入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
2005年目次

 

No.410  2005年 9月 OR学会だより  目次 
1 第54回シンポジウム
2 平成17年秋季研究発表会
3 第16回企業事例交流会
4 第17回RAMPシンポジウム
5 研究部会・グループ開催案内
6 会合案内
7 研究助成案内
8 他学協会案内
9 公募案内


1. 第54回シンポジウム

日 程: 9月13日(火)

場 所: 神戸学院大学

テーマ: 「マネジメント再考とOR」

実行委員長: 三道弘明 (神戸学院大学)

プログラム:
13:00〜14:00 「研究開発のマネジメント」  
  野村淳二 (松下電工)
14:00〜15:00 「生産のマネジメント―その『狙ってきたもの.狙うべきもの』―」
  中川義之(キヤノンシステムソリューションズ)
15:10〜16:10 「マーケティングのマネジメント」  
 
中島 望 (大阪大学大学院経済学研究科)
16:10〜17:10 「金融のマネジメント―リスク管理と資本政策―」  
  甲斐良隆 (関西学院大学経営戦略研究科)

協賛学会: 経営情報学会,(社)計測自動制御学会,日本応用数理学会,(社)日本経営工学会,日本経営システム学会,地理情報システム学会

事前振込参加費: 正・賛助会員3,000円,学生会員1,000円,非会員4,000円
当日申込参加費: 正・賛助会員4,000円,学生会員1,000円,非会員5,000円
    (但し,学生の方は,学生証提示で1,000円)

*事前振込は,8月号綴込の振替用紙にて,9月6日(火)までにお振込下さい.
 
(欠席の場合,参加費の返金はできません.予稿集を送付致します).

* なお,会員特典として,個人正会員(年会費納入済み)がシンポジウムに参加する場合は,春,秋開催のうち年1回に限り,シンポジウム参加費が無料となります.
  この特典を利用する場合は事前申込が必要です.
・研究発表会にもご参加の場合は,8月号綴込みの振込用紙の「特典利用」に○をつけて研究発表会参加費をお振込下さい.
・ シンポジウムのみご参加の場合は,下記OR学会事務局宛にFAXで記入済み振込用紙を送付,またはメールにて特典利用の旨をご連絡下さい.


問合せ先:神戸学院大学経営学部 三道弘明   E-mail:sandoh@ba.kobegakuin.ac.jp

詳細につきましてはシンポジウムのホームページをご覧下さい.
http://kgue1.eb.kobegakuin.ac.jp/~or2005f/sympo

OR学会事務局:FAX.03(3815)3352 E-mail:kenkyu@orsj.or.jp

 

 


2. 平成17年秋季研究発表会

日 程: 9月14日(水) 研究発表会, 懇親会
        15日(木) 研究発表会
        16日(金) 見学会

場 所: 神戸学院大学 有瀬キャンパス

特別テーマ: 「ユビキタス社会とOR」

実行委員長: 塩出省吾 (神戸学院大学)

特別講演:(参加費無料)  長谷川利治氏 (南山大学)

事前振込参加費: 正・賛助会員6,000円, 学生会員2,000円, 非会員8,000円
当日申込参加費: 正・賛助会員7,000円, 学生会員2,000円, 非会員10,000円
       (但し、学生の方は,学生証提示で2,000円)

登壇料: 非会員の方のみ、参加費と別途2,000円/件(本学会の許可が必要)

*事前申込は8月号に綴込みの振替用紙にて9月6日(火)までにお振込下さい.(欠席の場合、参加費の返金 はできません.アブストラクト集を送付致します.)

懇親会: 9月14日(水)  (会費:事前振込4,000円 当日申込 5,000円)

問合せ先: 2005年日本OR学会秋季研究発表会実行委員
       神戸学院大学経営学部 塩出 省吾, 大角 盛広   E-mail:or2005f@ba.kobegakuin.ac.jp

*詳しくは、 http://kgue1.eb.kobegakuin.ac.jp/~or2005f/ をご覧下さい.

