入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
トップページへ戻ります

 

No.428  2007年 3月 OR学会だより  目次 
1 日本OR学会学生論文賞の論文募集
2 第57回シンポジウム
3 平成19年春季研究発表会
4 第19回企業事例交流会
5 平成19年秋季研究発表会
6 会合案内
7 助成案内
8 SSOR開催のご案内
9 公募案内

 


1日本OR学会学生論文賞の論文募集

OR学会の発展は,将来の優秀なOR研究者およびOR実務担当者の養成いかんにかかっています.その一助として,日本OR学会は,昭和58年度より,ORに対する学生の関心を高めかつ大学におけるOR関係学科間での情報交流にも役立てるため,学生会員の卒業論文修士論文の中から,毎年優秀なものを選び,「日本オペレーションズ・リサーチ学会学生論文賞」として表彰することを実施しております.
 つきましては,下記応募要領で広く学生会員から論文を募集することになりましたので,ふるってご応募ください.また,指導教官(教員)の方々にもぜひご勧誘くださいますようお願い申し上げます.

〔応募要領〕
1. 応募資格:2007年3月に学部を卒業,あるいは修士課程を修了する会員で,ひきつづき学生会員あるいは正会員である者.

2. 応募手続
(1)提出書類:@論文要約(A4判で3枚以内)2部,A学会員である指導教官(教員)の推薦状1部(推薦状は学学会のホームページhttp://www.orsj.or.jp/index.htmlからダウンロードしてご利用ください.)
(2)提 出 先:日本OR学会 表彰委員会(推薦状は密封の上,論文の要約2部に添付して郵便にて学会宛送付すること)
(3)応募締切:3月31日(必着)

3. 表 彰:受賞者には,OR学会研究発表会その他適当な機会に賞牌を授与するとともに,受賞論文の要約をOR誌に掲載して表彰する.

 

 


2.第57回シンポジウム

日 時: 3月27日(火) 13:00〜17:45

場 所: 鳥取大学 工学部(鳥取キャンパス)

実行委員長: 土肥 正(広島大学)

テーマ: 「信頼性−温故知新−」

プログラム:

13:00〜13:10 開会挨拶

13:10〜14:00 「位相型確率分布の標準化とパラメータ推定の実際」 岡村 寛之(広島大学)

14:00〜14:50 「信頼性理論におけるベイズ手法の応用」 早川 有(早稲田大学)

14:50〜15:40 「Consecutive-k システムとその周辺」 秋葉 知昭(山形県立産業技術短期大学校)

16:00〜16:50 「ネットワークのセキュリティ評価と新しい確率モデル」 豊泉 洋(早稲田大学)

16:50〜17:40 「安全・安心のための半導体設計・テスト技術」 福本 聡(首都大学東京)

17:40〜17:45 閉会挨拶

事前振込み参加費:正・賛助会員3,000円,学生会員1,000円,非会員4,000円
当日申込み参加費:正・賛助会員4,000円,学生会員1,000円,非会員5,000円
 (学生の方は,学生証提示で1,000円)

 *なお,会員特典として個人正会員(年会費納入済み)がシンポジウムに事前申込にて参加する場合は,春,秋開催のうち年1回に限り,シンポジウム参加費が無料となります.この特典を利用する場合は事前申込が必要です.

 *研究発表会にもご参加の場合は,2月号綴込みの振込用紙「特典利用」に○をつけて研究発表会参加費を、3月16日(金)までにお振込みください.

 *シンポジウムのみご参加の場合は下記OR学会事務局宛にFAXで記入済み振込用紙を送付,またはメールにて特典利用の旨をご連絡ください.

参加費関連問合せ先: OR学会事務局
 Fax.03(3815)3352   E-mail: jimukyoku@orsj.or.jp

シンポジウム関連問合せ先:E-mail:or2007symposium@rel.hiroshima-u.ac.jp 

*詳しくは,http://www.rel.hiroshima-u.ac.jp/or2007/symposium.htmlをご覧下さい.

