入会申込み お問合せ ENGLISH

会員 学会だより
学会だよりに戻る
トップページへ戻ります

 

No.442  2008年 5月 OR学会だより  目次 
1 第60回シンポジウム
2 平成20年秋季研究発表会
3 国際会議案内
4 第24回FMESシンポジウム
5 平成20年度研究部会・グループの新設・継続申請の審査について
6 新設研究部会紹介
7 研究部会・グループ開催案内
8 会合案内
9 他学協会案内


1第60回シンポジウム

日 程: 9月9日(火) 

場 所: 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟W103号室

テーマ: 「サプライチェーン・マネジメントのフロンティア」

実行委員長: 毛利峻治(北海道大学)

 


2平成20年秋季研究発表会

日 程: 9月10日(水)〜11日(木)

場 所: 札幌コンベンションセンター

特別テーマ: 「観光とOR」

実行委員長: 木村俊一(北海道大学)

発表申込受付期間:6月2日(月)〜7月2日(水)

*詳しくは、http://www.orsj.or.jp/nc2008f/index.html をご覧下さい.

 



3.国際会議案内

・AIWARM 2008
 3rd Asian International Workshop on Advanced Reliability Modeling(AIWARM 2008)が開催されますので,信頼性・保全性評価に関する研究論文を奮って投稿頂きますようご案内申し上げます.

日 程: 10月23日〜25日
 (論文投稿締切は5月1日)

場 所: 台中市(台湾)

内 容: 2004年広島,2006年釜山(韓国)に引き続き,第三回目のAIWARMが本年10月に開催されます.参加者数は毎回百名を超え,アジア地域だけでなく欧米からの参加者も年々増えています.アジア地域における若手研究者によって立ち上げられたユニークな国際会議であり,その知名度も近年かなり向上しています.2006年から本学会との協賛で開催しています.会議で採録された論文(英文)はプローシーディングス(出版社から販売予定)に掲載され,さらにIEEE Transactions on Reliability, Communications in Statisticsなど複数の国際学術雑誌における特集号への掲載も予定されています.信頼性・保全性評価の理論と応用に関する最新の研究成果を奮って投稿頂きますようご案内申し上げます.

*詳しくはhttp://aiwarm2008.iem.cyut.edu.tw/をご覧下さい.

問合せ先: 共同実行委員長 土肥 正(広島大学)
 E-mail: dohi@rel.hiroshima-u.ac.jp

 



4.第24回FMESシンポジウム
『安全・安心・リスクと企業経営』

日 時: 7月4日(金) 13:30〜17:30

場 所: 日本学術会議講堂(〒106-8555東京都港区六本木7-22-34)
     Tel.03(3403)6291(代表)
     (営団地下鉄千代田線「乃木坂」駅下車,青山霊園方面出口(出口5番)より徒歩1分)

プログラム:
13:30〜13:40 開会挨拶 
         高橋幸雄(日本学術会議 総合工学委員会委員,経営工学関連学会協議会 
         (FMES) 会長,東京工業大学 教授)

13:40〜14:30 講演1
「リスクの時代におけるリスク・マネジメントの質量の転換と動向について‐リスク・マネジメントの変容と展望‐」
 武井 勲(武井勲リスク・マネジメント研究所(TII))

14:30〜15:20 講演2
「リスクを織り込んだ計画のすすめ〜その適用と事例〜」
 澤田美樹子(鞄立東日本ソリューションズ)

15:35〜16:25 講演3
「企業価値の最大化を目指す最新のリスクマネジメントについて」
 野口和彦(且O菱総合研究所)

16:30〜17:20 全体討論 
 司会 向殿政男(日本学術会議連携会員,明治大学 教授)  

17:20〜17:30 閉会挨拶
 向殿政男(明治大学 教授) 

共 催: 日本学術会議総合工学委員会,経営情報学会,プロジェクトマネジメント学会,日本開発工学会,(社)日本経営工学会,日本信頼性学会,日本設備管理学会,研究・技術計画学会,(社)日本品質管理学会,(社)日本オペレーションズ・リサーチ学会(順不同)

資料代: 5,000円(学生1,000円)資料代は開催当日受付にてお支払いください.

