研究発表会
3 第17回企業事例交流会
4 第17回RAMPシンポジウム
5 平成18年度研究部会新設・継続申請受付
6 研究部会・グループ開催案内
7 会合案内
8 他学協会案内
9 公募案内


1. 第55回シンポジウム

日 程: 平成18年3月13日(月)

場 所: 中央大学(後楽園キャンパス)

実行委員長: 加藤直樹(京都大学)

 

 


2. 平成18年春季研究発表会

日 程: 平成18年3月14日(火),15日(水)

場 所: 中央大学(後楽園キャンパス)

実行委員長: 田口 東(中央大学)


 


3. 第17回企業事例交流会

日 程 :平成18年3月14日(火)

場 所: 中央大学(後楽園キャンパス)


 


4. 第17回RAMPシンポジウム

日 程: 10月20日(木),21日(金)

場 所: シティ弘前ホテル

主 催: (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会

懇親会: 10月20日(木) シティ弘前ホテル

参加費: 一般5,000円,学生2,000円  (懇親会費5,000円,論文集のみ4,000円)

プログラム:
1. 10月20日(木) 9:30〜12:30  「リスクマネジメントの最適化」
    オーガナイザー: 福島雅夫 (京都大学情報学研究科)
(1) 「震災リスクを考慮した道路ネットワークの冗長性の効果:空間応用一般均衡アプローチ」
   多々納裕一, 土屋哲 (京都大学防災研究所)
(2) 「企業価値最大化のための借入比率」  甲斐良隆 (関西学院大学経営戦略研究科)
(3) 「数理最適化による空港手荷物検査のリスク管理」  熊野信太郎 (三菱重工業高砂研究所)
(4) 「Optimization-based Data Mining in Credit Card Risk Management」
  Shi Yong (Chinese Academy of Sciences Research Center on Data Technology&Knowledge Economy)

2. 10月20日(木) 14:00〜17:00  「離散凸解析の新展開」
    オーガナイザー: 岩田覚 (東京大学大学院情報理工学系研究科)
(1) 「離散凸解析の基礎」  室田一雄 (東京大学大学院情報理工学系研究科)
(2) 「離散凸解析の数理経済学への応用」  田村明久 (慶應義塾大学理工学部数理科学科)
(3) 「ポテンシャルゲームと離散凸性」  宇井貴志 (横浜国立大学経済学部)
(4) 「劣モジュラ幾何学序説」  平井広志 (京都大学数理解析研究所)

3. 10月21日(金) 9:30〜12:30  「連続最適化」
    オーガナイザー: 水野眞治 (東京工業大学社会理工学研究科)
(1) 「非線形最適化法の最近の動向」  矢部博 (東京理科大学理学部数理情報科学科)
(2) 「大規模な半正定値計画問題の解法」  中田和秀 (東京工業大学社会理工学研究科)
(3) 「CVaR最小化とその応用」  後藤順哉 (筑波大学システム情報工学研究科)
(4) 「多相分割問題の共役性と双対性」  川崎英文 (九州大学大学院数理学研究院)

4. 10月21日(金) 14:00〜17:00  「数値最適化」
 オーガナイザー: 山本哲朗 (早稲田大学理工学部)
(1) 「Equilibrium Programs with Equilibrium Constraints and Electricity Market Models」
  Danny Ralph (Judge Institute of Management, University of Cambridge)
(2) 「線形計画問題に対する内点法の新しい計算複雑度解析と中心曲線の幾何学的性質」
  土谷隆 (統計数理研究所)
(3) 「パス追跡回路…式を回路で記述するSPICE指向型数値解析法」  山村清隆 (中央大学理工学部)
(4) 「大域最適化の実用化に向けて」  山下浩 (数理システム)

実行委員長: 陳小君 (弘前大学)

問合せ先: 第17回RAMPシンポジウム事務局  E-mail: ramp2005@st.hirosaki-u.ac.jp
         Tel.0172(39)3639,Fax.0172(39)3541

*詳しくは、http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/%7Eramp2005/ をご覧下さい.

 

 


5. 平成18年度研究部会新設・継続申請受付

 研究普及委員会では,その活動の大きな柱の1つとして,研究部会・グループの設立・運営のお手伝いをしてまいりましたが,来年度もこの方針に従って研究部会を積極的に育成していくことになりました.つきましては,新しい部会活動のご提案をふるって学会事務局にお寄せ下さい.部会の設置期間は,原則として2カ年以内ですが,理事会の承認が得られればさらに1カ年延長することも可能です.部会が発足しますと財政的な補助も致します.メンバーの公募につきましては,当委員会がお手伝い致します.研究テーマは,基礎理論から実践研究までご自由にお考えいただいて結構です.現在,次の部会が設置されています.待ち行列,OR/MSとシステム・マネジメント,数理計画(RAMP),統合オペレーション,評価のOR,アルゴリズム,意思決定とOR,ゲームと実験,AHPの世界,21世紀モノ造りマネジメント,世界のインフラストラクチャー,不確実性理論の経営科学への応用,マーケティング・インテリジェンス,食料・環境問題における数理的手法,経営・教育とOR,サプライチェーンネットワーク.
 なお,現在2年目の部会・グループのうちで来年度も活動を希望の場合は,継続の申請をして下さい.
*新設及び継続申請の締切は,11月25日(金)です.申請用紙は事務局までご請求下さい.
(研究普及委員会)