 


3. 平成19年春季研究発表会

日 程: 3月28日(水)〜29日(木)

場 所: 鳥取大学 工学部(鳥取キャンパス)

実行委員長: 河合 一(鳥取大学)

特別テーマ: 「地方からのOR」

特別講演:(参加費無料)
*3月28日(水)
 藤井喜臣氏(鳥取県副知事)
 向殿政男氏(明治大学理工学部)

事前振込み参加費:正・賛助会員6,000円,学生会員2,000円,非会員8,000円
当日申込み参加費:正・賛助会員7,000円,学生会員2,000円,非会員10,000円
 (但し,学生の方は,学生証提示で2,000円)
登壇料:非会員のみ,参加費と別途2,000円/件
 (本学会の許可が必要)
*事前振込みは2月号に綴込みの振替用紙にて、3月16日(金)までにお振込ください.折り返し,メールまたはFAXにて入金確認をご連絡致します(当日の受付は五十音順).欠席の場合,参加費の返金はできません. アブストラクト集を送付いたします.

懇親会: 3月28日(水)
 会場:ホープスターとっとり(鳥取市永楽温泉町556)
 会費:事前振込4,000円,当日申込み5,000円

見学会: 3月30日(金)
 場所:
(1)鳥取大学乾燥地研究センター(鳥取市浜坂1390)
(2)君司酒造株式会社 (鳥取市秋里153-2)
 会費:2,000円

問合せ先:E-mail:or2007@sse.tottori-u.ac.jp

*詳しくはhttp://www.rel.hiroshima-u.ac.jp/or2007/をご覧下さい.

 

 


4.第19回企業事例交流会

趣 旨:OR学会企業事例交流会とは,企業のOR実務担当者にOR実施例(問題の発生からさまざまな苦労を経て解決に至る苦労話など)を新規研究の発表という形式ではなく、ORの適用事例という形式で発表していただき、学識者の方、他企業の方と意見交換をしていただく場です.

日 程: 3月28日(水)

場 所: 鳥取大学 工学部(鳥取キャンパス)

テーマ: ソフトウェアプロジェクトマネジメント

参加方法: 研究発表会のセッションの一部として行ないますので,研究発表会参加の手続きをして下さい.

プログラム:
(1)「QCD定量化分析によるプロジェクトマネジメントの向上」
 福島利彦*,春日君夫((株)日新システムズ),山田 茂(鳥取大学)

(2)「アジャイル開発環境におけるソフトウェア信頼性評価に関する一考察」
 藤原隆次*(富士通周辺機(株)),山田 茂(鳥取大学)

(3)「高品質ソフトウェアのためのソフトウェアプロセス監視」
 春日君夫*,福島利彦((株)日新システムズ),山田 茂(鳥取大学)

問合せ先: 鳥取大学 山田 茂  E-mail:yamada@sse.tottori-u.ac.jp

 


5.平成19年秋季研究発表会

日 程: 9月27日(木)〜9月28日(金)

場 所:政策研究大学院大学(六本木キャンパス)

特別テーマ「ORの新展開(仮題)」

実行委員長:大山達雄(政策研究大学院大学)


 


 


6.会合案内

〔第266回新宿OR研究会〕

日 時: 3月20日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマ: 「日独軍クレムリン総攻撃」

講 師: 加藤卓朗氏  (ダイヤ電機梶@代表取締役社長)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局  

 


〔第267回新宿OR研究会〕

日 時: 4月17日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマ: 「トンネルでアジアと欧州を結ぶ」

講 師: 末岡 徹氏 (大成建設梶@技術センター土木技術研究所所長)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 

 


7.助成案内

・ (財)大川情報通信基金 2007年度研究助成

対象分野: 情報・通信分野に関する調査・研究

助成金: 原則として1件あたり100万円

助成期間: 原則として1年間(2007年12月1日〜2008年11月30日)

研究分野: 基礎分野,通信・インターネット分野,コンピュータシステム分野,人工知能分野,バイオ分野,
        応用分野,人文・社会科学分野

応募締切: 3月30日(金)必着

申込書の入手方法: 財団のホームページからダウンロードするか,財団事務局までご請求ください.