見学会: 9月16日(金)(参加費4,000円)

見学場所: UCC上島珈琲釜Z甲アイランド工場, 神戸酒心館(清酒「福寿」酒蔵), 須磨寺等

見学会問合せ先: 兵庫県立大学環境人間学部 米山寛二  E-mail: yoneyama@shse.u-hyogo.ac.jp

 


3. 第16回企業事例交流会

趣旨: 企業事例交流会とは,企業のOR実務担当者にOR実施例(問題の発生 からさまざまな苦労を経て解決に至る苦労話など)を新規研究の発表という形式ではなく、ORの適用事例という位置付けで発表していただき、学識者の方、 他企業の方と意見交換をして頂く場です.

日 程 :9月14日(水)

場 所: 神戸学院大学 有瀬キャンパス

参加方法: 研究発表会のセッションの一部として行ないますので,研究発表会参加の手続きをして下さい.

会 場 : G会場

スケジュール:
14:40〜16:10  
  「環境制御機器の省エネ・快適性協調制御システム」
   大林史明 (松下電工梶j
 「マンダム「オンリーワンマーケティング」への挑戦―企業革新のDNAがブランドを育て,マーケティングナレッジを創る―」
   桃田雅好 (潟}ンダム 常務取締役)
 「実務実績データ活用による緊急保安用車両の最適配置」
   木村新之介,橋本建信,本間理陽司 (東京ガス梶j

16:20〜17:20
  「中国におけるものづくり経験」
   喜多忠文 (元広東松下エコシステムズ有限公司 前社長)
 「マスカスタマイゼーション対応のサプライヤ生産計画システムの開発」
   上野信行,奥原浩之 (県立広島大学),渋木宏明(マツダ梶j,倉本敏明(潟純Cエヌエス)

問合せ先: 能勢豊一 (大阪工業大学工学部)  E-mail: nose@dim.oit.ac.jp

 


4. 第17回RAMPシンポジウム

日 程: 10月20日(木),21日(金)

場 所: シティ弘前ホテル

主 催: (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会

懇親会: 10月20日(木) シティ弘前ホテル

参加費: 一般5,000円,学生2,000円  (懇親会費5,000円,論文集のみ4,000円)

プログラム:
1. 10月20日(木) 9:30〜12:30  「リスクマネジメントの最適化」
    オーガナイザー: 福島雅夫 (京都大学情報学研究科)
(1) 「震災リスクを考慮した道路ネットワークの冗長性の効果:空間応用一般均衡アプローチ」
   多々納裕一, 土屋哲 (京都大学防災研究所)
(2) 「企業価値最大化のための借入比率」  甲斐良隆 (関西学院大学経営戦略研究科)
(3) 「数理最適化による空港手荷物検査のリスク管理」  熊野信太郎 (三菱重工業高砂研究所)
(4) 「Optimization-based Data Mining in Credit Card Risk Management」
  Shi Yong (Chinese Academy of Sciences Research Center on Data Technology&Knowledge Economy)

2. 10月20日(木) 14:00〜17:00  「離散凸解析の新展開」
    オーガナイザー: 岩田覚 (東京大学大学院情報理工学系研究科)
(1) 「離散凸解析の基礎」  室田一雄 (東京大学大学院情報理工学系研究科)
(2) 「離散凸解析の数理経済学への応用」  田村明久 (慶應義塾大学理工学部数理科学科)
(3) 「ポテンシャルゲームと離散凸性」  宇井貴志 (横浜国立大学経済学部)
(4) 「劣モジュラ幾何学序説」  平井広志 (京都大学数理解析研究所)