 


6. 研究部会・グループ開催案内

〔AHPの世界〕 ・第8回

日 時: 10月4日(火) 14:00 〜 17:00

場 所 :名城大学 都市情報学部 第1講義室
     〒509-0261 岐阜県可児市虹ヶ丘4-3-3 Tel.0574(69)0100(代表)
     名鉄 西可児駅下車徒歩15分,
  詳細はhttp://www.urban.meijo-u.ac.jp/2005flash/html/access/map.htmlをご覧下さい.


テーマと講師:
(1) 「なぜ今効用関数のかわりにAHP/ANPが必要なのか?」 木下栄蔵 (名城大学)

(2) 「AHPとロジットモデルの関係とその応用例」 尾崎都司正 (名古屋学院大学)

(3) 「行政評価とAHPについて」 佐藤祐司 (三重中京大学)

問合せ先: (財)電力中央研究所 大屋隆生 Tel. 03(3480)2111
      E-mail: ohya@criepi.denken.or.jp   Fax. 03(5497)0318

 


〔待ち行列〕 ・第187回

日 時:10月15日(土) 14:00〜16:30

場 所:東京工業大学 西8号館(W)809号室

テーマと講師:
(1)「Limit Laws for Terminal Nodes in Random Circuits with Restricted Fan-Out: A Family of Graphs Generalizing Binary Search Trees(仮)」
 築地立家(東京電機大学)
(2)「ユービキタス社会の実現に向けた次世代ネットワークの技術課題」
 宮保憲治(東京電機大学)

問合せ先:東京電機大学理工学部情報科学科 藤本衡
 Tel.049(296)2911(ext.2306)  E-mail: fujimoto@j.dendai.ac.jp

 


〔評価のOR〕 ・第12回 

日 時: 10月15日(土) 13:30〜16:30

場 所: 政策研究大学院大学, 港区六本木7-22-1,3階会議室A(東大生産技術研究所跡)
  地図はここにあります.→ http://www.grips.ac.jp/ 

テーマと講師:
(1) 「サッカー選手のDEA視点からの評価」 広津信義 (国立スポーツ科学センター)
(2) 「Network DEA について」 筒井美樹 ((財)電力中央研究所)
(3) 「7月ハワイ国際会議ISAHP2005とIFORS2005におけるDEAならびにAHPの研究動向」
   篠原正明 (日本大学)

今後の予定
  12月10日(土) 忘年会
   1月28日(土) 学生大会

問合せ先:日本大学生産工学部数理情報工学科  篠原 正明
   Tel.047(474)2672   E-mail:m7sinoha@cit.nihon-u.ac.jp

 


7.会合案内

〔第252回新宿OR研究会〕

日  時: 10月18日(火) 12:00〜13:30

場  所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマ: 「ジェット機で台風の目に飛び込む」

講  師: 高橋 清貴氏(ジャパンタイムズ 旅行事業部 部長)

参加費: 3000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 


8. 他学協会案内

 他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

・第18回年次大会(協賛)

主 催:バイオメディカル・ファジィ・システム学会

日 程:10月29日(土)〜30日(日)

場 所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス
 〒572-8530大阪府寝屋川市初町18-8
 Tel.072(824)1131
 URL: http://www.osakac.ac.jp/labs/t-wata/BMFSA/BMFSA2005annual/

問合せ先:大会事務局
 大阪電気通信大学 工学部第1部電子工学科  渡邊俊彦  
  E-mail: t-wata@isc.osakac.ac.jp

 


9. 公募案内          

・東京理科大学 工学部第二部 経営工学科

募集人数:教授,または助教授1名

専門分野:品質管理工学・統計工学またはその関連分野

担当科目:品質管理,経営工学実験など(相談の上決定)

勤務時間:午後3時〜9時30分まで

応募資格:(1)着任時に博士の学位を有する方,(2)大学院での研究指導,教育も担当できる方,(3)原則として年齢40歳〜55歳の方.(定年は65歳です)

着任時期:平成18年4月1日

提出書類:(1)履歴書(写真貼付.E-mailアドレス記入),(2)研究業績リスト,(3)論文別刷または著書計3編(コピー可),(4)研究,教育に対する抱負(A4版2ページ字以内)

応募締切:11月11日(金) 必着

問合せ先及び書類送付先:
 〒162-8601 新宿区神楽坂1-3  東京理科大学工学部第二部経営工学科
 主任 野口幸雄 Tel.03(5228)8357
 E-mail: noguchiy@ms.kagu.tus.ac.jp
 URL: http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/kougaku2/mana/
*封筒に「工学部第二部経営工学科教員応募書類在中」と朱書きし,書留にて送付のこと.