定 員: 200名

申込方法: 本号綴込みの参加申込書に必要事項を記入の上、Fax, E-mailまたは郵送でお送り下さい。参加申込み受付後(6月27日(金)受付分迄)、参加票をE-mailまたはFaxにてお送りいたします。当日は参加票をご持参ください。

申込み先: 日本信頼性学会 事務局
       〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 財団法人日本科学技術連盟内
       Tel.03(5378)9853 Fax.03(5378)1227
       E-mail:reaj@juse.or.jp 

多数の方のご参加をお待ち申し上げております.

 



5.平成20年度研究部会・グループの新設・継続申請の審査について

(研究普及委員会)
 先に募集を行いました平成20年度研究部会・グループの新設および,継続に関しまして,今回も多数の申請書が提出されました.研究活動の公開性,実績等に照らして審査を行いました結果,以下の研究部会・研究グループを設定致しました.(☆印は新設)

*参加ご希望の方は,各部会・グループの主査または幹事までご連絡下さい.

平成20年度 常設研究部会


常設部会名 主   査 幹   事
1 待ち行列 高木 英明 (筑波大学)
029-853-5003 E-mail
加藤 憲一 (東京工業大学)
03-5734-3851 E-mail
2 数理計画(RAMP)
水野 真治 (東京工業大学)
03-5734-2816 E-mail
中田 和秀 (東京工業大学)
03-5734-2896 E-mail
3 統合オペレーション
山田 郁夫 
E-mail
中野 一夫 (轄\造計画研究所)
03-5342-1024 E-mail

4

評価のOR

森田 浩 (大阪大学)
06-6879-7870 E-mail
関谷 和之 (静岡大学) 
053-478-1213 E-mail
5
意思決定法 木下 栄蔵 (名城大学)
0574-69-0143 E-mail
大屋 隆生 (国士舘大学)
03-5481-3262 E-mail

平成20年度 研究部会



部 会 名 主   査 幹   事
1 ORと実践 成瀬 喜則 (富山商船高等専門学校) 0766-86-5256 E-mail 金子 宏之 (小松短期大学)
0761-44-3500 E-mail
2 計算と最適化 村松 正和 (電気通信大学)
042-443-5344 E-mail
森口 聡子 (上智大学)
03-3238-3400 E-mail
3 ゲーム理論と経済理工学 武藤 滋夫 (東京工業大学) 
03-5734-3622 E-mail
福田 恵美子 (防衛大学校)
046-841-3810 E-mail
4 コンピュテーション 加藤 直樹 (京都大学)
075-383-2939 E-mail
藤江 哲也 (兵庫県立大学)
078-794-5893 E-mail

5

不確実性環境下での意思決定の理論と応用 菊田 健作 (兵庫県立大学)
078-794-5829 E-mail
川勝 英史 (流通科学大学)
078-796-4843 E-mail
6
安全安心学 氏田 博士 
((財)エネルギー総合工学研究所)
03-3508-8891 E-mail
増田 浩通 (東京工業大学)
03-5734-2886 E-mail
7 SCM時代の製造マネジメント 伊呂原 隆 (上智大学)
03-3238-3403 E-mail
成松 克己 (鞄月ナ)
044-549-2408 E-mail

8

ソフトコンピューティングとOR 片桐 英樹 (広島大学)
082-424-7709 E-mail
柴田 淳子 (神戸学院大学)
078-974-5369 E-mail
9 ファイナンスと意思決定 木島 正明 (首都大学東京)
042-677-2330 E-mail
田中 敬一 (首都大学東京)
042-677-2318 E-mail
10 不確実環境下での柔軟構造最適化モデリング 岩村 覚三 (城西大学)
0492-71-7955 E-mail
安田 正實 (千葉大学)
043-290-3662 E-mail
11 未来のインフラストラクチャー