問合せ先: 財団法人大川情報通信基金事務局  〒107-0062 港区青山3-3-3 リビエラ南青山ビルA館4F
       TEL.03(6438)4030 FAX.03(6438)4031

*詳しくは, http://www.okawa-foundation.or.jp をご参照ください.



・ (財) 財大川情報通信基金 2007年度大川賞・大川出版賞

大川賞対象者: 情報・通信分野における研究,技術開発および事業において顕著な社会的貢献をされた方
   (表彰内容:賞状ならびに副賞として金メダル,賞金1,000万円)

大川出版賞対象図書: 情報・通信分野に関して技術の発展ならびに社会的啓蒙に貢献のあった優れた図書で2004年1月1日以降に発刊されたもの
   (表彰内容:著者に対して賞状ならびに副賞として銀メダル,1件あたり賞金100万円)

推薦締切: 4月20日(金)となっていますので,応募される方は3月30日(金)までに事務局までご連絡ください.表彰委員会にて選考の上,推薦手続きをとります.

問合せ先: 上記に同じ

 

 


8.SSOR開催の案内

若手実務家・研究者・学生の有機的なつながりを創出する場を設けることにより,ORの普及拡大を図ることを目的とするセミナー(SSOR)を,OR学会50周年記念事業の一つとして,2泊3日の合宿形式により下記のとおり実施します.

日 程:8月29日(水)〜31日(金)

場 所:静岡県伊東温泉伊東ホテル聚楽(静岡県伊東市)

内 容:研究発表・ポスターセッション,人材交流イベント
*SSORの実行委員,そして,SSORに賛助いただけます方(企業)を募集しております.
問合せ先にご一報ください.

問合せ先:SSOR実行委員長 根本俊男(文教大学)
 〒253-8550 神奈川県茅ヶ崎市行谷1100
 Tel.0467(53)2111(代表),FAX.0467(54)3721
 E-mail: nemoto@shonan.bunkyo.ac.jp

 

 


9.公募案内

・岡山大学大学院自然科学研究科

募集人員:助教 1名

募集分野:産業創成工学専攻・知能機械システム学講座生産知能学教育研究分野(工学部システム工学科)

研究分野:経営工学,生産管理学等

勤務形態:常勤

応募資格:(1)博士の学位を有すること.または着任時取得見込みのこと.(2)心身共に健康な者.(3)システム工学実験,ロボット工学実験,機械システム実習,物理学実験等およびネットワークの管理を担当できる者.(4)教育・研究に意欲的な者.

着任時期:採用決定後できるだけ早い時期.

提出書類:(1)履歴書(様式3)(2)学会及び社会における活動(様式3-2)(3)研究業績概要書(様式4)(4)研究業績一覧表(様式5)(5)著書,別刷等(主要なもの10編以内)(6)大学学部以降の成績証明書(7)これまでの研究概要と着任後の抱負(1000字程度).

応募締切:平成19年3月30日(金)

書類提出,問合せ及び様式請求先:
 〒700-8530 岡山市津島中三丁目1番1号
 岡山大学大学院自然科学研究科・産業創成工学専攻・知能機械システム学講座(工学部システム工学科)学科長 則次 俊郎
 Tel/Fax.086(251)8061  E-mail: toshiro@sys.okayama-u.ac.jp

*郵送の場合は表に「知能機械システム学講座(生産知能学)応募書類在中」と朱書きし,書留で送付のこと
選考方法:書類審査.場合によっては面接を実施します.
*問合せは,上記担当者までできるだけE-mailでお願いします.
*講義科目はシラバスを参照してください.
 http://www.sys.okayama-u.ac.jp/syllabus/h18/ListH18.html