3. 10月21日(金) 9:30〜12:30  「連続最適化」
    オーガナイザー: 水野眞治 (東京工業大学社会理工学研究科)
(1) 「非線形最適化法の最近の動向」  矢部博 (東京理科大学理学部数理情報科学科)
(2) 「大規模な半正定値計画問題の解法」  中田和秀 (東京工業大学社会理工学研究科)
(3) 「CVaR最小化とその応用」  後藤順哉 (筑波大学システム情報工学研究科)
(4) 「多相分割問題の共役性と双対性」  川崎英文 (九州大学大学院数理学研究院)

4. 10月21日(金) 14:00〜17:00  「数値最適化」
 オーガナイザー: 山本哲朗 (早稲田大学理工学部)
(1) 「Equilibrium Programs with Equilibrium Constraints and Electricity Market Models」
  Danny Ralph (Judge Institute of Management, University of Cambridge)
(2) 「線形計画問題に対する内点法の新しい計算複雑度解析と中心曲線の幾何学的性質」
  土谷隆 (統計数理研究所)
(3) 「パス追跡回路…式を回路で記述するSPICE指向型数値解析法」  山村清隆 (中央大学理工学部)
(4) 「大域最適化の実用化に向けて」  山下浩 (数理システム)

実行委員長: 陳小君 (弘前大学)

問合せ先: 第17回RAMPシンポジウム事務局  E-mail: ramp2005@st.hirosaki-u.ac.jp
         Tel.0172(39)3639,Fax.0172(39)3541

*第17回RAMPシンポジウムではポスター発表を募集しています.(9/20まで)
*詳しくは、http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/%7Eramp2005/ をご覧下さい.

 

 


5. 研究部会・グループ開催案内

〔AHPの世界〕 ・第8回

日 時: 10月4日(火) 14:00 〜 17:00

場 所 :名城大学 都市情報学部 第1講義室
     〒509-0261 岐阜県可児市虹ヶ丘4-3-3 Tel.0574(69)0100(代表)
     名鉄 西可児駅下車徒歩15分,
  詳細はhttp://www.urban.meijo-u.ac.jp/2005flash/html/access/map.htmlをご覧下さい.


テーマと講師:
(1) 「なぜ今効用関数のかわりにAHP/ANPが必要なのか?」 木下栄蔵 (名城大学)

(2) 「AHPとロジットモデルの関係とその応用例」 尾崎都司正 (名古屋学院大学)

(3) 「行政評価とAHPについて」 佐藤祐司 (三重中京大学)

問合せ先: (財)電力中央研究所 大屋隆生 Tel. 03(3480)2111
      E-mail: ohya@criepi.denken.or.jp   Fax. 03(5497)0318

 


〔評価のOR〕 ・第12回 

日 時: 10月15日(土) 13:30〜16:30

場 所: 政策研究大学院大学, 港区六本木7-22-1,1階会議室1A(東大生産技術研究所跡)
  地図はここにあります.→ http://www.grips.ac.jp/ 

テーマと講師:
(1) 「サッカー選手のDEA視点からの評価」 広津信義 (国立スポーツ科学センター)
(2) 「Network DEA について」 筒井美樹 ((財)電力中央研究所)
(3) 「7月ハワイ国際会議ISAHP2005とIFORS2005におけるDEAならびにAHPの研究動向」
   篠原正明 (日本大学)

今後の予定
  12月10日(土) 忘年会
   1月28日(土) 学生大会

問合せ先:日本大学生産工学部数理情報工学科  篠原 正明
   Tel.047-474-2672   E-mail:m7sinoha@cit.nihon-u.ac.jp

 


6.会合案内

〔第251回新宿OR研究会〕

日  時: 9月20日(火) 12:00〜13:30
場  所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)
テーマ: 「明治の歴史家久米邦武と岩倉使節団」
講  師: 福川 知子氏 (久米美術館 研究員)
参加費: 3000円
問合せ先: 日本OR学会事務局

 


7. 研究助成案内

・平成18年度笹川科学研究助成

研究対象領域:
人文科学,社会科学および自然科学(医学を除く),またはそれらの境界領域の研究計画に関するもの

対象者:
平成18年4月1日現在35歳以下であり,次の条件を満たす者.ただし、大学院生、学芸員および図書館司書等の職員は、年齢制限はありません.
(1) 大学院修士課程,博士課程に在籍する者,
(2) 大学院生と同等以上の能力を有する者,
(3) 大学,研究機関,教育機関で研究活動に従事する者,
(4) 博物館(含む類似施設)および図書館において,研究活動に従事する学芸員・図書館司書等の職員.