栗田 治 (慶應義塾大学)
045-566-1628 E-mail

高嶋 隆太 (東京大学)
03-5841-2960 E-mail


12
価値の創造とOR 奥原 浩之 (大阪大学)
06-6879-7877 E-mail
春名 亮 (金沢学院大学)
076-229-8732 E-mail

13
サプライチェーンストラテジー 高井 英造 (潟tレームワークス)
03-5297-3155 E-mail

草刈 君子 E-mail


14
食料・農業・環境とOR 南石 晃明 (九州大学)
092-642-2970 E-mail
佐藤 正衛 (農業・食品産業技術総合研究機構)
029-838-8975 E-mail

15
防衛と安全 宝崎 隆祐 (防衛大学校)       046-841-3810(3621) E-mail 小宮 享  (防衛大学校)     046-841-3810(3783) E-mail

16
マーケティング情報 生田目 崇 (専修大学)
044-911-1216 E-mail
朝日 弓未 (東京理科大学)
03-5228-8351 E-mail

17
若手によるOR横断研究 檀 寛成 (関西大学)
06-6368-0838 E-mail
林 俊介 (京都大学)         075-753-4758 E-mail

 

 



6.新設研究部会紹介

1. 〔価値の創造とOR〕
 様々な分野における創意や工夫による改善や失敗の事例を情報交換するとともに、その精髄の見極めに関心を払い、要因について議論する.さらに検討や幅広い分野への活用を模索することで、新たな価値の創造を目指す.

2. 〔サプライチェーンストラテジー〕
 サプライチェーンにおける経営戦略,実施戦略,戦略的ビジネスプロセス,グローバルSCM,OR手法の適用等について,事例と理論の両面から研究する.http://scs.blog.so-net.ne.jp/を参照.

3. 〔食料・農業・環境とOR〕
 食料・農業・環境に関する諸問題の解決に向けてOR研究者と、行政担当者、企業人、NPO関係者等の研究交流を図り当該分野の諸問題の認識を深め、問題解決に向けたORアプローチの有効性と課題を明らかにする.

4. 〔防衛と安全〕
 月に1回程度の頻度で政策研究大学院大学を主会場として研究会を開催している.近年問題となっている地域紛争やテロリズム,大規模災害等の防衛と安全に関する諸問題に対し,OR技法を開発適用し問題解決を目指す.

5. 〔マーケティング情報〕
 マーケティング分野における情報処理技術の利用とデータ分析技術の進展についての研究を目的とする.産学の専門家による講演会とデータ解析コンペティションと開催により参加者の交流を図る.

6. 〔若手によるOR横断研究〕
 本研究部会は,ORに関わる(自称)若手研究者による発表・交流・議論の場を提供することを目的としています.発表分野は限定せず,広い知見の獲得を目指します.本年度は年5回程度の開催を予定しています.

 



7.研究部会・グループ開催案内

〔待ち行列〕 ・第206回

日 時: 5月17日(土) 14:00〜16:30

場 所: 東京工業大学 西8号館(W)809号室

テーマと講師:

(1)「Zipf型頻度分布をもつボールとビンの確率モデルにおける寸法指標の極限分布」
 三好直人 (東京工業大学)

(2)「追い越しのないジャクソンネットワークにおける滞在時間分布の代数的導出」
 小沢利久 (駒澤大学)

問合せ先: 東京工業大学情報理工学研究科 加藤憲一
       Tel.03(5734)3851 E-mail: kkatou@is.titech.ac.jp


〔ORと実践〕 ・第11回

日 時: 5月24日(土) 14:30〜17:00

場 所: 石川県文教会館406会議室
     (〒920-0918 金沢市尾山町10−5)

テーマと講師:
(1)「就業者数からみた石川県の産業構造の変化−シフトシェア分析を用いて−」
金子宏之(小松短期大学)

(2)「知的財産制度の変化とビッグ・プッシュ」  内田秀昭(富山商船高等専門学校)