助成金額: 1研究あたり100万円を限度(単年度のみ)

受付期間: 9月1日(木)〜10月14日(金)必着

問合せ先: (財)日本科学協会 笹川科学研究助成係
        〒107-0052港区赤坂1-2-2日本財団ビル5F
        Tel.03(6229)5365 Fax.03(6229)5369  E-mail:jss@silver.ocn.ne.jp

*詳しくは, http://www.jss.or.jp をご覧ください.

 

 


・平成17年度鹿島学術振興財団研究助成

趣旨:下記分野における国民生活の向上に寄与する研究に対する助成

対象分野:
(1) 都市・居住環境の整備:
 都市並びに居住環境の向上,災害・公害の防止,交通・輸送能力の向上
(2) 国土・資源の有効利用
 国土の有効利用と保全,海洋の利用と保全,水資源の確保と有効利用,エネルギー及び
 資源の有効利用,輸送,貯蔵,廃棄物の処理と再資源化
(3) 文化的遺産・自然環境の保全:
 文化的遺産の保全,自然環境の保全

対象研究者:上記分野での研究者または研究グループ

助成金額と期間:
(1) 総額3,500万円(1ヵ年).1件あたりの助成金は,継続期間の分も含めて合計300万円以内とする.
(2) 助成期間は原則として2ヵ年以内.

使途:研究に必要な設備備品費,消耗品費,謝金,旅費,印刷製本費等

推薦者:OR学会会長

*推薦締切は,11月18日(金)ですので,表彰委員会委員長宛に10月18日までにお送り下さい.
詳しい募集要項は学会事務局にありますので,お問合せ下さい.

 


・ICF(財)国際コミュニケーション基金 平成17年度助成・援助募集

対象分野:
(1) 調査研究―国際,国内の通信の普及・発展,グローバル化に関する調査,研究
(2) 国際会議開催―通信の普及・発展に寄与する国際会議
(3) 社会的・文化的諸活動―情報通信を通じて社会や教育等に貢献する各種の草の根活動

助成金額:1件あたり100万円〜300万円(対象分野による)

受付期間:10月3日(月)〜10月20日(金) 必着

問合せ先:〒163-8544 新宿区西新宿2-3-2 KDDIビル29階
     財団法人国際コミュニケーション基金
     Tel.03(3347)7094 Fax.03(3347)6439
     E-mail:info@icf.or.jp

*詳しくはhttp://www.icf.or.jpをご覧下さい.

 


8. 他学協会案内

 他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加下さい.

第7回日本感性工学会大会・総会(協賛)

主 催: 日本感性工学会

日 程: 9月8日(木)〜10日(土)

場 所: 青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25)

問合せ先: 第7回日本感性工学会事務局 富山、伊東
 〒229-8558 神奈川県相模原市淵野辺5-10-1
 青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科内
 Tel.042(759)6320

 

 


第55回システム制御情報講習会(協賛)

主 催: システム制御情報学会

日 程: 11月14日(月)〜15日(火)

場 所: 立命館大学大阪オフィス(大阪市中央区北浜3-1-18島ビル6F)

問合せ先: システム制御情報学会 講習会係
 〒606-8305 京都市左京区吉田河原町14 近畿地方発明センタービル内
 Tel.075(751)6413 Fax.075(751)6037
 E-mail:jigyou@iscie.or.jp
*詳しくはhttp://www.iscie.or.jp/koushu.htmlをご覧下さい.

 

 


・石油学会 経営情報部会講演会(協賛)

主 催: 石油学会

日 時: 11月15日(火) 10:00〜16:45

場 所: アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区九段北4-2-25)

問合せ先: 石油学会経営情報部会担当 金子
 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-14
 Tel.03(3221)7301 Fax.03(3221)8175
 E-mail:knkmsr@sekiyu-gakkai.or.jp

 


・日本信頼性学会 第18回秋季信頼性シンポジウム(協賛)

主 催: 日本信頼性学会

日 程: 11月18日(金)

場 所: (財)日本科学技術連盟 東高円寺ビル(東京都杉並区高円寺南1-2-1)

問合せ先: 日本信頼性学会 事務局
 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 (財)日本科学技術連盟 東高円寺ビル内
 Tel.03(5378)9853 Fax.03(5378)1227  E-mail:reaj@juse.or.jp

 


・情報セキュリティ学際シンポジウム (協賛)

主 催: 日本セキュリティ・マネジメント学会
      21世紀COEプログラム中央大学研究拠点
      情報セキュリティ大学院大学

日 程: 12月23日(金)〜25日(日)

場 所: 12月23日 情報セキュリティ大学院大学(神奈川・横浜市)
       24,25日 中央大学後楽園キャンパス(東京・文京区)

詳しくは http://www.jssm.net/をご覧下さい .

 


9. 公募案内          

・東京理科大学工学部第一部経営工学科

募集人数: 教授,または助教授または講師1名

専門分野: 統計学およびその関連分野

概  要: 次の(1)(2)の条件を満たす研究者を広く募集します.
(1) 確率・統計の基礎的な科目を担当できる方,
(2) 経営工学全般に強い関心があり,特に,人間・環境・組織に関するマネジメントの諸問題に計量的にアプローチできる方.

担当科目:統計工学,実験計画法,多変量解析,経営工学実験等(相談の上決定)

応募資格:
(1) 着任時において、博士の学位を有する方,
(2) 大学院での研究指導,教育も担当できる方,(3)原則として年齢45歳以下の方.

着任時期: 平成18年4月1日

提出書類:
(1) 履歴書(写真添付.E-mailアドレス記入)
(2) 研究業績リスト
(3) 主要論文別刷または著書計3編
(4) 研究,教育に対する抱負(A4版2ページ字以内)

応募締切: 10月28日(金)必着

問合せ先及び書類送付先:
 〒162-8601 新宿区神楽坂1-3
 東京理科大学工学部第一部経営工学科 学科主任 教授 山口俊和 
 Tel.03(5228)8351  E-mail: yama@ms.kagu.tus.ac.jp

*封筒に「工学部第一部経営工学科教員応募書類在中」と朱書きし,書留にて送付のこと.

 


文教大学情報学部情報システム学科

募集人数:助教授または講師1名

専門分野:データベース設計を含む情報システムの設計・開発

担当科目:システム設計 データベース(データモデリング)ゼミナール・卒業研究等

応募資格:(1)博士の学位を有しているか、またはこれに準ずると認められる者,(2)教育に対する見識と意欲を有する者,(3)採用時に満45歳以下である者

着任時期:平成18年4月1日

応募締切:10月31日(月)

書類送付先:
 〒253-8550 神奈川県茅ヶ崎市行谷 1100
 文教大学情報学部 学部長 竹田 仁 
 *封筒に「情報システム学科教員応募書類」と朱書きし,書留にて送付のこと.

問合せ先:
 文教大学情報学部 情報システム学科長 宮川裕之(担当科目等)
 文教大学湘南校舎 庶務課0467(54)3703(事務手続等)
 詳細はhttp://open.shonan.bunkyo.ac.jp/の左下の「教員公募情報」をご覧下さい.