問合せ先: 金沢大学経済学部 前田 隆
       Tel.076(264)5409 Fax.076(264)5444
       E-mail: takashim@kenroku.kanazawa-u.ac.jp


〔若手によるOR横断研究〕 ・第2回

日 時: 5月24日(土) 15:30〜18:00

場 所: 京都大学 工学部8号館3階共同5講義室

テーマと講師(*は講演者):
(1)「An efficient Algorithm for Generating Labeled and Rooted Outerplanar Graphs」
*Jiexun Wang, 趙 亮, 永持 仁, 阿久津達也 (京都大学)

(2)「不確実性・不確定性が混在する状況下での様々な資産配分問題」
*蓮池 隆, 石井博昭 (大阪大学)

問合せ先: 関西大学 檀 寛成  E-mail: dan@iecs.kansai-u.ac.jp


〔防衛と安全〕 ・第3回

日 時: 5月29日(木) 17:00〜18:40

場 所: 政策研究大学院大学 研究会室4A

テーマと講師:
 「避難安全と渋滞の数理」 西成活裕(東京大学)

問合せ先: 防衛大学校 宝崎隆祐,小宮 享
 Tel.046(841)3810(内線:3621,3783)
 Fax.046(844)5911
 E-mail: hozaki@nda.ac.jp,komiya@nda.ac.jp

 



8.会合案内

〔第278回新宿OR研究会〕

日 時: 5月20日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「地図上の三次元距離を求める」  川中子敬至氏 (足利工業大学 システム情報学部)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局


〔第279回新宿OR研究会〕

日 時: 6月17日(火) 12:00〜13:30

場 所: 東天紅会議室(新宿センタービル53F)

テーマと講師:
「産業カウンセリングの必要性」  秋山幸子氏 (オフィス秋山 代表)

参加費: 3,000円

問合せ先: 日本OR学会事務局

 



9.他学協会案内

他学会等が主催する大会やシンポジウムで当学会が協賛しているものについては,原則として主催学会の会員と同じ費用で参加できますので,皆様奮ってご参加ください.

経営工学100年周期記念行事(協賛)

主 催: (社)日本経営工学会

日 時: 5月9日(金) 13:00〜19:20

場 所: 電気通信大学
 (東京都調布市調布ヶ丘1-5-1)

 


・2008年春季全国研究発表大会(協賛)

主 催: 経営情報学会

日 程: 6月7日(土)、8日(日)

場 所: 関東学院大学 金沢八景キャンパス
     (横浜市金沢区六浦東1-50-1)

*詳細はhttp://www.jasmin.jp/をご覧下さい.

問合せ先:経営情報学会事務局
 E-mail:jasmin-post@bunken.co.jp



生産システム部門研究発表講演会2008(協賛)

主 催: 鞄本機械学会

日 程: 7月4日(金)

場 所: 産業技術大学院大学 
     (品川区東大井1-10-40) 

*詳細はhttp://www.jsme.or.jp/msd/をご覧下さい.

問合せ先: 日本機械学会 生産システム部門 川島礼二郎
       E-mail:kawashima@jsme.or.jp



・スケジューリング・シンポジウム2008(協賛)

主 催: スケジューリング学会 

日 程: 9月19日(金)、20日(土)

場 所: 青山学院大学 青山キャンパス  ガウチャーメモリアルホールおよび総研ビル
     (渋谷区渋谷4-4-25) Tel.03(3409)8111

*詳細はhttp://www.geocities.jp/schedulingsymposium/をご覧下さい.

問合せ先: スケジューリング学会事務局
       E-mail:ss-jimukyoku@kke.co.jp


・第51回自動制御連合講演会(協賛)

主 催: 計測自動制御学会、システム制御情報学会、日本機械学会、化学工学会、
     精密工学会、日本航空宇宙学会
 
日 程: 11月22日(土)、23日(日)

場 所: 山形大学 工学部  (米沢市城南4-3-16)

問合せ先: 実行委員会
       E-mail: rengo2008@yz.yamagata-u.ac.jp